FC2ブログ

其時虚空に音楽聞こえ、花降り下る春の夜の、月に輝く乙女の袂、返々も面白や 【定例能かんそう】

すんごい久しぶりに「能楽」カテゴリかく! 去年は見にいったかどうかもあやしいなー…記憶してる限りはないんだな。6月の土蜘蛛にすごく行きたかったんだけどいけなかったのう
というわけで昨日は金沢能楽会の定例能に行ってきました。翁付き竹生島と熊野がメイン。どちらも百番に収録されてるし、何より見に行けるんだったら翁は貴重だし行った方がいいでしょーってことで。きちんと早寝早起きしていきました。準備ばっちりじゃん。でも行ってみるともう席が結構埋まっててあうう。開場、12時からだったのかーくそう迂闊だった。12時半からだとばかり。今度行く時はちゃんと12時からにしよう。といっても当日券だから、いい席には座っちゃいけないんだけどね。私は目つけ柱の前くらいに座りました。うん、この柱がなかったらいいのになあと思ってましたが、意外といい感じに見れる席でした。
翁付きってことだけどそんなに翁きちんとやるわけじゃないよね? と思ってタイムスケジュールを見ると結構やるんだなこれが! むしろフルだったと言えますでしょうか。これは僥倖。しかも翁開演中は入退場が出来ないと言う厳しい制約。まさにこれはお能というよりも「神事」 後ろの席にいた留学生らしき人が「ストーリーというよりはセレモニーなんですね」と言っていたのですがまさしく、と思いました。

○翁
そんな翁。私は見るのが二回目なためか以前見た時よりもちょっと余裕を持っていろいろ観察してはメモしていました。まず皆さんの服装。シテ方やワキ方さん以外はいつもそんなにきらびやか、ってわけじゃないと思うんですが、よく見てみると面箱持ち・翁・千載・三番叟の方々以外でも、地謡さんも拍子方さんもみんな綺麗な、まさしく晴れ着を着てたんですね。ああ、やっぱりこれは儀式なんだなと感じましたね。すべてが終わった後、翁や竹生島や熊野の展示を資料の見ていたのですがやっぱり何らかのお清めをしていたようです。さすが翁。気合が違います。
そうですね。人間が一時的にですが、舞台上のことですが、神様になるんですもの。
面をつける。それだけで瞬時に「神」になる。
それは全知全能の、何でも出来る、困難を解決してくれる神様とはまた違う神様。平和を幸せ祈り、天下を祝福する神様です。
人間は「何でも出来る」神様にはなれない。けれど、「祝福する神様」にはなれるんじゃないか。
もしかしたら、そういう神様こそが――私達を包んでくれる大いなる存在であるものが、人々が真に求める神様なのかなあ、いや、実は意外とそうなんじゃないかな? と思いました。本当に根拠はないけどね。あの白い、にこやかな微笑みを浮かばせる面をつけ舞う翁を見ていてそう感じました。
だって「何かをする」のはいつだって「それをする人」つまり人間なわけですよ。神様がかわりにしてくれるわけじゃない。神様はただ見守るだけだ。でも神様が見守ってくれるならきっと出来る、と「それをする側の人」が思うから、何かを成せるのではないかと……なんかまあ。はい。そういうことでひとつ。
私は目つけ柱の前くらいにいたのですが、そこは地謡座がよく見えるところで、面をつけたばかりの翁と思いっきり目があってしまい「お、翁さまが見てるっ…!!」とすごく緊張してしまいましたw なんだろう。ちょっと怖いような、それでいてなんだか、体がふわふわ浮かぶような感じがして。「幸せ」のような気もしますが、やっぱりちょっと怖いのか……こういうのを神に感じる「畏怖」というのかもしれません。白式尉も黒式尉もなんとなく目に見えない神様を具現化したような感じがしますね。
白式尉が舞って千載と共に退場した後、黒式尉が面箱持ちと問答した後舞うのですが、この舞が白式尉と比べると躍動感に満ち溢れダイナミックで見ていて面白いし、鼓もテンポアップしていて大変よろしい。こういう賑やかさが、「翁」のある意味本質なのかもしれないと思いました。舞ってるのは狂言方だけど。鈴も加わると一気に神事っぽくなりますね。
「ちゃらちゃららー」っていう笛の音がイイってメモしてあるんだけど、どんなテンポか書いてなくてわかんないよw 舞い終わった後どことなくやりきった笑顔を面が浮かべていたように見えたのは私の目の錯覚だったでしょうか……
静謐な白と荒ぶる黒。白はやさしいおじいちゃんって感じに見えて、黒はちょっと怖いおじいちゃんに感じに見える面です。でもどちらがいい、わるいではなくてどちらも神様。白い神様と黒い神様。二面性……一体ですね。陰陽といいますか。面の色も勿論白黒で違いますし衣装も白と黒で違いが歴然としています。白を舞うのはシテ方で黒を舞うのは狂言方、狂言も能には必ず必要。ってことを言っているような気がします。それは人々の幸せや喜びには“笑い”や“愉快”が必ずついているのだってことと同じかも。

○能「竹生島」
翁付き~~っていうのは翁を演じたシテがそのまま次の曲のシテにもなる形態のことで、神様をやったシテが次にいきなり武士とか女の人になってるとちょっとイメージが違うので必ず神様主役の脇能が演じられます。ということで竹生島です。これは龍神の曲で辰年の最初にやるにはとても相応しい作品ですね。さらに弁才天も出てくるのでとても綺麗で晴れやかです。
翁の興奮をいろいろメモしてふと顔を上げるといきなりなんかすごい作りものが舞台に出てて正直びびった。 後半ここから弁才天出てきます。船のつくりものとかも出てきて舞台の見た目的にも豪華です。ちょっとここらへんうとうとしてたんですけど、弁才天が登場した時はもう目が覚めました、ぱっちりと。だってすごく綺麗だったんですもの~~~月をかたどったように見える冠も藤色の衣も綺麗綺麗。ここの詞章が名文だったのでタイトルはここからとりました。あ、でも弁才天はあくまでツレ。シテじゃないです。
龍神が登場する前の音がテンポよくてちょうしびれる!!!「早笛」ってのかな? そして龍神デターーーー!!! ババーン あらぶりあらぶり出てきたり、力強い舞を披露したり、もうとにかく超かっこいいです。持ち物はワキに渡す珠、そして「人とは違う性質を持っている」ことを表す打ち杖持ってました。そんで頭には龍をのっけた冠。小鍛冶のシテとか胡蝶のシテもそうだけど神様とか精霊は自分の象徴をよく頭にのせてるよねw まあ目立つからだけどw ちょっとそこんとこ可愛いですよね。

○狂言「昆布柿」
翁→竹生島で結構いっぱいいっぱいだったのであんまり覚えてないというw でも「覚えきれない長い名前」というところに寿限無的な何かを感じましたw 「ちょっww おま長www」っていうツッコミを入れてるところがおかしかったです(^O^) 最後は踊り出して可愛かったw

○能「熊野」
翁と竹生島で~(略) はい、すみません。好きな曲ですが。このあいだ三島の「近代能楽集」のコレを読んだ所為でそっちのイメージが先行してしまった… 動きの少ない道行文とか眠くなっちゃいそうですね>< 私はいろいろ手を動かしていたので、幸い見れたのですが…
舞うけれども、母を心配して心ここにあらず…という静かな舞。心情が籠っているなあ… 「音はあらしの花の雪」の「花の雪」って表現がすごくいいなと思ったり。和歌で人の心を動かしたっていう話はほかにもいろいろあるけど(しかしいまいち思い出せない…何かあったっけ。おしえて~)古今和歌集の序で紀貫之が書いたように「鬼神も動かす」 いわんや人間をや! お母さんの元へ急ぐ熊野にほろっと涙してしまいます。

良いもの見れました~~満足ですっ^^
今年は別会能に、おそらく披き…初演でしょう、「道成寺」があるので本当ならぜひ見に行きたい!道成寺は能好きなら絶対みておきたい!のですが別会能はチケットが高いの~。゚(゚^o^゚)゚。 定例で道成寺とかやりませんか…(´;ω;`)?
冬の観能の夕べは寄席と被っちゃうので多分いかないかな… 夏は多分一回は行きますよ~演目楽しみ(^O^)

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

new entry
category
search
profile

たまき

Author:たまき
aikoは人生です
すみか:石川金沢出身在住
やってたがくもん:日本文学系近代寄り
うまれ:みなづき せいざ:ふたご

おもなしゅみ:小説書くこと。何かしら不思議なことが起こる恋愛系のお話をよく書く。のびのびやっていきます。小説は死ぬまで書き続けたい。
作品は当方HPたまくしげにて掲載中。お気軽にご訪問をば。

○ブログ名について
歴史的仮名遣いなので読みは「たまき“わ”る」です。「命」「世」などにかかる枕詞(魂極る・玉刻る等)と、建春門院中納言日記の別名から取りました。ヘッダーの和歌も中納言日記からです。でも読んだことはありません。申し訳ない。

○ブログコメント・拍手について
2017年からは極力コメント欄を閉じさせていただいております(忘れてる場合もあります) ご了承ください。
無駄に長くやっているブログなので、かなり前の記事に対するコメントには基本返信を致しかねるます。こちらもご了承ください。
拍手のコメントも確認しておりませんが、押していただくと励みになります。
何かありましたらTwitterのDMでお願いします。

○aikoに関する嗜好
好き曲:スター
好きアルバム:夢の中のまっすぐな道
ファンサイト:愛子抄
歌詞研究とかライブレポとか曲ソートとか。のんびりきまま。

○aiko関係のネタバレについて
コメントやブログ拍手等でツアーのセトリや演出等のネタバレなどは本当にやめてください。セトリ知らないでライブを楽しむのが生涯の楽しみと言っても過言ではないので…何卒よろしくお願いいたします。

○わたしほいほい:aiko・八犬伝・漱石・鏡花・ピングー・きつね・新選組・アリス・三国志・戦国・星座・お能・落語・その他日本文学、小説ネタ・乙女ゲーなど

ぷろふ○くわしいけどどうでもいい
ぴくしぶ○絵は専門じゃありません
ついった○適当なことぬかしてます
たんぶら○ぺたぺたころころ

○小説と八犬伝とaikoのさいと
たまくしげ
八匹の犬より愛をこめて(「たまくしげ」に飛びます)
愛子抄

○うたプリ二次創作のテキストはぴくしぶに
pixivbannner.jpg
いまはやってません


NINJA TOOLS

link
love is
どれか一つでもぴぴっときたらあなたは私といい酒が飲める人

BABY aiko BABY aiko BABY aiko

文学同盟こころ同盟 STOP!文学のカラオケ化STOP!文学のカラオケ化
文豪同盟

八犬伝ふぁん倶楽部

「浮雲亭物語」応援中

好きな&応援してる&期待してる&気になる等のゲーム。Nitro+・ライアーソフト・暁worksはアダルトオンリーです。
カエル畑DEつかまえて☆彡 応援中! カエル畑DEつかまえて・夏 千木良参戦! 応援中! 死神と少女 応援中! 神さまと恋ゴコロ 応援中! 月影の鎖 応援中! 夏空のモノローグ応援中 夏空のモノローグportable応援中! TAKUYO「ソラユメ」応援中! TAKUYO「パニックパレット」応援中!

nitro+ 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! SkyFish最新作『九十九の奏~欠け月の夜想曲~』を応援しています!! SkyFish最新作『九十九の奏~欠け月の夜想曲~』を応援しています!!

ライアーソフト・紫影のソナーニル応援中! ライアーソフト・スチームパンクフルボイスリメイク! スチームパンクシリーズポータルサイト ライアーソフト・黄雷のガクトゥーン応援中! ライアーソフト・黄雷のガクトゥーンFD SHINING NIGHT応援中!

死神と少女 応援中!

スチームパンクシリーズポータルサイト



たまぶら図書館出張版
たまきのブクログの一部。