2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
ふところにまめたん
2016/11/17(Thu)
まん我さんの会の時は基本艦これのイベが被っているのだけど今回は珍しく被らなかった。いやだから何だと言う感じですけれども… 十時くらいに帰ってきておふろってこれ書いてるのでちょうちょう短めに。今回は入場前に普段着姿のまん我さんが受付に出てこられたのでなんか貴重なもの見れたウワーイと思ってしまいました失礼。噺家さん基本高座でしか見ないし着物スタイルだからホント洋服姿新鮮。

■桂まん我ひとり会
一席目「猿後家」
二席目「短命」
三席目「一文笛」
おまけ「豆炭」

一文笛嬉しかったなあ~ 封印されし左手…!って言いたくなるw おまけの豆炭はくっそシュールですごい面白かったww わたしこういうの大好きなんww 前も何かの噺で書いたけど誰もやってないけどこれ今だからこそウケますよ!ってなります。どんどんやってもらいたいw 調べたら音源初代の森野福郎氏のがあるくらい…? じゃんじゃんやってくださいまん我さんいえまん我師匠。
冬にあるかなあと思ったけど今スケジュールがまだ出来てない様子…冬公演はないかしら? 春になっちゃうのかなあ…あんまし落語会行けてないから、回数が減るとさみしいのであります
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミーハー全開おやこ会
2016/11/05(Sat)
毎年恒例にして私の落語会の原点の文我師独演会、今年もいってきましたー なんと!なんと!今年はお弟子さんのまん我さんが相方さんなので!! 実質文我・まん我親子会だったんですおくさま!! DMで今年のはなんだろ~?って見た時フギャアアアア!??!?! って叫んだからねw 去年はおやこ寄席遠慮したんだけど、こんなん絶対行くやろーーー!!!!ってなって即予約ハガキ出しましたw

今年もサインいただきました…^^ サイン書いてもらった時まん我さんもお手伝いで出てきてたのでひとり会楽しみにしてますって伝えたりチケットこれから買いに行きますとかどうでもいいことも言ったりしたのでもう完全にただのファンでしたよね……恥ずかしい!すごく!(ならやるなよ
今年もしてもらいました
流しそうめんには笑いましたw 流しそうめん出てくる新作を作るしかない……いや待てあれ一人じゃ出来ないわw 噺家さんは一人で演じるのが常なので、誰かと一緒に舞台上で話してたりするのってすごく新鮮だって何年か前にも書いたんですけど、今回はずっと待ってた師匠と弟子のお二人だったもんで、めちゃくちゃ貴重なもの見せていただいた気持ちで感謝オブ感謝です。

■おやこ寄席演目
まん我:十徳
文我:正月丁稚
文我:しの字嫌い
文我:皿屋敷

■独演会演目
まん我:書割盗人
文我:転宅
文我:さじ加減
まん我:桜の宮
文我:手向け茶屋(お見立て)

桜の宮大好き~ お見立て誰かの公演で前にも聴いたかなー結構好きだわこの噺。しかし何故か手向け茶屋を聴いてからずっとある噺が思い出せなくて、検索して思い出した。「付き馬」だ…ほらこれも花街の噺だしね 最後におまけで文我師の足の怪我の話がきけましたw いや~手術のくだり面白かったw でもいろいろと痛かった(^_^;) 私あんまり怪我しない方だけど、ほんと足下には気を付けよう…
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏はやっぱりかいだん!
2016/08/23(Tue)
ひさびさプチ落語ざっき。今日はまん我さんの会inサマー! まあ夏の定例ね。でした。

ちょっと結構疲れてて汗だくだったんで正直私寝るんじゃあないかな……ってか寝るなこれ寝ちゃう、まん我さんガッカリするやろうな、いっそ行かん方がええやろか…と思ってたけど全編通して意識はっきりしてたー! 今年はふれあい寄席やってるかどうかわからなかったのでそっちは行かなかったのです(情報が少なくて落語やるかどうかわかんなかった) なのでひっさびさの落語充だったんですが、コンディションよく聞けて満足まんぞく。

一席目がちりとてちん。知ったかぶり、ときてすぐに思い浮かばなかったのがくやしい…! ちょうどお腹空いてるときだったので茶碗蒸しやお酒やうなぎの描写がもうすっごくおいしそうで落語によるメシテロを喰らってしまいました。すごいぜ落語。そして二隻目は住吉闇の簪…新作なので「あとでググってタイトルしらべよ!」と思ってたのにその技がきかない…! 場内が暗くなったり照明おちたりいかにもザ・怪談って感じでこわ~かったです。メリーさんみたいに近付いてくるの怖すぎるのよね。んで三席目は船弁慶の前半まで。お松さんの口調完全に「これ……てるてる家族の照子だ!!!」ってなりましたw わかる人だけわかる。フルサイズで聴きたかったのですが大阪と金沢の温度差からかのどの調子が悪いということで、ご自愛なさってくださいまし。
ここんとこ落語情報が追えてないのですがちゃんと行けるやつは行きたいのう。そしてふっと喜多八師匠のこと思い出して、亡くなったなんて本当に信じられん。。。ってしんみりしてしまいました。チャンスがあったら全力で見に行かなきゃね。高座はナマモノですものね。
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
愛され笑点
2016/05/22(Sun)
BSで真田丸の早放送を見てたんだけどTLでの笑点歌丸師引退SPの視聴率があまりにも高くて早丸最後の10分切って私も最後の大喜利をちょっとだけ見てました。新司会は昇太師! おめでとうございます!BS笑点の司会もしてたので納得の抜擢だったわけですね。今後は円楽師は俺が司会になるはずだったのにとかそういうネタを挟んでくるのかなー。いろんな人が歌丸師匠にねぎらいの言葉をツイートしてたり普段見てない人も笑点にチャンネル合わせてたり、ああ笑点て日本でこんなに愛されてるコンテンツなんだなあ…とあったかくなりました。座布団は全部リセットしたけどねw 昇太師の枠は誰が埋めるのか、むしろ落語クラスタ的にはそっちの方が気になるのですが……春風亭から誰か入る? それか違うひとかな。あれ? 笑点て芸協だけじゃなくて落語協会からも入れるよね?

あと今日はまん我さんの会にもいってきました(・ω・) 久々の落語充だ~い 一席目はレア噺の天狗の酒盛り(レアリティはSSRくらいだな!)二席目は帯久、三席目は寝床でした。天狗の酒盛り全然知らないから新鮮だった~そして痛快、サゲも納得。帯久は年末の羅針盤の朗読劇を思い出してた。前も聴いたような気がするけど。寝床は全方面に受け入れられるキャッチーさがよいよね。会が終わったら初めてまん我さん受付、外に出てたんだけど、握手してもらってるひともいたので私もしてもらえばよかったな~と思ったミーハーです。

それともうひとつ。刀ステ終わった後興奮した状態でTLで見てさすがに肝が冷えてしまったのですが、喜多八師匠……残念です。まだまだこれからと言う時に…… 実際に高座を見た方が鬼籍に入られると言うのはなんとも辛いことです。春団治師匠の場合はお歳もあったのでわかるのですが、喜多八師匠、まだ60代……落語家としては本当にまだまだこれからでっせーと言う時… 本当に印象の通り体が弱い方だったんだろうなあ。ガンだったみたいだし… 私の大好きな噺家さんたちどうぞお体に気を付けて。そして私も、なるたけ見たい人の高座は見に行かなきゃね…
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お裁きおまかせチルドレン
2016/02/19(Fri)
17日は四半期に一度のまん我さんの落語会でした。先週末は暖かかったんですが雪降ってたり積もってたりで足下悪い&平日の夜ということで開場始まるまであんまお客さんいなかったので心配してしまった……ヨケイなお世話ネー 落語心中もアニメ始まったし、赤めだかの放送もあったし、地方でも落語会やってたらどんどん足を運んでほしいと思うのでした。
まん我さん――そろそろまん我師と書きたいけど――は雪積もった金沢にびっくらしたようでした。そうですね私もまたこんな降るとは思わなかったわ。しかもびちょびちょな水分多い雪なのが最悪だ… 2016年始まってから二ヶ月しか経ってないのに世間を騒がせまくってるスクープやスキャンダル…ほんとにね!この世が落語かよ!的なね。すごいよね……この先何が待ってるんだろうと思うと怖すぎるよ…

この日の演目はこちらン
・一席目「近日息子」
・二席目「お玉牛」(春團治師直伝)
・三席目「佐々木裁き」 ★
★をつけた佐々木裁きは私のお気に入りの十席のうちの一つでやっと!やっと生で聴くことが出来た~~!!! 行けなかった会に限ってかけられてるからね…… マクラで内弟子時代のこととお師匠の文我師の娘さんの話をしてくださったんですが、内弟子時代のことを知りたい&文我師のファンでもある私にとっては夢のようなマクラでした。しかもネタが念願の佐々木裁きだしねもうね! お玉牛は先日亡くなられた春團治師直伝でタイトルは知ってたんだけどちゃんと聞いたことがなかったやつでした。また独特だね扇の使い方がもうねw 愛宕山のあのビロビロみたいだw 泣き声もすごいしw あとお玉ちゃん連呼されるので一応たまの名を持つ者としてはドキドキでしたさ…… 近日息子は、これもまたタイトルしか知らず一回聴いたくらいでとっくに忘れてた噺だったのでラッキー、途中のくすぐりの重ねがけか怒涛だったわw 三席とも大満足でした。

アニメイト水曜日おやすみだったので今日買ってきた。落語心中の新刊と、アニメイトで落語心中関連商品買うといまチケットホルダーもらえるキャンペーンがあるんですが、それの助六&八雲ばーじょん。
なんて小粋なチケホルダー
ちょうど落語会用のチケットホルダー欲しいなと思ってたところなのでした。八雲バージョンも黒一色に花が映えて綺麗なんだよなあ。でも全巻持ってるしなあ……しかし積読である。
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
落語と心中してみない 【らくござっき】
2016/02/03(Wed)
落語ざっきでい。ここんとこ生の落語会には全然行けてないんですが……というかなんだろ、金沢での会が前に比べると少なくなったかなー。私が情報集めてないだけなんだけど……せっかく落語心中もアニメ始まったり、年末に赤めだかのドラマがあったり(すっっごくよかった!)(でもやっぱ映画で見たい)わたしのファースト落語体験であるタイガー&ドラゴンの脚本集読んだり、ふつふつと落語熱が再燃してるんでもっと行けたらいいなーと思ってるんですけど。かといってプライベートで使える時間が少ないからそう頻繁に行けない事情もあるが。

「昭和元禄落語心中」DVD【数量限定生産版】一
キングレコード (2016-02-24)
売り上げランキング: 3,926

そうなの。落語心中、原作も大好きなんですがアニメもすごく良くて。これを機会に寄席や落語会に初めて足を運ぶアニメファンなりオタクさんなりがいてくれるといいなあ。
でも正直な話すると――こういうのはついったで書けないんですが――なんかみんな落語落語ってムードになると妙にそわそわする……んですよね。特に最近聴いてないから、なんか自分の趣味としての自信がなくなるっていうか……そっとしておいて欲しいところが、実はちょっとある、というか、うーん
あと落語心中すごくいい作品なだけに、自分のいつかは書きたいなっていう落語作品に自信がなくなる。昔、aiko並みの存在だっためぐさん&これまたaiko並みの存在だった林檎さんが出演したり、主題歌提供なのも、なんかすごい嬉しい反面、なんか複雑……というか。うーん。うまく言葉に出来ないけど。なんか変なもやもや。これ落語関係ないモヤだな。

ま、それはそれとして落語心中なんですが、助六役が山寺さんで、もうね、オンエア見ていただけるとわかるんですけど、断言しますよ。すっっっっっごく、落語うまい! 本業かと思うもん。すごく耳に馴染む。心地いい語り口です。山寺さん落研出身だったんですねえ、なるほど。でこれをオーディションで勝ち取ったという。すごい、実力。あと最近のアニメだとこんなに山寺さんの声を堪能出来るのあんまないですよね。やっぱ山ちゃんレベルになるとギャラがかかるんでしょうな……そういう意味でも山寺さんの助六たまらんよ。
そうやねんね、キャストが90年代アニメかよ!って思うくらいなのもすごいね落語心中。だってめぐさん石田彰さん山寺さん関智さんなんてねえ。新しめのキャストなの小林ゆうさんくらい。小林さんもオーディションだったんですね。落語といえば小林さんだなって思ってたのでてっきりオファーがあったのかなと思ったんですが、これも意外でした。

アニメでは八雲の語りが終わるまでやるのかなあ。何巻までアニメ化してくれますって雲田先生が前にツイートしてたんだけど、忘れてしまった。。。
で、その原作は買ってはいるものの積読に積読を重ねた状況だったり……だって、私紙のマンガ読みにくいっていう厄介な性質もちなのに、そのくせ、読み始めるととまらんもんねー。なんなんそれw 七巻も八巻もDVD付き買ったのにまーだよんでないの。ザ・未開封です。今週出る新刊は特装版は無いみたい。アニメイトだとクリアファイル特典つくみたいなんでアニメイトで買おうかな。
ちな、落語のマンガで全巻買ってはいるのに読んでないのは、好きな上方落語のマンガなのにたまちゃんハウス。結構頻繁に「読まなきゃ……今こそ……」って神崎士郎の戦え……戦え……ばりに脳内でしきりに囁かれてるのでそのうち……マンガって結構時間かかるじゃん~~(しのごの言わずに読め

直近の落語会はさ来週のまん我さんの会。ほぼ必ず艦これのイベントの時期と被っているという……落語心中もやってるし、雲田先生ひいきの噺家さんだし、いつもよりお客さん入るかなー。とか思いつつこの辺でしめ。
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しじみ売りからのしじみ汁
2015/11/28(Sat)
らくござっき。26日はまん我さんの会に行ってきました。直前まで27日と日程を間違えて覚えてたので間違えてたら大変なことに。よかったちゃんと確認して。あいにくのお天気でしたしなんかどうも志の輔さんの会と被ってたせいかいつもよりお客さん少な目だったような…でも新聞の取材も入ってたっけ。しまった今思い出した、新聞確認してない。ということで簡単に書くです。

■桂まん我ひとり会・金沢15/11/26■
・一席目「十徳」
・二席目「首提灯」
・三席目「しじみ売り」

一席目は浮世根問いからの十徳でした。最終的にどの噺に持ってくのかしら、阿弥陀ヶ池こんな感じだったかなー?でもさすがに長すぎるなーと思ってたら十徳だった。あれ?なんか最近聴いたような気がするな…と思ってたら夏のふれあい寄席でショートサイズだけど十徳きいてたや。二席目は首提灯。上方のと関東ので噺の出だしが違うのね? 首提灯、関東のしか聴いてなかったらしい。上燗屋のくだり知らなかったしさ。私もお酒飲めたら楽しそうだなと思う、人生が。三席目は寒い一日だったその日にぴったりのしじみ売り。じんわりきたわあ。よかれと思ってしたこと、優しさが回り回って不幸になってしまう。涙をさそう人情と、それを嘲笑うかのような皮肉がきいてる一作でとても好きです。二月のざこば師のもよかったなあ。決して不幸な終わり方じゃなくて、その後にしじみ売りの少年と家族がきっと救われるだろうなって思わせるの、いいですよね。あとトメさんがいちいち可愛かったですw

もともとしじみ好きなんですけど、これ聴いたらなんかしじみ汁飲みたくなっちゃってお母さんに作ってもらって今日飲んだ。おいしかった。自らを高速バスに喩えたまん我さんにわろたw そんな自虐しなくても! あと高速バスで二回も大きな遅刻をやらかした(aikoのライブに間に合わないところだった・帰りの新幹線に乗れないところだった)私としては渋滞のない電車の方が安全って気持ちが強いんだよなー でもバス自体は大好きなんだよなー あとあと金沢に近付くにつれて天気が悪くなるってやつなw こっちの天気が大荒れのとき決まって反対側はいい天気だからねー 26日東京とかすごいいい天気だったらしい……裏日本クヤシイ!

次回は二月。何日にやるかわからないでチケット買ってしまったけど、たぶんまた艦これのイベと被りそうな日程だ…17日。この間にまたどっかの会行けないかなー。
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こまったときの算段と
2015/11/07(Sat)
今日は毎年恒例ですが桂文我師匠の独演会にいってきました。今回で七回目です。落語の方は最近あんまり精力的に摂取しないようになってしまったので(落語会の情報を拾えてないからだと思う)優等生とは言えませんが七回かあとなかなかの回数にびっくりする。わたしの落語歴のスタート地点でもある会なので大事にしていきたいです。なお落語会はたぶん8月のまん我さんの会以来三ヶ月弱ぶり。
そんでも今年はおやこ会の方は聴きたい演目が特になかったのでパスして独演会の方だけで。今回演目に「算段の平兵衛」がっ! あの算段の平兵衛がっ! ちりとてちんで上方落語から落語スタートした身にとってちりとて落語内での最レアのひとつであるこの噺、聴きに行かないわけがないです。それ以外の噺もとても面白かったので、今年もどうもありがとうございました^^!

■桂文我独演会(金沢) 演目
笑福亭生寿「狸の鯉」
桂文我「河豚鍋」
桂文我「算段の平兵衛」
(中入り)
笑福亭生寿「幽霊の辻」
桂文我「紀州」

紀州は地噺なのであんまり好きじゃなかったけど今回は本筋とより道どちらも面白かったしなかなかうまい繋ぎ方だったので(当然ですわな)他の方の紀州よりよく聞けたかな。生寿さん初めましてでしたがなかなかいい方でした。幽霊の辻は枝雀の音源持ってたと思うけどまだ聴いてなかったような……ああいうサゲか、もっと続くかと思ってたんだけど。私は幽霊でも超常現象でもそういう不思議な話はなんでもこの世にあると思ってる派ですのでマクラの松喬師の幽霊が出た話はめっちゃ興味もって聞いてたです。
算段の平兵衛はとにかく不謹慎きわまりない噺だけどw すごくブラックユーモアきいてて大好き。これ、今の噺家さんもっとやってくべきー珍品にしておくの勿体ないよ。関東で言うと黄金餅に匹敵するくらいの噺だと思うな。通しでちゃんとしっかり聞いたのなんてほんと米朝師の音源聴いて以来かな。サゲはもとの形じゃ今だとわからんので文我師めっちゃわかりやすく変えてたんですが南光師のサゲのバージョンも好きだなー。
聴いてて気付いたんですけど「死人を踊らせる」っていうモチーフは考えてみると私の大好きな「らくだ」と同じなんですよね。あとサゲを元の形のにしておいたらおいたで、前の噺の「河豚鍋」と同じように社会的地位が低い弱い者に逆転されて弱みを握られたりしてるって形になったのでそれはそれで面白かったかもですね。
算段の平兵衛はマクラでたっぷり米朝師の話をしてくれて嬉しかったです。米朝師どころか枝雀と関東の小さん談志まで巻き込んだ話になっていって沢山笑かしてもらいました^^ ある意味これを期待してたところがあったので……また米朝師の思い出話、他の方もマクラで聴かせてくれるといいなあ。
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ