特攻野郎aikoチーム 【あいこだーーいあり】

月曜日に更新きてたのに気付かなかったーん… あいこだ更新ですよー^▽^ 内容が内容なだけに短い。

○ロサあいこなんとか
ロサあいこなんとか様って言いたかったけどマリみて全部読んでないのにそういう安易なパロはファンを傷つけるだけ! すいません姉の部屋には全巻あるんですけど。そして私の部屋には伯爵と妖精が全巻あるよ。
わたしの通勤路にある野ばらみたいなのもこんな感じの可愛いの咲いてた~ わたしは薔薇が好きなので毎日見てほっこり癒されてるよ。

○愛子愛羅武勇
特攻服のaikoだーーーーーーーー!!!! 似合ってると思うよーーーーー!! ひとりでやるんだったらwww それはあれだーーーDVDの特典映像にぜひ! ラブライク暴走族くるでえええええ!!!!
全日本口内炎連合www 刺繍してあるのはトンネルの歌詞と見たけどどうだろ。

○進撃の蛾
進撃の巨人は見てないけどあえて時流に乗って表現するならaikoと蛾の戦いはそんな感じに思える…ってかよう写メったな。仁義なき蛾との戦い。蛾の話はいいから!とネタにしつつ三部作aikoメール楽しかったです。

○ふつうあいこ
このaikoにケントデリカットのあのメガネのネタやってほしいと思った私は多分少数派なんだろうな。わたしは普通っていうよりかどっちかって言うと元気だけど時間欲しいな! GW終わったばっかりなのにやはりそれかい。社会人いそがしいね。拘束時間長いのが厳しいね。

まだBPからの優先予約のアナウンスがこないので、非常にガクガクブルブルしております。あいこだいありーとあいこめは癒し。aikoメールなんて、もう11年前くらいからあるんだねえ。11年もわたしaikoからメールもらってんだねえ。そりゃ日常だわ。てなわけでまたダイアリー待ちましょう、震えて待つ。

aikoクラスタ一押しの骨は尾てい骨 【あいこだー】

北海道では三年ぶりくらいに五月の雪が降ってるらしいですがこれはもうaikoさんがわりと季節はずれなことを話題にしたダイアリーをアップしたからなんじゃないかと思うことで寒さを乗り切るライフハック。ということであいこだ更新キテター ノボ、とは…… 日記ここから。

○ツアーが終わってからやっとこさ
いつ頃いったのかな、三月? 四月…はちょっとむつかしいか? スノボ装備aikoかわいいぱしゃぱしゃ きぶくれしてる感じがね。

○尾てい骨は重要!
全体からして見るとほんのちょっとのホネなのにね。確か昔尻尾のあった名残かなんかなんだよね? 尻尾って重要なのね。決して萌えパーツでも何でもないのね。

○がじゃいも
aikoクラスタ一押しの野菜はじゃがいも!! わたしもフライドポテトすきコロッケすきーだけどポテトサラダはそんなに好きじゃないって言う不思議さ ポテト嫌いな人はいるんじゃないかな。油がダメって人とかさ。
スキー場なんてもう10年どころか15年も行ってないことになるんだね。あ、ユーミンのサーフ&スノーで行った苗場はカウント外で。なんだろうね、海水浴いって海の家で食べるカレーとかでもそうだけどああいうところで食べる何かって特別なものがあるよね。屋台の焼きそばみたいな。

○スキー場で桜の時
なるほど拙作の「夢幻の雪」ですね……ってことあるごとにこの作品宣伝するけどもうこの小説4年も前に書いたものになるのよね~(´・▽・`) 自分の中では綺麗に完結してて好きなんですけどね、あっでも続編も書きたいとは思ってるんだけど。
まさかスキー場にaikoがいてラブライクスキー場になってるとは周りの人はおもってないだろうなあ。黒ちゃん羨ましいです。ん? てかラブライクスキー場…! それ! それだー! aikoサーフ&スノーやろうまじで!

とは言え、aikoがユーミンのサーフ&スノーや浩子さんの猫森集会のような静かな、わりあい穏やかな形式のものがやれるとは思えない…でもそういうのやってほしいと言うか、今後必要になると思っているのは私だけ、望んでいるのは私だけなんだろうか? と、日記には書いておこう

ステルス4月の雨 【あいこだ】

あ ありのまま起こったことをはなすぜー aikoダイアリーを毎日クリックしていたはずなのに更新に気付かなかった ななにを言ってるかわからねーと思うがー(略) というわけで4日も遅れたあいこだつっこみです。愛子抄は更新したのにね!なんじゃこりゃどういうこっちゃ! あいこだここからー

・スヌーピー
aiko記憶スケッチとか絶対高得点とれるよね…資料なしで描いたとは思えんくらい自然なスヌーピーだけど…なんかそこはかとなくドヤってるよね すごく関西弁喋りそうなスヌーピーだよ…

・aikoと一緒に怠惰生活!
いや~すごいね。七つの大罪なにおいがするね(怠惰な点で) でもaiko…わかるよ…わたしも休日だと言うのについだらだら~だらだら~と…寝過ぎで体逆に痛いしな… 特にaikoはライブモードで走り続けてないと途端にぷしゅるる~~ってなる典型的な仕事人間(言い方悪いけど)だから… aiko歌手引退したらすぐボケ始まりそうだね…(それも言い方悪いな) ほら教師とか仕事に真面目だった人ってボケやすいって言うじゃん。

>そろそろやろう~っと。
>とかほざいてるんなら早くやれよって感じですね。
ザクザクザクザク(^ω^ ;) 心に痛いZE! 軽くaiko原稿botやん? これ?

・4月の雨の向こう側
配信についてのaikoからのメッセージ。そうか、aikoにとっては「CDも歌詞カードも写真も何も無い」状態での販売方法で、純粋に歌だけの勝負ってことでもあるんやな。わたしは「今までとは違う販売形態」という表面的なところしか見れてなかったが。ではこの配信を、今までのaikoにそぐわないから、ということで買わない(DLしない)ということはやはり、ポニーキャニオンやaiko側のセールス方法云々ではなく、aiko本人を否定することになるのではないだろうか? それは私たちファンが勝手に拵えてしまった「aiko神話」の押し付けではないだろうか?
無論、私だってaikoのCDが欲しい。配信で先に出してCDを後に出す。それでもいい。CDと配信(音楽ファイル)は全く別物なのだ。同じ価値ではないし、同じ価値観でとえられるものではない。そしてaikoとしては「4月の雨をすぐに聴いて欲しい」から、初めてこの形に踏み切った。aikoはプロだ。無料配信という形をとるには長くプロでありすぎている。故にお金をとらなければならない。しかしそれははした金である。250円。たかが250円。されど250円ではある。でもそんな程度をしぶるわけでもなし、販売方法や裏に何があるかはともかくとして、私はaikoからの曲というプレゼントを受け取りたいのだ。配信を買ったからってaiko側のあまり褒められない運営に屈することになるのか? それはあまりに短絡的ではないか。そもそもそんなもの仮想敵でしかないかもしれないじゃないか。
何やら熱弁をふるったが、まあ以上が、私がTLのaikoクラスタによる4月の雨論議を見ていて思ったことのまとめになったと思われる。

・永遠や一生は幻なんかじゃない。
「永遠や一生って 自分が強く想っていれば生まれてくるもんやと思います」 ここ赤線ひっぱろう! aikoダイアリーも本当はもうちょっと歌詞研究の際に参考出来たらいいんだけど。さらっと大事なこと言ってたりするし。ダイアリー自体がそんなに機能的じゃない(データベース的じゃない)から、探すのが難しいのよね。

>でも、自分にとってずっと変わらない大切な人への気持ちを
>心の中で強く想うと、その瞬間少しだけ元気になれるの。
ここでまたちょっと、くじけかけてたaikoへの想いを立て直すことが出来たり。

・あーーーaikoさんがタバコもってるーーー!!
いけないわーーーバシィッ!!! 吸ってはないよね? 「止めて12~3年は経つもんね」って書いててうは、もうそんなになるのか止めてから…と思いました。そら中学生もアラサーになるわ(自分)

・そろそろやりまっせー
しゃー!ばっちこーい! ただし抽選が当たればの話である…

ふう、4月の雨の配信について熱っぽく書いてしまった。こういうのついったーじゃ書けないので(けんかになったり、リムられたりすると悲しいし)やっぱブログはやってたいなと思うのですね。

花粉いっか 【あいこだーいありー】

はーいこんにちは新年度。エイプリルフールだけど嘘じゃないよあいこだ更新きてたこれ。花粉の季節ですが会報によるとようやくスギ子になってるみたいでよかったねあいこ! つーわけであいこだーだー

○ザイロバンド光!
赤!青!緑! わたしのは青だよ。もうずっと光らなくなったけど(あたりまえ)またザイロバンドあるといいなーって思います。

○☆とaiko
aiko、ツアーお疲れ様でした* わたし複数回行きたかったよ~~(´;ω;`) また早くにライブしてほ、……しいところだけどちょっと経済状況が落ち着くまで待ってください。でもそろそろBPMあるといいな。

○バーベル!
バーベルって何だろうと思ってググったら別に普通のダンベルみたいな感じだった。ダンがバーになってるやつだった。aikoがどんどんムキムキになってるのを想像しております。あの体でか……ふくらはぎもすごいけど脱いでもすごいのよaikoさん。。。

○aiko今日の格言
「やらへんことは全くやらへんけど、歌に大切な事は絶対に続けます!!!」 なんかこれ知らない人は絶対に知らないけれど知ってる人ならだれもが知っているみたいな感じに近いw aikoの格言にしびれる。私も創作活動と、あとあらゆる方面でのaikoへのアプローチを衰えさせないよう頑張ろう。
ずっとaikoの歌を聞いてたい。aikoにはずっと歌ってもらいたいし、わたしもずっと何かを書いていたいな。おっし。やるぞー。まずは文フリですかねー

○ぎょわわ
シーズーかわいいいい(*´∀`*) えっとですね我が家も含めて自分の身内ってあんまりペット飼ってなかったんですが、いちばん古いペットが大おばさんの飼ってたシーズーなんです。だからシーズーは昔からすごく好きです。ふわ~んかわいい>< そうかそうか、今回のグッズに描かれてた謎のワンコはこの子モデルだったのか~(*´ヮ`) だがシーズーの匂いはわからなかったのだ……従って鬼好きの度合いがどれほどかもわからない。

ふあ~シーズー写真見てたらワンコ充したくなってきたなあ(*´ `*) 誰かわたしにワンコさわらしてくだしゃい。

三倍速いaikoさん 【あいこあかいこあいうえおダイアリー】

何気なくポッチポチしてみたらあいこだ更新きてるー ってなんだこの写真。ちょっとカーネーションのOP思い出したぞ(わかるひとだけわかる) まあいいや!更新してます

○創作活動
私もaikoも鋭意制作中! aikoは音楽、わたしはものがたり。
aikoが創作(つまり作曲)のことについてちょろちょろっと書いている。いちおう同じ創作びととして(もちろん、aikoの方がぐうんとグレードが上なわけであるが。)参考になる。というか、全部私に言われているような。だ。文フリで頒布する予定の小説、いよいよクライマックスなんだけども。ああ、お腹がきりきり。
「作曲期間はいつもですよ」
小説もそうだろう。だいたいいつも何か考えていて(それが一次創作であろうと二次創作であろうと。)メモしたり、ポメラにちょっと長く打ち込んだり。私の場合この、ワードや書面に向かう以外の妄想の時間っていうのが一番大事で、ここでどれくらい熟成出来てるかがお話の肝、ポイントになるのだけど、aikoはどうかわからない。絵以上に作曲はもっと専門外だわ。aikoの作曲のやり方がむかし聞いたのとは少し違ってるかもだし。
aikoの頭の中にはどんなメロディが流れているんだろう。
見るもの聴くものを、aikoは歌詞と言うフィールドでどう表現するのだろう。
そこにはどんな背景があって、どんな想いが込められてて、そして、どういう物語を読めるだろう。
……そーんなことをコンセプトにしたおきあたまきによるaiko歌詞研究個人誌「aiko文学 解釈と鑑賞」第二号は第16回文学フリマin大阪でどどーんと頒布予定ですので皆さま何卒よろしくおねがいしますね!!!!!! 巧妙に宣伝に持って行けたぞヤッターーー! 部数が異常なのでさばききれない今から在庫をどこに置くか場所を心配してるわたしですよーーー!! ちゃんと自家通販も出来るからねーーーよろしくおねがいしまーーす!!

○数は多い程よいけど、質も大事です。
正直aikoの世に出てる作品なんて彼女の15分の1にも過ぎないんだろう。彼女には曲が書けなくなったらっていう強迫観念もあるようだし(ソースわすれた(こら)
もっともっともーっとリリースされればいいのにな、と思いながらも、aikoは一曲一曲を本当に大事にしている人でもあるなと思うので、一つ一つに時間をかけて発表してもいいよ、とも思います。昨今の曲濫発に意見するわけじゃないけど。昨今て。いつよ。でもほらaikoと同期の某なんとかさんとかなんとかさんはaikoよりシングルいっぱいだしてるわけじゃない。

○曲は人に届いて、人と共に完成するもの
この時期になると毎年恒例なんですが、こないだユーミンのY-MODEのSURF&SNOWの配信を見ていたのですが、そこのリクエストコーナーで、壇上に登ったお客さんが歌詞の解釈について話してて、作詞者のユーミンに問うていたのですがその時ユーミンは「歌詞は解釈次第だからねえ」「曲って言うのは、人に届いて完成するものだからねえ」と話してたんです。
第一号の序文ではテクスト論との絡みでやっぱユーミンについても触れてたし、aiko文学出す前にも現代の詠み人知らず云々とブログに書いたんですけどまさしくそうだなって。今日aikoの「新曲を作る時は何気ない事からスタートするんやけどみんなに届ける事が出来た時はもうすでに色んな想い出が更新されていてそれが何年も経つと、更にかけがえのない物になっています」っていうのを読んで、やっぱそうだよねー。と。
歌は世につれ、世は歌につれ、と言うよりは、歌は人につれ、人は歌につれ。な感じ。のような。
いやむしろ、人と同じかな。人の誕生と同じで最初出来た時は何もない、誰もの解釈によらない、そんなまっさらな曲が、世に出て、愛されて、認められていく。きっと「二時頃」も「瞳」も、こんなに大きな曲にはならなかったんじゃないだろうか。
人の数だけ、想いや思い出の数だけ「二時頃」の、「カブトムシ」の、「花火」の、「桜の時」の物語がある。私が今回取り上げる「れんげ畑」も「三国駅」も「ホーム」もそうですね。
私はこれからもっと年をとっていくけど、いいものも、悪いものも、悲しいものも経験していくけど、そういう想いをaikoの曲がくるんでくれるんだろう。解釈はどんどん変容していくんだろうなあ。
物語のきっかけは小さい。最初は些細なアイデアから。でも、大きなものに変わるのです。少なくとも私はそうだ。aikoもそうみたいだ。

○ところで
何でこの人また赤くしてんだよ!!! おまえ三倍速くなるんかよ!!!! どうやら最終形態みたいです。

明日だっけ明後日だっけ名古屋ですね~あっじにたんたまアリで巾着忘れないでね!!!(すごい私信)

あいこふぇぶらりー 【これが2013年一発目のあいこだ】

私は待っていたのよ…… aikoダイアリー2013というカテゴリの0が、1になるのを!!
というわけで皆さんお待ちかねのあいこだいあり~~だよぉ~~!! 実はこれが一発目であることに動揺を隠しきれない。1月の消失… こちらへ。 昨日はゲームしてたら寝落ちしました

○ニゲツ
にげつって… 自転車の二人乗り…?(それはニケツ)

○食われる
aikoが白いモフモフした何かに食われてるでございます。そうとしか見えなかった私の脳内って。でっかいわんこに頭からガブリいっちゃってるみたいな。かわい。

○ちょいーっす
ねーちゃんビールふたつ! って吹き出しつけそうな。パンフのプライベートあいこちゃんに採用されそうな。
ライブっていうのは、aikoもバンドメンバーもスタッフさんも、そしてお客さんであるうちらも、みんな一つで作っていくものですよね。すごいものです。コメントがわりとあっさりなのしか出来ないな… もっとこう熱いれて!(いきなり自己注釈いくない)

○傘がない
都会では自殺する若者が増えている 今朝来た新聞の片隅に書いていた だけども問題は今日の雨 傘がない……
じゃなくて。ライブグッズに傘ってあんまないよなーと思う。いや意外とあるもんなのかもしれんけど。未開封だから「押して!!」ボタン初めて見たやーつー あとお腹使ってしまうよね傘って。しかし買ったはいいものの、この派手な柄は絶対に外では使えないわー……ってなってる、少々aiko方面で老い始めているaikoクラスタおきあたまきです。でも私もaikoも雨女!イエー!雨がなんぼのもんじゃーい!弁当忘れても傘忘れるなじゃーい!! 日本一雨日数の多い都市、金沢です!

○わたしをスノボにつれてって
こいつまたサーフ&スノー最終日に苗場プリンスホテルに現れるに100aiko!! いやそうだったら困るケド。てか無理だよねライブのスケジュール的に。

あと3公演かあ~私もいきたい、たまアリいきたいたま。でも23日は大阪行ってるンだけどね…なま歌舞伎。だから24日とかもムリです。は~~今年はaikoにもう一度あえるだろうか? はあ~~~ でもライブがんばれ! そして私はそんなことに溜息ついてる余裕あるなら原稿やれ! aiko文学! はい、書きます…でも小説の方の原稿もだいじよ。