2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
村雨丸の箱と思えばいいんだ
2016/04/17(Sun)
REBOOT二巻が届いた!のはいいんですがまだ読んでなくて感想はまた後日。最近マンガは電子書籍でしか読めないようになってきてるみたいでアカンですね。REBOOTもKindle版があるのでそっちで読んでもいいのですが八犬伝はやっぱり実物でも持っていたいのでね。

ところで届いたのはいいんですがAmazonの梱包が何してくれとんじゃこのハコはー!?!?!ってくらい過剰梱包で来たので思わずブログに上げざるを得なかった。
細長い箱には村雨が入っていたのかも知れない
はい。でかい。細長い。これ普通キーボードとかを入れる箱なんですけどこれはちょっとないわーーーこんだけ過剰梱包されるなら書籍送料無料頑張らなくてもいいわーAmazon なんだかこれ村雨丸でも入ってたんじゃないかなって思うよ……そう思うことにするよ…

チラッと読んだ限りでは相当にシリアス度が上がっておりました。網乾と道節をここまで深められるとは……よしむら先生の気合の入りようが伺えますな。浜路が本当に死んじゃったみたいなのは辛いけど……これは雛衣も死亡ルートを免れないな…(´;ω;`) よしむら八犬伝の雛衣はめっちゃお気に入りのキャラデザ、勿論大角さんも。
次の巻では現八が出るみたいで楽しみ。よしむら現八は私の現八のモデルなので… 現八も少しシリアスかなー船虫とのラブも気になるズラ
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八犬伝はつまりノベライズなんだよ!(違
2016/04/04(Mon)
おひさしぶりですー 自分のための備忘録で八犬伝記事かきかき。ぺえじの方は長期休暇に入りつつあります、ごめんなさい。描きたいねたはあるっちゃあるけど、そもそも普通のお絵かきとかももう何ヶ月してないだろー たぶんちゃんと描いた絵ってaikoの誕生日絵くらい……ってことはもうすぐ半年くらい経つな。エイプリルフールは毎年やってたので何かしらやりたかったけど……ねたがないっ いや、描きたいものがエイプリルフールっぽかったちゃぽかったけどー。

里見☆八犬伝REBOOT 2 (バンブーコミックス)
よしむらなつき
竹書房 (2016-04-15)
売り上げランキング: 2,923

REBOOTの二巻でます! あ、もう来週ですね。ちょっと荘助これめっちゃかっこよくない…!? イケメン…! ところでAmazonの予約はクレカじゃないとダメなんですけどそうだ、ギフトカードという手段がある! ほかの予約商品もギフトでやろう……カードの引き落としがね、ちょっと重たかったからね……
シリアス路線の二巻楽しみ~ スマホになったから読めるっけ…? でもauじゃないとダメだったっけ。どっちやろ。電子書籍のマンガ好きだからスマホでも読みたいのだが。

そしてまだ画像はないんだけどっ!

南総里見八犬伝(1) 運命の仲間 (講談社青い鳥文庫)
時海 結以 亜沙美
講談社
売り上げランキング: 685,499

昨日ゆーかさんから教えてもらいました(いつもありがとうございます!) 青い鳥文庫の八犬伝!昔出たっきりで(持ってるし読んだことある)それ以降新しく出てなかったのでめっちゃくちゃ楽しみです。青い鳥文庫自体あんま読んでないし と思ったけど黒魔女さんがとおるってあれ青い鳥文庫やったっけ。著者の方はホームページ見る限りノベライズを多く執筆されてる方なのでこどもにも大人にもわかりやすい、いい翻案になるかなーと勝手に期待する。考えてみれば現代の多くの八犬伝ダイジェストってノベライズみたいなもんだね

あまぞんで八犬伝検索してたらこんなんみつけたど。

猫とニッポン人と8つの物語 猫の手も借りました
北見 明子
主婦の友社
売り上げランキング: 19,740

また八犬伝でニャンコか? ここに馬琴さまの話が入っておりますな。漱石の話も入ってるし、表紙もそうだけど総ちゃん(沖田総司)の話もある。三成の話に清少納言の話も。うん、普通に面白そう。ポチるかなー とか書いてるうちにポチってた。わはは
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
牡丹の休眠
2016/01/30(Sat)
スーパー歌舞伎八犬伝が放送ですと(ガタッ しかし衛星劇場は有料チャンネルなので映らない…このために契約してもうちのケーブルTV受信機とHDD古いので録画方法が実にアナログ。でも一応ゆーかさんに報告してみたら映像いただけることになりましたヽ(;▽;)ノ ありがとうございます…! しかし積みDVDがほんとにどんどんたまってきます。。。何枚見てないのあるだろ……

こないだタイガー&ドラゴンの文庫本下巻読んでたんですが(ノベライズではなく脚本集)クドカンがつくった新作落語の「龍の玉」ってのが収録されてて、ちょっとしたことなんですけど八犬伝ネタがあってクスッとなった。どんなものかっていうと金玉が三つの男が主人公で(ジョジョリオンかな?)この一つ余計な金玉を持った男が八人集まると何かすごいことが起きるんじゃ、と話してたってだけなんですけどねw

さて。ぺえじなんですが年明けたらねた絵かくぞーって言ってたわりに描いてない…… 心が八犬伝にあまり向かってないので、いっそきちんと「休みます」と看板置いて休業した方がいいかな。と思い今日ぺえじのトップに軽く案内を出しました。別に閉めるわけではないのでご安心ください。何にもしてないのに拍手とかいただいてほんと嬉しいです、ありがとうございます。それではおやすみなさい。
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年末だよ、八犬伝 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき】
2015/12/30(Wed)
年末だーーー! 今日は一日大掃除です。というか29日深夜からね。掃除し始めると止まらない!眠くならない(そら動くからそうでしょうよ) PCのバックアップもとって、物理的にPC内部の掃除もしたり(ホコリってどうやったらもっと効率よく取れるだろうか)いろいろやってたんですけど途中力尽きて寝てました…ああせっかく八犬伝ぺえじもちょっと更新しようと思ってたらこんな時間だよボス。荘助に全部掃除とかやってもらいたいなあ… つうことでほんのちょっとですけど更新しました。
八匹の犬より愛をこめて(「たまくしげ」に飛びます)

・ろぐ50 upしました
ろぐかよ!っていう。本当は「そっくりなまくび展覧会」を描きたかったんですけど……年末の鬼進行のため時間が取れずムリでした。まあ年末に載せるねたでもないよね。しょうもないねたですからね いやしょうもないものばっかりですけど しかもろぐとはいえ2015年のものはほとんどなくて2014年のものばっかりという…すいませんお茶を濁しました 来年になったらそっくり~描きたいなー。また枚数多いんですけど そして軽くホラー

今年は振り返ってみると歌舞伎とか舞台とかそこそこ八犬伝充出来てたと思う。何より念願だった館山いけたもんねー、今度は富山を登山したいけど万年運動不足おばちゃんな私が果たして山など登れるのだろうか… 山登んなくても他にも行ってみたいなーてとこあったし、何よりお饅頭リベンジしたいのでやはりまた行きたいぞ。まあ来年行くわけじゃないけど… ということで来年もたまくしげと八犬伝ぺえじをよろしくお願いします。更新速度はもっと減ると思いますが、ぺえじ消したりはしないつもりですので。明けたら猿コスプレの毛野ちゃん描きたい。
追伸:S.mさんすいませんメールを送りたいのですが下手したら大晦日に送ることになりそうです…体力のない私をおゆるしください…
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安定感ある11月20日(謎
2015/11/20(Fri)
ひさびさびさびさの八犬伝記事ですが今週はホンッッットにつかれたので、せっかく小文吾の誕生日なのにこんな落書きしか描けなかった… 最近好きな、ツイートを貼って楽していくスタイル。
キャプションにある通り小文吾=肉のイメージから(すごい失礼)今までガッツリたんぱく質のある動物性肉でしかお祝いしてこなかったのですが、今年はヘルシーに魚です。艦これで秋刀魚漁イベントがあったのですが(サラッと書いてるけど謎すぎるイベント)たま鎮で水揚げされた秋刀魚のあまりは多分那古城に行ったんじゃないかな… ああ、館山でいくならくじらでもよかったかも。ところで今回の記事のタイトルですけど何か11月20日って安定感ある日付だなーと思うんですよ、完全に個人の印象だよそれぇ! 犬士のお兄ちゃんズは大体20日前後の生まれだね。

サト8新刊せっかく発売されてヒクテとヒトヨめっちゃ可愛い~~~ってなってるのにぜんっぜん読めてない……疲れてると読書出来ないという現象ねこれ。でもダイカがまだ開始まもないのにまんべんなく全開で可愛いからホント……ホントダイカ可愛い……二次作品でめっちゃ好きな大角さんやわマジ……
あ、あと西村京太郎の八犬伝のやつですが、想像を絶する悪文だったので読書中絶しました……読点(、)多すぎてほんっっっとに読みづらかった……読書途中でやめるのなんてこれもほんっとに滅多にないんですけど、どんなにつまんなくても最後まで読むんですけど、もう……耐えられない。このミステリ作家が売れてることが一番のミステリだよ。みんなよく読めるなあんな文章……
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八犬伝を発見でん 【八犬伝ざっき】
2015/10/29(Thu)
伏姫屋敷のゆーかさんから教えて頂いたのですがBS-TBSで明日の30日(金)22時~からTHE歴史列伝「南総里見八犬伝・滝澤馬琴」っていう放送があるんだそうです。おいおい沢を澤にするくらいなら「曲亭」ってしろやボケェと思わんでもないですね。ていうかはっきり言って思います。一時間番組ね。録画録画。久々に見ながらお絵かきすっぺ(去年のTV放送でもそうしてたな

ざっきーなので短いですけど。そういえば貼り忘れてたんですが10月2日にABE-GIGっていうラジオドラマ「あ、安倍礼司」の十周年記念イベントに武道館までいってきたんですけど そうです一応八犬伝ネタもあるラジオドラマです、南総サトミちゃん。サトミちゃんが飯野くんのプロポーズを受けて、ということは南総は外れるので八犬伝ネタも失われるようなもんなんですけど、十年後の未来でサトミちゃん八人男子の母になってるって設定だったので完っ全に八犬伝じゃねーかwww って思いましたw サトミちゃん伏姫だったのか… これいつか書きたそう、ぺえじに
じゃなくて。で武道館の九段下って飯田橋に近いでしょ? ごめん書きながらなんなんですけど地理まったく頭に入ってない。靖国神社行く前にぷらぷら歩いてたら飯田橋は馬琴が住んでたっていう案内を京極夏彦が。書いてた。
イーダバシー
読めないけど。全然前知識入れてきてなかったのでそうか!あの馬琴のすずり洗った井戸とかもこの辺にあるのか!って思った。のもあるんですがこの文章の書きっぷりが多くの人の目にとまる案内プレートだっていうのにバリバリ京極先生だったのでブレてねえなあ…!ってなんか感動しましたw そら京極夏彦に頼むんだからそういう味を出せってことなんだよなw 鏡花にもこういうの書いてくれないかなー先生

んでね!鏡花って言えばね!これ!
鏡花の箱
なんだと思います? これね! 鏡花愛蔵の仮名読八犬伝が入ってた箱!!!! いま鏡花館でやってる特別展示で展示されてる一品なんですけど、今まで「鏡花って絶対八犬伝読んでると思うんだけど、コレッていう確証に辿りつかないなあ。でも江戸の草双紙読んでるなら絶対、ぜーったい馬琴には触れると思うんだけど……ウーン」ってそれこそ鏡花を研究してた大学生の頃からずっと思ってて、でもはっきりとした資料に行きあたらなかったので確実には思えなかったの。それが!ですよ!あなた大学出てウン年目にやっとー! やっと! 繋がった!(キュッと架空のネクタイを締める
それで先日の日曜日に見に行ってきましたこのハコを! 結構でかいんですよーデスクトップのパソコン二つ分くらいあったかな。そんでその箱の下に仮名読八犬伝と犬草子が飾られてありました。どれも状態よくてサイコー! 芳流閣の信乃&現八の絵、円塚山の荘助&道節の絵、犬草子は荘助が同じ珠を持ってると素性を語るくだりが開かれてありました。どうもお母さんから譲られたものらしく(ちょっとうろ覚えですが)なるほど鏡花が大事にするのもうなずける。鏡花の描く女性は浜路というよりは雛衣っぽさがあると思う、あるいは伏姫っぽさ したたかな女性も多いのでそこらへんは船虫っぽいかも。絶対鏡花の女性は何パーセントくらいの小さい要素であるとは思いますが、何かしら八犬伝からの影響があると思うんだよね~~ 鏡花絶対雛衣のことすきでしょ~~! そもそも庚申山から雛衣絶命までのくだりがすごく鏡花っぽいと思うんだよねー。

ということでそんなちっこいねたざっき。でした。
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
HACHIをよろしく 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき】
2015/10/20(Tue)
日が変わって現八の誕生日! 十月二十日は気だてのいい兄貴の現八の誕生日! ということでやっぱりささやかなんですけど昨日じゃなくて今日更新しよ。つうことで更新しました。
八匹の犬より愛をこめて(「たまくしげ」に飛びます)

・関連作品紹介「八犬伝をおいかけて」更新しました
先日見てきた舞台と里見☆八犬伝REBOOTを追加しました。REBOOTの方はついったの方に感想やら想いやらを連投したのですが、シリアス展開正直うれしい! 削られたギャグの方は同人誌かPixivで……同人誌だったら買いますわたし。グッズ関係は買わなかったくせに。四月に連載スタートして十月にコミックスだから半年間隔かなあ。次は四月か。サト8と同じで刊行が楽しみな八犬伝が増えました。現八と船虫の絡みはよ見たいなあ あと雛衣はぜひとも旧作と同じように生き残らせていただきたい……ほんとこの作品の雛衣したたかで大好きなんや……

ここんとこaikoの誕生日も近付いてますので(小文吾誕生日の二日後だよ)書き物がありますんで、八犬伝ぺえじちょっとおやすみになりそうです。まあ別に言わなくても最近はいつもこんな感じだよね… aikoと創作がちょっと落ち着いたらまたゆっくりねたでも描くでしょうたぶん。ただ情報のアンテナだけは立てておかないとなー。特に舞台関係は見逃しがち……というかみんなどっから情報とってくるんだ。ということでよろしくです、各方位(誰に向けて言ってるんだ)

あっ、このブログの八犬伝カテゴリ300個目突入でした!まじか!別に何もお祝いしないのだけどさっきついったにはっつけた現八を貼っておきます。
よろしく勇気!
スキャンするの大変めんどくさ子なのでケータイでちょっと大きいサイズで撮りました正直原寸で見るものではない。よろしく勇気は単に中の人ネタなだけなんだけど今年の現八誕には(無意味に)言わせたかったので満足。それにしてもほんっっっとーーーにずっと絵を描いてないので現八の髪のフワッと感が出せず、初期デザインに近くなったのでした。ぺえじのろぐとかにもありますけど昔は今ほど髪がボリューミーではなくてもっとシュッとしたショートヘアだった。確かめたら、髪結んでた……そうだったのね…
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芳流閣と恋と化け猫 【文芸シリーズ八犬伝ぷち感想】
2015/10/18(Sun)
昨日は館山で南総里見まつりでしたが羨ましくなんか……羨ましくなんかないよ……わたしは藤間勘十郎文芸シリーズ其の弐「南総里見八犬伝」を見てきました。りあたいぶろぐ実はちゃんと投稿出来てなかったという……あとで細工してさもその時間に投稿出来たようにしました。
あおじろ
今日が最終日なんですよね。うっかりしていた。なんかもっと続くと思ってたので。

思った以上に小さな会場でたしかに芝居小屋と言った趣。前の方は桟敷席で椅子に座るのではなく茣蓙の上に座る感じでした。最初に口上があって、なんというかカーテンコールが最初にあるような、太鼓で舞台開幕を告げてるのもあって落語家のマクラのような感じ。こんな舞台になりますと前もってお話してくれるのはあんまり無いのでなんか新鮮でした。演者の皆さんもよく歌舞伎のような、と言っていたしパンフレットでも芳流閣と庚申山の化け猫退治について抜き出して書いてあるから、そこポイントにしてやるのねと。無理に通しでやられて微妙な出来になるのもあれだしこうやって要所要所で魅せるのがいいのかもしれんですね、八犬伝は。
信乃役が元宝塚の帆風成海さんで名前は拝見したことがあるかも……すごくお綺麗でしたっ 宝塚で八犬伝ずっと待ってるんだけどこないなー信乃が女であるとかなじゃなくて男役をやってた女性が信乃を演じるってすごくしっくりくると思うのです。毛野もしかり。いや、毛野は歌舞伎の女形の方がやるといい感じかな。

玉梓の処刑シーンからスタートするんだけど煩悩の犬となさんって名文句は何故かなかった。そも今回、犬というよりは今回猫と言った感じでしょうかね。チラシでもひときわ目立つHADOさん演じる玉梓の愛猫がやっぱり印象的なので。第一幕は一番の見せ場である芳流閣、語り部がナレーションするその文章がどうも原典からの引用っぽくてやっぱ声に出してナンボよねーなんて思った。テンポいいんですよね。それは音楽にも言えて、スパニッシュって言えばいいのかなーフラメンコみたいな音楽だったので芳流閣、和モノなのになんだこのオリエンタルな感じは……オシャレだー!ってかなり面白く拝見させていただきました。舞・踊りも勿論そうでパントマイムで芳流閣へ登っていくのとかもユニーク。VS現八の動きも面白かった。語り部もよく動いてて可愛かったです。

休憩挟んで中幕は角太郎と雛衣の恋模様を描いた(書いてるだけで嬉しすぎるんですがそれは)恋模様伯舞迷宮 この「伯舞」にサンバって振り仮名がついててさ、サンバ??ってなるけどなるほどサンバな音楽に合わせて中心に角太郎と雛衣、周りを八犬士(でよかったかな? 化け猫の手下か?)たちが踊るといった感じ。いやー八犬伝の恋愛というと信乃と浜路一択に近く最近の二次作品では雛衣の存在がなきものにされるのも多いだけあって(絶対に許さないよ)犬村夫婦大好きな私にはホントにいいもの見せてもらいました…ヽ(;▽;)ノ 角太郎の身に覚えがないのに雛が身ごもった→角太郎雛の不通を疑うって筋書きなのですがバーローおみゃーサンバがおせっくすの暗喩ってのはわたしゃわかってんだぞ(゚Д゚)ゴルァ!!ってなったくらい私は過激な角雛クラスタなのですよ…(ぬけぬけと書くなよ 「雛衣と恋仲になり」「婿として迎えられた」ってあらすじがいいじゃないですか、最初から婿養子で入ったってわけじゃなくてちゃんと恋愛が先にあるのが…

そして庚申山化け猫退治編へ。ここ現八じゃなくて信乃になってる。パンフのあらすじ見ると矢を射たのは現八らしく探したのは信乃らしい。ちゃんと髑髏をもらう筋書きを再現してたのがよいよい。雛衣口説き切なかったし、それには返事しないのに一角が病気だってきいた時には返事した角太郎にチクソーとなるのはもはやお約束であーくそ角太郎め(口悪い 冷めた目しか送れない私であった…
角太郎を不在にさせてその隙に雛衣を狙うっていうのは、その場に居合わせたら父に逆らえずに結果的に雛を見殺しにしてしまう角太郎の責任・好感度の下落を回避できるんですよね。角雛の和解というエピは見送ることになるけど。ここも台詞少なめで踊りやパントマイムや動きで表現してる。木琴の音とか可愛かった。しかし雛衣が嬲られて殺されるように見えて始終つらかったです… 死体をそんなに動かさないでー!

最後は八人そろって玉梓&玉梓の愛猫を珠でいじめるような形(誤解をまねくのではw)で追い詰めて倒すのだけど倒す・戦う・ころすというよりは玉梓が成仏した感じだったのでホッとしました 伏姫が設定だけあって出てこないから玉梓出番多め・第二幕は実質雛衣中心と言ってもよい といった舞台だったので大変わたし好みにカスタマイズされた作品でした…今回は歌舞伎の一幕みたく場面場面をよりすぐって、舞や立ち回りをメインに上演されたけど筋を追う舞台としても見てみたかったなー。八犬伝ちゃんと知ってる人だったら(わたしみたいなガチレベルでも教養としてのレベルでも)楽しめただろうけど知らない人はこれをきっかけに原典なり抄訳なり読んでもらえると嬉しいですね(毎回そればっかだな) あ、そうそう角太郎役の山本さんがたいへんわたし好みの殿方と申しますか私好みの大角でしたので大変嬉しゅうございました。角雛ありがとう…! また雛衣出る舞台見たいわー 絶対デッドエンドだけど…
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ