2017 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2017 03
ぼくらの流星群
2009/10/23(Fri)
ふらいぱんのりゅうーせーいぐーん。
どうもー。ついったで流れ星見たというPOSTが羨ましくて、昨日おとつい(おととい)とお外に出たんですけど、曇り空でどうにも見れませんでした。

ですが! ですが!ばんばん、さっき見にでかけました。
ピングーの毛布と、キツネの長い枕を準備。ええ、体は風呂上がりで髪はまだ少し濡れてます。寒いぞー、寒いぞー。でもこれでちゃんと星は見える!
しかしここんところ、宙のまにまにくらいしか天文(星?)充しておらず、あまり冬の夜空の星座位置、覚えてなかったり……ヒエー。
でもでも、牡牛座のすばるはもんやりとしてたけど綺麗だったし、おひつじ座もわりとくっきり見えたし、うちのふたご座だってきらきら。ちょっといろんな建物が出来て東の空が明るかったから残念でしたが、オリオンもかなり綺麗だった。星雲なんかすっごいキラキラしてたし。

まあ、星の報告はどうでもいいとして。
なんか視野を広くして見てみたはいいんだけど、どこもかしこもスイッスイッという「幻影」が見えるのでした。それはまぼろしよおー! ニセの流れ星よおー! 見たい時って気の所為でそういうもんばっかり見ちゃうよねえ。
しっかし、全然見えないなあ……01年のしし座流星群はすっごい見えたなあ、本当、両手に余るほどやったし…なんて思ってたりしました。懐かしいわあその頃……
んで、ぼうっとまたしばらく。

そうしてたら、ころっ、と歯が抜けるように流れた流れ星。

「あ、流れた」

なんかいろいろ願い事考えてました。aikoのこととか、自分の卒論や作品のこととか…まあ流れる間に願えるわけも無く。
夢十夜の第一夜に出てくる星の欠片はあんな感じでぽとっ、と落ちてくるんだろう、と思った。

11月はプラネタリウム行けるといいなあ。投映内容が面白そうなんだ。
部屋に帰ってきた今はちりとてちんの第四週を見てます。面白いしノマカプ充と落語充が出来る。しかも草々の名の由来が三国志ネタだったw なんという私ホイホイ。時間ないからちょっとずつしか見れないけど…ああ、ドラマ、はやく小公女見なきゃ。
この記事のURL | 星空・天文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
その御声ひそかに聞こえければ、大神岩戸を少し開き給ふ。国土また明白たり。
2009/07/23(Thu)
神達の御面白かりけり。

親指の爪のかたち
こんな時間までなにやってるの! でもこの日食の日記の賞味期限は今日までだと思うから、眠気を押し切って書いてやるんだ!

てなわけでりあたいにも書きましたがにっしょくしょくでした。あ、朔聴いてねえ。
前日は超天気悪くてあーあーと思ってたら、薄雲がフィルタの代わりになってくれて見れました。詳しくはりあたい「にっしょくなうだ!」を参照のこと。
家にいた母たちは、今はもう使えないような黒いごみ袋があったので、それを使って見ていたそうです。いいなー。

22日日が変わってからのやふー
にっしょくやふ
日食仕様。

ぐーぐる先生。
にっしょぐーぐるせんせい
やはり日食仕様。

それはさておき、NHKの生中継の動画があったので見ました。
すごい! ダイヤモンドリングきれえ! 
周りが夕焼けだ! 綺麗過ぎる! 星も見える!
コロナすげえ! いつも見えないけど隠れるから見えるんだ!
なに! プロミネンスだと! NHKすげえ!
……と国営放送の虜になっておりました。いや、実際NHKはすてきだと思うぜ。
特番もサイト更新作業しながら見てました。

友達の感想を見てると、地球も星なんだなあ、とか、自分達はこの星の上に立って生きてるんだなあとか、素晴らしい感想ばっかりなんですけど、私はですね、恥ずかしいことにそんなことこれっぽっちも考えてなくて。
ただこういうなかなかお目にかかれない、偶然によって齎されるものを、学校にいる人がたくさん外に出てきて、みんなでわーって空を見上げて、すごいねえ、とかうわあー、とか言い合ってて、写メとったりとかして、なんか普段話さないようなことで場が盛り上がって、みんなみんな何か幸せそう、この世はそういうことばっかりじゃないのにでもこの瞬間だけみんな幸せそうにして喜びを共有してる、そのことがなんだかすっげー嬉しかったんです。私は。偽善といえばそれまでかもしれんけどね。
私がお祭りごとや、イベントや、たとえばオリンピックやワールドカップやWBCなどの国際大会とかになんかうきうきしてしまうのは、この一体感が好きだからなのかな、とか思った。ちょっと思想的に右寄り? でも戦争はいやだ。そもそも天文に、国や所属は関係ないね。
国、といえば特番でインドの人達がガンジス川でお祈りしてたり沐浴してた。ヒンドゥーだっけ、こないだ書いたケイトゥーとラーフは。この話書くか。

私が動画のダイヤモンドリングにすごい感動してた時に思ったんだけど、面白い顔ってこんな顔なのかなと。感動してる顔。あとあはれとかも。語源的に言えば。語源って言っても、岩戸神話って皆既日食のことを書いてるわけじゃないんだけど(史料が残されていないからわからない)このあたりはtwitterに書いたか。
世阿弥が芸能に求めた「おもしろし」はただのコメディの笑いでは決してなく、何かに感動すること、あるいは感動して自然と微笑むことなのかも、と思うと、こないだ書いたテストの答案に自然とぴったりコネクトした感じ。うん。

それにしても、皆既状態の自然の静けさといったら。動画でしか見れなかったけど、不思議だった。なんか示し合わせたようにシン……としてるのが妙に怖い。
悪石島はせっかくの皆既帯だったのに残念でしたね。暴風雨の中あんな暗くなっちゃうんだから、これもまた怖いったらない。昼間雨が降っても明るいのは、ちゃんと雲の上に太陽があるからなんだなあ。太陽すてき。

なんと三年後には、珍しい、金環日食があるそうですね。
さすがに三年後にはこのブログはあとかたもなく消えていると思いますが、見れたらいいなー。
この記事のURL | 星空・天文 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
やっぱり残酷なまでに交うは月と太陽
2009/07/10(Fri)
天文ネタなので、星空カテゴリに投下。

太陽もこう 月かぐや
どっかで太陽がもこたん、月が輝夜という説を見たので(たしか元ネタwiki)日食は東方で表すとこんな感じかなあなんて思いました。
先日めちゃめちゃ久しぶりにプラネタリウムへ出かけました。毎年7月っていうと七夕の話が定番で正直飽きてるんですけど、今月は22日に日食があるで!というわけで日食のお話でした。いつもは話題に上らない太陽の話なので、ちょっと浮かれ気分。わたくしは天文好きを気取りつつも、詳しいのは星座関係ばっかりで(そしてそれも最近はあやうい)ほかのことはまったくのトンチンカンです。

皆既日食は、鹿児島~沖縄あたりのトカラ列島(トカラは、常用漢字外なのでカタカナで表記してありました)で観測されるそうな。んでその列島から離れれば離れるほど、欠ける割合は少なくなっていきます。
ですが石川でも条件が良ければ75%欠けるので、部分日食が拝めます。ところで金環日食ってのはなんなんだろう、と思ってググったら、日食の反対verなのね。金星が被るんかと思った…(ばか)
欠けるといえども相手は太陽なので、観測方法は必ず正しい方法で。うん、つまり日食グラスさ! 22日に間に合うように買ってこなきゃ! 安いのは300円くらいで買えるそうだ。今年は世界天文歴400年だし記念に買ってもいいんじゃないですかね?
肝心の日食時間は、石川では午前9時から12時。ピークは11時6分だそうです。いえいいえい。早起きするぞ!

投映を見ながら思い出したのはラーフとケイトゥー。
九曜のうちの二つなのですが、wikiによると「ヒンドゥー教の神話では、食が起こる月の昇交点がラーフ (Rahu) 、降交点がケートゥ (Ketu) という二人の魔神として擬人化され、この二神の働きによって食が起こると考えられた」だってよ。
高校3年生の頃に作ったキャラがいて、それがケイトゥーとラーフでした。「夢使い」からの影響なんですけどね。計都という人間の中にラーフという人格がいるという厨設定だったのですが、それは日食を見ることによってラーフが生じたという設定を、日食と関わりがあることを知らずに作っていました。なのでこのwikiを見てちょい驚いてます。
あとタイトルにもとったけどDirの朔ね。wikiにも「朔には必ず日食が」とあります(抜粋なので、新月の時に必ずしも起こるわけではないですよ。説明が長くなるので詳しくはググってwikiをご覧ください)
歌詞には「残酷なまでに交うは月と太陽」とあって、PV等を見ていなかった私はこの曲は日食の曲かなと初めて聴いた時は思いました。でも朔というタイトルをつけたのは薫さんらしいし、はじまりという意味らしいので、日食とは関係ないのかなー。どうなんだろうなー。ディルのみなさんは欧州ツアー中だから、見れないかな。

あとは最近読み終わった鏡花の「婦系図」かな・・・ラストシーンで日食起こってるんですよ、何故かw もう少し伏線を張れと言いたいw それからセラムンとかね。あとアトリエシリーズ。エリーと私の誕生日が日食の日だった。毎年同じ日に起こる日食というのも不思議だなあ。

そして木漏れ日が三日月型にもなるんだってよー! ああ晴れるといいなあ。
この記事のURL | 星空・天文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
貸し切りプラネタリウム
2008/10/16(Thu)
毎月一回はプラネタリウムに行きます。
本日はお天気も良くサイクリング日和だぜー。ついでに読書日和だね。秋だなあ。
しかし……まさかこんな事態になろうとはー!

なんと今日のプラネタリウムは私一人でしたwww
えええええありえんん! たしかに平日はすごく人少ない時あるけど! それでも独りとか初めて!
職員のMさん(かな?)が「特別にリクエストをどうぞ!」と言ってくださる。超チキンのワタシgkbrでしたよー

大体私が星を見に出るのは深夜2時くらいなんでその空を映してもらいました。
たくさんたくさん星団を教えていただきました。双眼鏡大活躍過ぎるな!さすがに全部は覚えてないけど……有名な星団以外にいっぱいあるんだなあ。
カノープスがあんなにひっくいとこの星だなんて知らなかった! Mさんは伊豆まで行ったのに見えなかったんだそうです。
あと春の星座が好きなので今は思いっきり黄道と化してるんですが出してもらっちゃったよ。昔は麦単体で、麦の穂座だったとは……よかった乙女でw 麦の穂だったらスピカくん涙目すぎるw
ガーネットスターがどこにあるか教えていただいたんですが……え……あんなとこ? っていうか見えねえええEEEEE! 有名な星なのになあ。

いつのまにやら時間は過ぎ……
こちらが無知なばっかりに、いろいろ教えていただいてもはかばかしい返事出せずにすみませんでした~…と、見ていらっしゃらないけれど謝ります。望遠鏡欲しい!
次に来る時は友達と来ようかな。ミスチルの星と音楽の夕べがあるんだよねー

じゃ今からちょっくら星見に行ってきます!
この記事のURL | 星空・天文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
みなみそら
2008/09/10(Wed)
昨日(月曜)行ったら思い切りプラネタリウム休館だったーあーはっは
でも気持ち良かった。今日もいい天気で超サイクリング日和でした。うーん秋晴れだあ。
曲はマクロスF。aiko聴けよ!

今月のプラネタリウムはなかなかお目にかかれない、南天星座の紹介でした。
私も星空オタクではありますが南天星座なんて北半球の日本じゃまずお目にかかれないのでそんなに知りません。南十字と、あとなんか明らかに神話的じゃないものばっかな星座がごっちゃだというイメージが圧倒的。空の様子がどういうのなのかも全然知りませんでした。

んで今回プラネタリウム内で、大体オーストラリア・メルボルンの空を見てみたんですが。うおお!北半球の星座がひっくりかえっちょる!見えにくいことこのうえねえー!
南十字は天の川の中にあって、そのあたりはケンタウルス座の一等星・二等星もあってすごいキラキラしてて綺麗でした。いいなあこの空。
全然見たことのない星の配置なんですが小マゼラン・大マゼラン星雲がぼや~と見えて、いいなあ星雲いいなあ!とテンションあがってしまった。

コンパス座や定規座や望遠鏡座など航海モノだったり、孔雀座や巨嘴鳥座やカメレオン座など珍しい動物系だったり、なんでまあこんなものばっかなのかというと、
南天が見える南半球は大航海時代になって初めて開拓されたところで、誰も手をつけていない新しい星空に、天文学者達はこぞって航海に関するものや、そこで見つけた珍しいものを星座にしたんだそうな。へー。
あ、今フト思ったけど、南半球のいろんな先住民も、それぞれの星座持ってたんだろうなと思うとちょっとロマンを感じた。中国で言う星宿みたいなね。

で、南天はこんな珍しい星座だけじゃなくて、太陽も南に高く上るんじゃなくて北に高く上るんだそうだ。すげー!これは本当びっくりだった。何から何まで北と反対なんですね。

南天いいねえ。蠅座とか彫刻室座とか彫刻具座とか全然ロマンチックのかけらもないものばっかだけどw12星座占いとかってあっちにあるのかなあ。
この記事のURL | 星空・天文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プラネタはじめ
2008/04/10(Thu)
金沢中央児童会館がいしかわ子ども交流センターにリニューアルー
8日、車校もバイトもなかった私はあんまりにもニートな一日になりそうだったので自転車飛ばしていってきました。

犀川のお花見がてら。
あまりにも日本的な桜
今ここで改めて見てみても、すげー綺麗にとれたな。
秒速五センチメートル
桜吹雪がきれいだったので。でも全然見えなくてあちゃー。
ちょっと見える白粒が花びらです。

春メン
中は結構、いやかなり様変わり。。。
もう俺がチビの頃走り回っていた(はず)の児童館のおもかげがほとんど無くて寂しい限り。
でもここでも、たくさんのチビっこがきんちょ達が思い出を築いてってくれるといいなあ。
またバイト募集があったらいくぞー
プラネタリウムは満員御礼でした。
久しぶりだったので、どこにどの星があるのか微妙にわかんなくなってたぜ
大学三年生になって段々モラトリアムも少なくなってきたけど、来月も行くぞよー。
この記事のURL | 星空・天文 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ほしぼしのこえ
2008/03/08(Sat)
星つむぎの歌星つむぎの歌
(2008/01/23)
平原綾香

商品詳細を見る

TSUTAYAでぐーぜん見つけた。
「星つむぎの歌」
いいタイトルだなあ。

歌詞カードにこう書いてあった。

「みんなで星を見上げ、その想いをつむいで共に歌をつくりましょう」
という呼びかけではじまった「星つむぎの歌」

だそうだ。
こちらが公式ページかな?
リレー小説ならぬリレー詩「連詩」で作っていったらしい。
詩は一般公募で、あとからまとめられた模様。

ああ、こういうプロジェクトは心が洗われるわあ
何もしなくても鳥肌もんの感動ですよ

歌詞読んでたらめちゃくちゃ鳥肌ktkr
平原さんの歌も素敵やし。
プラネテスな世界だわ……
プラネテス……DVD全巻欲しいよう
この記事のURL | 星空・天文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これは買えということですか
2008/01/31(Thu)
DEARS十二星座物語 Apollon SideDEARS十二星座物語 Apollon Side
(2008/01/19)
オムニバス、柿原徹也 他

商品詳細を見る


雑誌で見つけた。それぞれの星座が誕生星座の声優さんが、それにまつわる物語を朗読してくれるというCD。女子盤もアルヨー
星座好きだから気になった。

双子座(私)が櫻井とか
蠍座(aiko)が石田とか
牡牛座が鳥海とか
天秤座が杉田とか

こりゃたまきさん買ってもいいんじゃないのプログラム

でもサンプルきいたら別に買うほどでもないかなと思ってしまった。わくわくさせていただきましたー。
この記事のURL | 星空・天文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ