わくわくサーフアンドスノー
2016/02/10(Wed)
ツイートを貼って積極的にラクしていくスタイル。由実さんて何か新鮮。毎年恒例ユーミンの苗場SURF & SNOWの配信が今日です!艦これ冬イベ開始の日とどどんと被りましたがメンテも21時までだしいいや…! 今年はお母さんが奮発して全コース買ったので(プレゼント目当て)多分三回見れるんだと思います。取り急ぎベストを聴いて予習してるけどアルバム曲も予習したい…ううっ無理曲多すぎ…

そろそろまた生で見に行きたいなあ……貯金して、どーんとお母さんを奢ってあげたい。とはいえ、はくたかがなくなったので越後湯沢まで行くのがメンドウになってしまったけれど…
この記事のURL | ユーミン関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
苦しみさえも美しく 眩く照らすこの愛を ~ POP CLASSICO 【松任谷由実コンサートツアー2013-2014・12/27 石川本多の森ホール】
2013/12/29(Sun)
ちょーっと遅れましたが、ユーミンライブレポっ。27日仕事納めからのーユーミンライブでしたっ いつも思うことですが、さすがに年齢層高いっ… 入場列が外に出てたのでちょと寒かったです。すぐに中入ったけど。

ポプクラぽっぷ
会場入ってグッズ売り場向かいにポプクラのポップー写真撮影してる人多かったです。

毎回出てるはずなんですが今回セトリ表がなかったのでライブ後軽くパニックでしたw ネットで情報拾いました… なんか抜けてたらすみません。それではちょっと簡単にですがレポですです。今回の席はI列の真ん中ブロック上手側はじっこでした。わりと前の方。母さんはチケ運いいのですよ… しかし、メガネを家に忘れてたので視界がややボヤけていたのがちょっと残念でした。ばたばたしてたからなあー
そういえばこの日は三時頃に雪が降りまして、丁度いい時にユーミンきたなぁ、って思ってました。

この記事のURL | ユーミン関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポップでクラシックス 【ユーミンにゅうアルバム】
2013/12/03(Tue)
写真は映り、相変わらずわるいけどー。
ホログラキラキラ
タワレコだからコースター特典。もったいなくて使えないけど。
とゆことでユーミンのにゅーあるばーむ! POP CLASSICO買いました。諸事情により発売から一週間後くらいにでしたけど。てか、発売日にツアー初日だったんですよねw フラゲ出来るとはいえ急過ぎるようなw 金沢は年内最後の今月二十七日。私も仕事納めかな……そのまま職場から会場に向かう予定です。今回前から六列目くらい! お母さんばっかりチケ運良くていいな…(´・▽・`)

このあいだまで浩子さんマラソンでしたが今度はユーミンマラソンです。最新を聞いたら古い方、と言う感じでいってます。ポプクラからひこうき雲、Road showからMISSLIM、そしてもう一度夢見るだろうからコバルトアワー、って感じで今は十四番目の月を聴き終わりましたので、次はViva!6x7。このアルバムのツアーが初めて行ったユーミンのライブ。だから思い入れのあるアルバムですね。
思い入れがあると言えば「雪月花」が好きなのですが、この曲はオリジナルアルバムに……って書こうとしたらあーっ!! ウィングスオブウィンターに入ってるし! ばかか私は……失念しました。ミニアルバム、ですけどね。またこれくらいのミニアルバム作って欲しいなー。
それにしても、ポプクラからひこうき雲に行っても、全然ひこうき雲の楽曲が古くないのが驚きですね……古さは、あるにはあるけど品のある古さ、そう。古典。クラシックですよ。逆に新鮮にきこえる。ちなみにひこうき雲で好きなのは「雨の街を」がダントツですね。正隆さんがピアノにダリアを置いたというエピソードが好きです。
あ。肝心のポプクラの好きな曲書いてなかった…… まだ通しではそんなに聴いてないのですが、SONGSでシャンソン初聴きしたときは泣きましたね……震えました

それにしても、泣いたと言えば……タワレコのNo music,No lifeのユーミンポスターすごい感動してしまった…( ; ;)

私は確かにこの時代を生きた

 いつの日か、見知らぬ場所で、私を知らない人たちがわたしの歌をうたっている光景をみてみたい。
 たとえそれが遥かな空の上からだとしても。
 そのとき初めて感じることができるかも知れない。
 私がある時代を懸命に生きたことを。
 そして、私の音楽が誰かの人生とともにあったのだということを。

うーん…ツイログから引っ張ってきただけでも泣きそう。和歌と同じですよね。ユーミンは有名だから読み人知らずにはならないだろうけど… 私たちが読む和歌のようにJ-POPがそうなっていけばいいなあ……
この記事のURL | ユーミン関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こういうクリアファイルは好きっ
2013/01/07(Mon)
ユーミンのプロコルハイムとのツアーのツアーグッズのクリアファイル、40周年だから今までのアルバムのジャケをモザイク模様、とゆかタイルかな? みたくして並べてY40で切りぬいてるデザインのやつがあったからユーミン40周年のNHK番組再放送見てる時にノリでポチッちゃってたよお そしてこれだけじゃナンだから母に遅めのクリスマスプレゼントみたいな感じでハンドタオルもポチッていたのでありやーす
クリアファイルは当然二部
クリアファイルは二部買うものになってしまった。aikoのLLP13か14のクリアファイル二部買わなかったのが未だに心残りであんまり思い切ってつかえてない
これは清盛最終回の再放送見てる時に届いたから年明ける前の写真ですねえ

1月2日はユーミン×帝劇のWOWOW放送みたよん。本家だから父とみたくなかったのですがわうわう入るの本家だけだししょうがない。案の定気がそぞろになってあんまり集中出来なかった… 曲もわかんないのがいくつかあったので貧弱ユーミンクラスタとは私のことだ。でもクライマックス、夢で最後に別れてしまう、半ば強制的に別れてしまうところでANNIVERSARY歌ったのにはないてしまった……貫地谷さんの声がすっごい悲痛なのにさ、歌は優しくて… 歌詞がすごい沁みた。一人残されても、あなたを信じてる、って。最後に幸せになるためにも反則すぎてこれにも本当泣いたわ…(´;ω;`) 選曲神過ぎる……
2月のY-MODE多分1コースだけ買うけどスケジュール的にaikoはツアーだし今回aikoのサプライズゲストはなさそうかな~前回は最終日に来たからね…ああ最終日のやつ買っておけばaikoとユーミンのわき役でいいからが… と今でも心残りだったり。aikoの部分当然配信されてたと思うけど…だってミッツさんのやつとかあったし。

マイLast.fmが二位から三位に転落してもユーミンはやっぱり年中好きなのでちゃんと聴いていきたいです。ベストだってまだ沢山聴けてないし。
この記事のURL | ユーミン関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本の恋には、ユーミンがいるじゃないか
2012/09/25(Tue)
40周年ベスト出るのはついったーで知ったーほんで先日のスポーツ新聞である。
ニッポンの恋には、ユーミンがいるじゃないか
荒井時代と松任谷時代のベストは初めてって、バラードべストと季節別ベストは入らないんですかい。まあいいとして、3枚組~DVDもつくよ! 楽しみです。ノイエムジークはファン投票だったけどこれはユーミンの選曲じゃなくてユーミンスタッフや周りの方の選曲らしいですねー「水の影」とか「わき役でいいから」とか「sunny day sunday」とかが入ってるのがいいな。

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (初回限定盤)(DVD付)松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (初回限定盤)(DVD付)
(2012/11/20)
松任谷由実

商品詳細を見る

タイトルがまたにくい。すごくいいタイトルです。公式サイト、曲のタイトルがカラフルでこれも惹かれた。苗場で披露された青い影やっと収録されるんですね~わいわい

「日本の恋と、ユーミンと。」作者からすると少し面映いこのタイトル奥にあるのは、「私の曲の主人公はいつもあなた自身なのです。」という気持ちです。
いつの日か私の名前が忘れられても、いくつかの曲が“詠み人知らず”として見知らぬあなたに歌い継がれてゆく…それこそが私のゴールなのです。

(特設サイトより)

よ、よみ、よみ、詠み人しらず!!!! こ、これ文フリ原稿の序文に書こうと思ってるものなんでつい反応して思わず引用させてもらいましたわ……
そうなんですよね。もっと熱くはその序文に書こうと思うんだけど、現代のJ-POPは歌い手がはっきりしている、作者もはっきりしているのにみんなある種の“詠み人しらず”だと思うんですよ私は。だって誰が歌い手や作者の背景を踏まえて歌詞を分析しようと思いますか? みんなその曲に自分自身を重ねたり、好きな物語の好きなキャラクターを重ねたり、好きなカップリングの歌だと思ったりする。そこに例えば、aikoやユーミンといった歌い手たちはいなくなる。その歌は歌い手から離れ独自の物語を形成していく。それは聴く人によって千変万化の世界を描き、それこそ同じ解釈というものはない、はず。私の歌詞研究だってそうだ。aikoの言葉を主軸としながら、私の歌詞研究が書くものは私の歌詞解釈にほかならないわけで。
なんか話が逸れてきた。歌い手から歌が離れ、その人だけの歌となる。それが現代の詠み人知らずではないか。それこそが普遍であり、そういう意味で「私小説風」――言わばその人独自の物語――と評されたことからもわかるように、ユーミンこそ一番成功をおさめた歌手なのではないかと思われる。のね、私は。
原稿がんばろー序文はまだ出来てないし。

今日のめざましテレビのインタビューは帝劇の話だったけど、昨日からサイト見たりしてたらやっぱ私も行きたくなった( ;∀;) 姉と母が行ってくるんですけどおお~~行きたいよお(´;ω;`) あのですねー私は物語×音楽ってのが好きでして、挿入歌とかがものすごく好きになるのはその物語を盛り上げたり、その物語の為にあったりするものだからー だから!要所要所でユーミンが歌うこの舞台はあああ!! あああ見たいよおおお( ;∀;)!!! DVD!DVD! このさいブルーレイでもいい!

今月のユーミンは「DAWN PURPLE」と季節別ベスト秋聴いてる感じです 秋ベストがすごい好きな流れで死ねると思った、 いや流れって言う程流れじゃない? 「雨の街を」からの「旅立つ秋」 旅立つ秋ほんっっっっとに名詩ですよねこれ!!! 春よ、来いと一緒に教科書載せるべきだと思うんです 「明日霜がおりていたなら それは凍った月の涙」に心底震えた 詩人すぎる…
この記事のURL | ユーミン関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ずっと踊ろう あなたと ~ Road show 【ユーミンツアー@金沢 ライブレポ】
2011/08/04(Thu)
ライブいったあとお風呂入って軽くレポかくつもりだったのになぜか左足だけが妙に痛かったり傘さしながらほぼ歩きで帰ってきたためだるいのなんのって とりあえず箇条書きで覚えてたことや想ったこととか書いて、そんでそのまま寝てしまいまして。その次の日からゲームやりたかったのでのばしのばしで。おう。
そんなわけでライブレポ書くのが遅れました、が、先日27日に行われた松任谷由実ライブツアー2011・Road showに、いってまいりました^^!
まさに映画のパンフ
アルバムタイトルからして思い切り「映画」を意識しているので、パンフレットも、中身もまさに映画のパンフそのもの。掲載されているショートストーリーに泣いてしまったのはここだけのはなし。写真のあいまあいまに挟まれるユーミンの言葉もまるでそれだけで詩になっていて一気にひきこまれてしまった。アフォリズムの神秘。私はこういうのを書けないから書けるようになりたい。
お母さんはパンフとTシャツ(蝶々夫人)を購入。私は母にソーサー&カップを購入。母はよくコーヒーを飲んでるので、ぜひこれを使って欲しいなと。しかしあれだね……ユーミンのグッズを全部揃えたら総額いくらかということを考えるとaikoなんて毛ほどもないなあとか思います。うん。守銭奴な目線ですいません。でもティーマットとかいいなあと思う。素敵。あれも欲しい。8500円とかばっかたかいけど。

ステージセットがどーんと映画館の入り口風で素敵! もう見ただけでわーわーきゃーきゃー興奮してしまった。ちゃんと日付もその日その日に合わせているんですー2011.JUL.27thって書いてあった。
厚生年金会館時代は、高校生の頃ここでお芝居を見に行ったりしたので(学校の授業で。総合みたいな?)そのセットを見て「舞台が始まるんじゃないかしらん」と思ってしまった。その通りもう本編はほとんどミュージカルみたいなもんだったんですけどね!
席も久々に前の方(F列)でしかも真ん中あたりで母ちゃん席運良すぎ…私T列とかX列とかだぜここんとこ…… パンフ読んだりなんだりしながらソワソワしつつ待ってました。


では以下本編! 続きにて。

この記事のURL | ユーミン関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユーミン箱をひっくりかえしたような
2011/06/11(Sat)
もう一月前のことになりますが、帰宅するとこんなものが
amazonダンボールが開けて欲しそうにこちらを見ている
ゴクリ…
こ、これはまさか…… ってその日は天守物語を見に行く日だったのでぱぱーっと部屋を出たんですが。
帰ってきてオープン、
集英社だったのか
YUMING BOX!!

YUMING BOXYUMING BOX
(2011/05/13)
松任谷 由実

商品詳細を見る


写真集+歌詞集+複製歌詞原稿+新録CD+特製ブレスレットつきで、しめて二万円の超豪華特別セットですん! タケェー
新録CDは潮風にちぎれてと翳りゆく部屋。翳りゆく~はよく知ってるけど潮風にちぎれてはアルバム未収録だからそんなに聞いたことないのよねー。というわけで聴く聴く。

歌詞集はちょう読み応え有る。ユーミンのメッセージと歌詞だけだけど。最後がI Love Youでおわってるのがイイ! 涙ぐんだ。いまちょこちょこ読んでるところです。これコンセプトごとに歌詞がわけられていて面白いのだよねー。aikoにもこういう歌詞集めっちゃ欲しい!! 「夏」が膨大なページ集になりそうだけど。
写真集も当時のユーミンファッションが伺えておもしろい。複製歌詞原稿の方はあんまり開くのももったいないなーと思って開いてない。ブレスレットはお母さんがつけるべきだろうけど、おかんは多分もったいないし~と辞退するだろうなあ。

ユーミンのライブは来月27日ー。その前にaikoがあるのでしばらくユーミンはおあずけですたいにゃ。
この記事のURL | ユーミン関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マイフェイバリットユーミンのススメ
2011/06/07(Tue)
今回の記事はでっかいコメント返信でございます。
りあさん、コメントありがとうございました! 長々とお待たせしてしまってすみません。なかなか書くにふみきる余裕が取れず、申し訳ありません。
レイトン教授のED「Mysterious Flower」でユーミンを初めて聴いて、曲だけでなくユーミンに興味を持って頂けたようで嬉しいです。私もユーミンに関してはまだそんなにファン歴が長いわけじゃないのですが、この記事でいろいろ紹介できたらいいと思っています。
って…もう見ててくれないかもな~^^; ほんとすみません… おすすめ!と言われると、あれもこれも紹介したい!って思ってしまって、そんでもって、ユーミンは来年で活動40周年でもってめちゃくちゃ曲数多いので、あ~~やっぱりあれもこれもって目移りしちゃうんですよ>< しかもYUMING BOXも最近届いたし歌詞集眺めてるとこれもいいなって思ったり…うおーわからん!

とりあえずユーミンの簡単なバイオグラフィーから。かなり私テイストなざっくりした文章でお届けします。

ユーミンこと松任谷(旧姓・荒井)由実は1954年の1月19日に八王子の荒井呉服店の次女として生まれます。いきなり脱線しますけど荒井呉服店のHPにはばっちり「ユーミンの生家です☆彡」と書いてありますw 不良とは言わないけど、結構遊んでいる子でいろんなところに出入りし、音楽関係者とのパイプをつくり、既に15歳で作詞家としてデビューしていました。私も知らんかったわ(ウィキ見ながら書いてる)
まあそんなユーミンですが、その後は多摩美術大学に進学し、その年同時に「返事はいらない」でデビュー。19歳の時ですね。まあ売れに売れなかったわけですが!! そもそもユーミンはシンガーになりたかったわけじゃなく作曲家になりたかったんですね。どこの谷山浩子ですかっていうね。しかし翌年に出した「ひこうき雲」(1973年)が絶大的な支持を受けて1975年「あの日に帰りたい」等のヒットに繋がるわけです。
この時代、72年のデビューから75年の松任谷正隆氏との結婚までを、彼女の旧姓にしたがって「荒井時代」と言います。余談ですがよしもとばななの小説「ハードラック」に登場するセリフに「お姉ちゃんは、松任谷との結婚を呪うほどの荒井由美ファンだったから」というのがありますw まあつまり、この短い間にしか感じられないユーミンのオリジナリティというものがあったんですな。確かに荒井時代にはそれ以降には無い独特のノスタルジーや少女らしさというものを感じます。


↑これが「あの日に帰りたい」 ユーミンといえばコレ!と言う人が、特に年配の方に多いのではないかな?と思います。言うなれば荒井時代の真骨頂かなあ。私自身も大好きですし、初恋の思い出も込められている曲ですねー。
ですが個人的には荒井時代のユーミンの神作というとアルバム「MISSLIM」をあげます。このアルバムには日本国民がどこかで必ず一度は耳にしているであろうこの名曲が収録されています↓


イエス!ジブリ不朽の名作「魔女の宅急便」EDテーマ「やさしさに包まれたなら」です!
しかし個人的にはユーミンの魔女宅曲というとこっち↓

キャッチー!キャッチーすぎるぜこの曲!! こちらは別のアルバム「COBALT HOUR」に収録されています。たぶん、私が初めて聴いたユーミンなのではないかなと思います。荒井時代に限るなら確実に。劇中では、魔女として飛び立ったキキがあぶなっかしくラジオをつけるシーンでオープニングテーマとして流れます。イントロからオシャレで都会の感じがびんびん伝わってきますな。箒で空を飛ぶ魔女へのあこがれも多分この曲に反映されていて、今でも聴くとウキウキしてしまいます。

そしてプロデューサー松任谷正隆氏と結婚し現在に至る……ってその間の30年をはしょりすぎw 1981年「守ってあげたい」で再びヒットし、第二次ブームが到来したそうな。また、バブル景気とユーミンサウンドというのは外せない関係のようで、バブルの象徴でもあったそうな。そうな。ってw 表現はともかくとしてOLとして働き、また恋をし愛に生きる当時の女性達の音楽としてのユーミンというのもやはり看過できないと思います。いまの女子高生と西野カナの関係みたいな。だいぶざっくりした捉え方でごめんねユーミンw
ユーミンの音楽と言うのはほとんどが彼女の創作、つまり芸術作品だと思います。し、本人もそう言ってます。曲の主人公とユーミンがイコールで繋がらない。逆にイコールで繋がるのは聴いている女性達、男性達… それぞれの思い出や体験を曲に乗せて聴き、その人たちだけの物語として曲がはぐくまれていき、そして次世代に歌いつがれてきたのではないかと思うと、幅広い世代に愛される由縁がわかるきがします。aikoもそうなってほしいな。

第二次ブームのきっかけになった「守ってあげたい」はこちら。好きな曲なんだけどこれがそんなにヒットした理由がよくわからない…映画の主題歌だったからかな?

これもどこかで耳にしたことがあるんじゃないかな、と思います。
80年代はとにかくユーミンの時代ってイメージ。この「真珠のピアス」なんか音的にもうおおおー古い中の新しい!!ふるくさいぜー!でも新しくなろうとして背伸びしてる感じだぜー!っていう感じ。なんなんw

あと、こちらは80年代ではなく90年代(94年)ですが、これもまたユーミンの代表曲としてよく挙げられる曲&この曲こそ私がおそらくはじめて「ユーミンの曲」と認識して聴いたものです。

「誰にも言えない」という、内容がやや危ないドラマの主題歌でして、ドラマとともにこの年を代表する曲になりました。ユーミン名義のシングルとしては初のミリオン。ミリオンですよー。今みたいにCDにオマケつけて無理やり勝ち取ったミリオンとは、わけが違うんですよー。まあどっちにしろこの時代だってちゃんと音楽摂取してた人はどれくらいいたのかって話だけどね。
(誰にも言えないwikiより)「主題歌が流れるオープニングでは、撮影に使用されたマンション街の敷地を、加奈子(賀来千香子)が何者かからずっと走り逃げ惑う様子を、終始1カメラで追い続けるという当時としては画期的な演出がされていた」とあるように、うん、小学1年生の私には十分なトラウマである。



最後に、わたしの好きなユーミン曲を紹介。まことに恐縮ですが、おすすめになれば。
これも比較的メジャーな曲。現在は被災地支援のチャリティーソングとして配信されてますね。まだ買ってないや…

NHK朝の連続テレビ小説「春よ、来い」の主題歌。まんま「春よ、来い」 中学生の、音楽ではなく、国語の教科書に採用されたこともある文学性の高い歌詞です。文語調ですしね。ラストのサビのバックに流れる「はるよこい、はやくこい」というコーラスがいい。


Road showの前のアルバム「そしてまた夢見るだろう」より。本当はピカデリーサーカスを紹介したかったんですか埋め込み不可だったので。夜空を飛んでいく郵便配達娘たちを思わず夢想する曲。「書かずに終わった手紙も届けます」なんてロマンチックですよね! ピカデリーサーカスは「古い旅行案内の絵葉書の中に一人」という自由律俳句のようなフレーズから間奏がまさしく神の流れです

ここで紹介していいのかなー…さすがにコンパートメントはちょっとよそう、というわけで、ユーミンの曲の中でもとりわけ怖い曲である「時のないホテル」

最近やっと歌詞の意味がわかりました。冷戦を歌った曲で、「時のないホテル」というのは戦争がなく平和ボケしている日本のことだそうです。でも戦争はイヤ。

この曲もメジャーかと思われる。「輪舞曲~ロンド~」 ドラマの曲でした。というかユーミンはめちゃくちゃタイアップ曲多いです。タイアップの女王です。と勝手に言っておきます。

このタンゴ? ラテン? な感じが、民族音楽っぽいサウンドに傾倒してきたこの頃のユーミンを伺わせるものがある気がします。

だんだん長くなってきて&動画貼り過ぎて重くなってきたので、このへんで失礼します! ほかにも個人的オススメ、というかもうざっくり「好きな曲」としては(順不同)

・雪月花 ・ひこうき雲 ・ダイアモンドダストが消えぬまに
・人魚姫の夢 ・きみなき世界 ・青春のリグレット
・Weaver of Love ~ ORIHIME ・未来は霧の中に ・青いエアメイル
・帰愁 ・経る時 ・ワゴンに乗ってでかけよう ・ミラクル
・恋の一時間は孤独の千年 ・Choco-Language
・TROPIC OF CAPRICORN ・セシルの週末 ・コンパートメント
・天国のドア ・DESTINY ・ジャコビニ彗星の日 ・埠頭を渡る風
・かんらん車 ・14番目の月 ・中央フリーウェイ
・ベルベットイースター ・GIRL a go go ・私のフランソワーズ
・消灯飛行 ・7TRUTHS 7LIES~ヴァージンロードの彼方で

っていうか挙げすぎじゃ私!! すいませんほんとよくばりで。でも見返してみると「あたりさわりのないもんばっかだなー…」と感じるw

ほんとに、冗談ではなく、ユーミンは世代を超えて愛される有名な曲ばっかりで、ここに紹介した以外にも「なんであれがないの!」「これも書くべき!」っていうのがいっぱいあります。りあさんも他のユーミンに興味がある皆さんも、ぜひぜひ、ここにある曲を足がかりとして聴いてみて、いろいろ調べてベストアルバムを聴くなり、新しいアルバムや昔のアルバムを聴いてみたりしてみてくださいね^^!
この記事のURL | ユーミン関係 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ