2018 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 06
五ツ星きらり
2018/05/20(Sun)

ここ最近の悪天候はどこへ!でも寒さはあんま変わらんな?!
今日はファイブスターだ~~!! でも持ってくのはまつり姫のトートバッグだったりします。みんなミリオンもよろしくな。
翔真さんイメージの蝶々のペンダントに輝のラバストつけてる。んで私自身はトリコロールのブレスレット、楽譜モチーフのペンダント、時計と歯車のペンダントと担当ユニットもりこんでます。後発組もよろしくな的な意味も込めて。

ではパーティパーティ!レッツゴー!大吾の誕生日パーティー!違うよ!
この記事のURL | りあるたいむ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
霧雨と水族館
2018/05/17(Thu)

本日は唐突にのとじま水族館に行って来ました ?( 'ω' )?
小説の取材と称して……単純に行きたかっただけです。沼津で海欲をあまり果たせなかったというのもあり…天気は悪いですけどね!

実に六年ぶりだったので変わったところもあり新しくなったところもあり、じっくり楽しめました。レジェのラバストも連れてったのでいろいろ撮りました。
天気いい日にまたきたーい!です!
この記事のURL | りあるたいむ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鳥とベッドでひるねして
2018/05/16(Wed)
花鳥園行ってきたよ記事たぶんラスト~ スイレンプール行ってからハシビロコウさんとこ行く前にオオハシとトキの水辺へ。ここはフラミンゴやクジャクが自由~に歩いています。フラミンゴが飼育員さんの結んだ髪にしょっちゅうちょっかいかけてきてて、懐いてるんかな…って微笑ましくなったw
クジャクさんがぶわーーーって羽根広げながら闊歩してたの面白すぎた。これって求愛行動のそれだよね…?
バッサーーー
とてもじゃま。

オニオオハシがちょうかわいい!ら~ぶり~。鳥籠では次郎ちゃんが乗せてたやつです。
くちばしでかいよ!
撫でたい…撫でたい…ってじーっと見てた。まあ餌課金してないからしょうがないけど

少し戻って見ものであるハシビロコウのわかばさん。じっ……と見てきます。微動だにしないのがすごいな…。
ハシビロコウさんが見てる
捕食するとこ見てみたい。

シロクジャクさんがエレガントでした。
シロクジャクさん

そして載せ忘れた、ペンギンさんたち。
ぺんぺんぺん
ペンギンも鳥。海と言う空を泳ぐ鳥。矛盾がすごい文章だけど真実。

ゆらゆら~。
ぺんぎんさんそよそよ

およぐのー? およぐのー。
泳ぐのー?
はあ…ずっとペンギン見てたかった…

HPでマップ見てるとペリカンの池の方とかは行けなかったけど、まあ時間がかなりギリギリだったのでいつかまた行った時に。この後は少し歩いてさわやか掛川インター店でぇす!
この記事のURL | 日常 | ▲ top
蓮のうえでこんにちは
2018/05/15(Tue)
花鳥園の記事まだ終わらない。一体いつになったらさわやかと楽器博物館と深海水族館に辿り着けるのか…私にもわからない…いいのですマイペースで。たまきはるに遅延はつきもの…

インコのスイレンプールは名前の通りインコだけじゃなくてスイレンがすごく美しく咲いていました。
蓮ですよ~
蓮は私の推し花ベスト5には入れてない……かもだけどすごく好きな花です。蓮見てるとなんか心が清らかになるというか、時間の流れがすごくゆっくり感じられるんですよねえ

親子蓮
種類とか名前とか覚えず、ただただ撮りまくる 語彙を失う

万緑一紅
綺麗。

白蓮
本当にきれいだなあ。神の造形物。いや仏か?

鋭いはなびら
写真貼ってくだけで文章がなくてすいません。

そんな私を見ているインコたち。いや見ていないかもだけど。逆光になってしまった。
見てるやで
イチャイチャシヤガッテー

今度はまだ載せてない他の鳥さんたちを…!載せます…!
この記事のURL | 日常 | ▲ top
インコモテ期
2018/05/10(Thu)
掛川花鳥園に行ってきたよ!の話の続きでございます。もう二週間も前の話んあるのか。時の流れははええのね… 今回は途中のペンギンさんたちのところをすっ飛ばしてインコのスイレンプールでインコに餌やってモテモテを感じた話を書くですよ。aikoも餌やって沢山腕や肩に乗せてたり、SideMでも鳥籠の輪舞曲でまいたるがいっぱい乗せてたりしたとこです。余談ですが見通す瞳はまいたるのカードで一番好きなやつです。

平日でオープンしたばっかっていう頃だったのであんまり人がいなかったんですね。リンゴのえさがカップに入って100円なので(aikoが持ってたのはもうちょっと高いやつで、写真映えがする。多分)あと半袖なので腕カバーして(一応日焼け止め腕カバーはしてたんだけど更に強化しようと思った)ってやったらめっちゃバァァアー!!!ってやってきてヒャッハーー!?!?! ってなっちゃいました。すごい。腕にも肩にも止まったし、頭にも止まったぞ。インコからのモテ期を感じる…!! しかし! 私が右で持ってたのがアダとなり、そのモテ期をスマホに収めることは出来なかった……同行者がいれば撮ってもらえたんだけどしがないぼっち旅なので…

もう一回課金(課金言うな)して、左手に持ち替えて、こいSNS映え!!しかしインコたちは初回で満足してしまったのか、あまり寄ってこない……あまりにも早すぎるモテ期の終了だった…
二匹でもぐもぐ
悲しむ私に来てくれた二羽。しかし顔は向けてくれない。

ついに一羽になってしまった。
しゃ~ねえなあ食べてやるよ
お腹がいっぱいなのか、食べる速度がゆっくり。

ここにまた一羽が止まって、イチャイチャしながら食べてました。あてつけか~?
いちゃいちゃ
イチャイチャシヤガッテー

あんまりやりすぎるとお腹がいっぱいになってしまうのでこの辺でやめました…その後はスイレンを楽しんだりして。あとはまた次回~
この記事のURL | 日常 | ▲ top
ふくろうとふくろうる
2018/05/06(Sun)
ゆっくり静岡の思い出をブログに移植していきたいと思います。遅延はいつものことだ。
最初の目的地はaikoも行った掛川花鳥園どぇす。勿論SideM的には鳥籠の輪舞曲のロケ地なのだけど、どっちかっていうとaikoが行った場所の意味合いが強かった。浜松への電車一本早いやつに乗れたので掛川着いたのも予定より少し早かった。掛川駅からゆっくり徒歩で行きました。10分くらいだったかな? 道のりはそんなに複雑じゃなく、トンネルくぐったりしてました。のどかですね。花鳥園からさわやか行く時も思ったんだけど長閑ですね(何)

入場してすぐそこはフクロウたちが…!! 昔からフクロウ好きなのですがこれといって詳しくはない私、早速テンションがあがる。スマホに結構写真撮ってあるのだけど、肝心の種類名をメモしていないという。なのでツイッタからわかる分を再録です。
アビシニアンワシミミズクさん
これはアビシニアンワシミミズクさん。フクロウは夜行性なので基本みんな寝てるんですよね(…) でしかもなかなかこっち側向いてくれないので、やった向いた!と思ってもすぐどっか別の方向むいちゃう。そんでフクロウってぐるっ!と首動かせるじゃないですか、あれもリアルタイムで見てめっちゃテンションあがりました。

もふっとしててキャワイイ、トルクメニアンワシミミズクのムサシさん。かわいい。ミミズクは耳みたいなぴょっ!と出てるとこがとにかくキャワイイです
もふっとしておる

カラフトフクロウさん。微動だにしませんでした。正面から見ると顔がなかなか。上の方にもう一羽いましたね。ズームで撮ったのでやや粗めです
横から目線

ふくろうさんたち基本こっちにケツを見せてるのでなかなかいい具合に撮れませんでした(…) あとフクロウのでかさに今更ながらビビッたりしてます。あとは名前&種類名を控えなかったけどスマホに撮ってたので載せます いっぱいという感じではなかった。
立派
長老…と言う感じ

じっじっ
じっ……

aikoが会報で腕に乗せた十三さんは花鳥園の中もう少し進んだところにいました~がおねんねしてたので無理に撮りませんでした。あれ最初見た時ミニチュアかなとか思ったけどふつーにめっちゃ生きてる子達でこんな!こんな近くで拝んでええんか!ってなりましたね 私も腕に乗せてみたかったけどあれはaikoだけ特別だったのかな…
花鳥園写真まだありますので続く! これ書いてる時にaikoアルバムの速報が届いたぞっ
この記事のURL | 日常 | ▲ top
昇天する準備は出来ている
2018/04/29(Sun)

金沢帰ってきましたーーっ 風と緑の音楽祭?だっけ?やってるので金沢駅ついてから演奏の音が聴こえてきてアルテパワーが高まりました!

天気もよくて気持ちよくて絶好の千秋楽日和です。
Sanctuary WorldとUndiscovered Worldで昇天する準備は出来ているのです!素晴らしいものになるってわかってる!死んでそして生き返ろう!
この記事のURL | りあるたいむ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いざゆかんエコパ
2018/04/28(Sat)

でもきつねが見てるのはスタジアムっていう(まちがえちゃったよー)

きょうはチームのリーダーの相方として来たわけですが、席がとんでもなくいい!のです! びっくりです! aikoでも最近ないぞっていうくらい前です

担当のステージ…心して見届けます!
この記事のURL | りあるたいむ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ