守るべきは光だけ、と ~ 安藤裕子・2012 ACOUSTIC LIVE 【金沢公演・ライブレポ】
2012/10/15(Mon)
本当はもうちょっと時間たってからライブレポ書こうかな~と思ったんですが、いろいろ予定がつまっちゃってるもので、またしてもプチな感じになりますが、書きます。安藤裕子ねえやんのアコースティックライブにいってきました*

かわいい!
今回の相方はわがaikoクラスタの最古層フォロワーであるあでりーむさん。チケット郵送ありがとうございます~(^O^) てゆかファンクラブチケットすごくかわいい! ちょっとテレタビーズ思い出す。
もともとは去年のライブだったんですけど、ねえやん妊娠の為中止になってしまったのです。行きたかったけど行けなくて、でも中止になったからじゃあ次に来る時は行こうかな…と思っていたらあでりーむさんが誘ってくれました♪

会場は北陸学院の栄光館というところでして。金沢の人ならミッションで通じると思いますが、栄光館は礼拝堂に当たるところですね。むか~し、小学生のころだったと思うけど、姉がミッション出身でして(けど姉はプロテスタントじゃなくてカトリックですけど)その関係でクリスマスにミサに行った覚えが。あるような。あるんですけど時期ははっきりしないし、場所もどこなのか内装もどんなんか忘れていると言う体たらく! ふつうこういう音楽会といいますかライブはあんまりやらないんじゃないかしら? 貸出はしてるだろうけど。
なので入った時は本当歓声を上げてしまいました。礼拝堂!って感じで。パイプオルガンもあるし。でも十字架がなかったのは姉曰くプロテスタントだかららしいです。わたしは前から2~3列目で真ん中くらいでねえやんもばっちり視界の真ん中に収めてました。
お手洗いに行く時、宗教部(姉の時代は宗教委員会だったみたいだけど)が書いてる黒板に、震災や災害で苦しんでいる人達を救ってくださいっていうお祈りの言葉が書かれてて、ああなんか、ここでは普通に神への信仰が息づいているんだなあって感じました。軽く泣きそうになったねー まあこれはライブ関係ないけど、裕子ねえやんの曲にもどこか通じるものがあるような気がしまして。

ライブ始まる前は御本人による注意アナウンスが流れたんですが超絶ゆるかったですw 「御了承下さい」を噛んでるw なんかこうものすごく和やかになりました…! ご本人様どういう方かあんまりわからないものでね…! 実はちょっとびくびくしてたのだよ…


では以下つづきに。




立派なパイプオルガンがありますが今回はただの飾りです。
ステージにはピアノ! アコースティックって勝手にギターなイメージしかなくて、ピアノがあってうれしや。ステージ小さいし、キャパも狭いから本当にこじんまりとした感じだなって思いました。内輪向け発表会のようなw 雰囲気としてはちょっとシアター21に近い感じかな、21世紀美術館の。

開演時間10分後くらいに場内の明かりが薄くなってステージライトアップ! ギターの山本タカシさんとねえやん、そしてピアノの山本隆二さんが出て参りました。わー!ねえやん素敵ー!といってもあんまり衣装をきちんと覚えてないけどw 青いタイツだったのがすごく印象的でしたね。それから黒いショールかな? 赤いタンブラー持ってた。
挨拶がわりにさっそく一曲目に行くのです。


1・勘違い
最新アルバムの一曲目から~。タイトルチューンだ。最初のかすれるような声高い。今回は全体的に高めな声だなーと思ってました。低い時にあ、低いなって思ったり。勘違いは自分の中では悪い意味じゃないってインタビューとかで言ってたけど歌詞見る限りはちょっとどころかかなり鬱だなーって思ったり。空を掠めたのは飛行機雲じゃないってどういうことなんだろうな…

2・私は雨の日の夕暮れみたいだ
一曲目続きなのか?とイントロのピアノが段々大きくなってくにつれて、あ!あの曲だ!って気付いてからちょと思った。勉強不足ゆえJAPANESE POPはちょっと曲名が混同してしまってマミーオーケストラかと思ったけどw 私は雨の日の~ですね。長いタイトル好きです。Aメロのメロディラインが実に好みです。「夜に月は咲いた朝に陽は沈んだ花は咲き乱れ夜に泣いた」のとこね、ここ歌詞もうつくしい。


MC
「こんにちは~」
\こんばんは~/
「(ハッ)……こんばんは(照)」
と、注意アナウンスのテンションをそのまま継続してるというかあれが素なんだなと言う感じのねえやん御挨拶。自分の中の勝手な印象ですが歌声通りの方といいますか感触で言うなら「つるり」とした方で、100%オーガニック、自然素材な方だなあと。
学校という特殊なところでのライブ。生徒の方いますか?と訊きましたがいなかった模様。。。わたしは姉が卒業生なだけなので、恥ずかしいので挙手はしませんでしたがw 「なんか不思議な校舎ですね…」ってそうなの??って感じでした。話聞いたら中高一貫みたいな感じ(というか一貫?)で高校と中学がくっついてるんですね。しかし校舎自体がどんなものかは全く知らないのである…
本番前はトイレに行って精神統一するねえやんなんですが、学校のトイレなわけで、廊下がまっくらで怖かったそうですw PAのお姉さんも「おばけでるよ~?ついていこうか~?」って言ったそうでw そらそーだよ夜の学校って多分この世で一番怖いところだよ…(おおげさ) トイレなんて一番異次元に近いじゃん…?? ごろごろしてるじゃん怖い話、学怖の細田じゃん…??? とめっちゃ思ってたw こわいわ~行きたくないわ~
そんなわけでめっちゃ怖くて精神統一どころじゃなかったというw 「なんか誰かがいる気がして…」って言ってたけどねえやん霊感ありそうだな…
そんで、うたへ。


3・愛の日
「いろいろなことを不安に思う日々」って歌いだしがすごく印象的だわ…と思っている曲。歌詞みると句読点とかも入ってるし。

4・シャボンボウル
すごく好きな曲なのになかなかタイトルを思い出せなかったはがゆい。どんどん流れてお空へ… はかない。

5・忘れものの森
一番好きな曲来てくれてうれしいー!まあでも一聴してアコースティックライブ向けだなあと思ってたのできっとやるだろうなあって思ってた。この曲はねえやんを沢山聴いてた頃に特に集中して聴いてた曲で、当時書いてた小説とあまりにも内容がリンクするので一人で勝手にうわああ!って思ってた曲でもあります。まあその小説はあんまり好きじゃない話(読んでて苦しくなるということは自分も苦しんで書いてた話なわけで)で公開してないんですけど…
「未来がもしもの呪縛に囚われ/足を止めていた/でも生きていたいの/誰かに伝えていたいの」がもうホント当時でも今でも自分にドンピシャなので…聴けてよかったですわ…


えむしい。
金沢はごはんがおいしいところベスト3に入る土地だというのに。ねえやん緊張してお腹壊しちゃった(´・x・`) というお話。ところで金沢の人はどのくらいいるのだろう? となりまして。何でもこないだの広島尾道のライブでは島根の人と岡山の人がほとんどで肝心の広島の方があんまりいなかったっていうw それは衝撃的だw
で、金沢の人挙手だったんですけど……あれ、ちょと少ない…いや結構少ない…!? 遠征してきた方が多い感じで。富山、福井、新潟…「三重は無いでしょ!」ってな感じで山本タカシさんと言い合ってたw 最終日だからか埼玉とか東京とかって方も。ちなみにあでりーむさんは群馬。
金沢だけに限定したらだめだ、石川全土で……調査してもそんなにいなかったw おかしい石川ねえやんクラスタはもっといるはずだ…(勝手な思い込み) てかねえやん「あっ金沢県じゃないですよね」ってww やめて金沢県ってすごく嫌だからわたしはw
はい、歌へいきます…… 笑ってるお客さんに対して「笑いごとじゃない(`・ω・´)シャキーン」って返してるねえやんかわゆすw


6・あなたと私にできる事
この曲は女の子の方が攻めな姿勢だからかわゆくて好きです。掌の上で転がしたくてぶーたれてる感じがw この曲も最初に聴いた時から好き。耳によく馴染むといいますか。


突然のリクエストコーナーだ!
どういう制度で指名するかいろいろ決めていたのだけどなんかちゃんと決まってないっていうgdgd感w 指名するのはギターの山本ケンジさんとピアノのもっさんさん。挙手制でアピールしてくださいっていう。誕生日です!とか朝まで飲んでました!とか妊娠中です!とかいろいろ出ましたw 私は当たった人が自分の好きな曲リクエストしてくれればそれでいいや~って感じでw ゆるいです。
まずは「地平線まで」の方が当たりました。

7・地平線まで(リクエスト・ワンコーラス)
震災のチャリティーCDになってたから、お手洗い行った時に見たあのお祈りの黒板のことを思い出したりしてました。

続いては先程スルーされた妊婦の方に当たりました。が、「ドラえもんです!」「ジャイアンもやります!」っていう主張の方がw「のび太です!」もあったけどw 「さいたまからきました!」「わたしもです!」っていう謎の連係プレーもあったり面白w ドラの方はものまねをしてくれたんだけどねえやん曰く「どうしよう全然似てない…」 しんらつww

8・はじまりの唄(リクエスト・ワンコーラス)
妊婦さんがリクエストしたってことで歌詞を読んでみると、身内で誰か亡くなった方でもいるのかな…と思ってしまう。命を繋ぐことについて、なんとなく考えてしまいますね…


そしてうた再開です。


9・Slow Tempo Magic
今回のセトリの中では一番ろっく(?)な感じなイメエジ。ここから曲とタイトルが一致しないのが増えてきて混乱しましたっ

10・SUCRE HECACHA
私もあでりーむさんもまずタイトルが「読めない」って言う見解の曲w 検索したら「スクレ・ヘカチャ」って読むらしいです。意味はないみたいだけどw なんかDir en greyのVINUSHKAみたいだな… 好きな曲なんですが何て読むかわからなかったから歯がゆかったのぜw

11・Summer
ちょうど前日にタイトルと曲を照らし合わしてた曲きたー 夏が始まるって歌ってる曲だけどもう夏帰っちゃったよ…! Aメロ冒頭のアルファベットに何か意味はあるのだろうか……

12・それから
勘違い中心のセトリになるのかな…?と思って勘違いをメインに聴いてたのですがそうでもなかったので、でも何か一曲くらい来て欲しいなと思ってたのでうれしや。ちょっと秋っぽい曲だなって勝手に思ってます。特に根拠もなしに。


間に挟むようなちょこっとだけのMC。あんまり覚えてなくて、今日が最終日で…って話してたかな? もう最後になるんですけどね、って歌いだしたはず。


13・のうぜんかつら
たぶんリプライズの方。ライブセトリのプレイリスト作ったんですけどそれはリプライズいれてあります。のうぜんかつらはおばあちゃんの詩だったか手紙だったかに着想を得て作られたってどっかで読んだんですけど… だからこの曲を聴くと老夫婦の曲って思ってしまいます。長い間想い続けた人への歌というか。それとのうぜんかつらは最近になって名前と花の外見が一致しましてね…(花の名前にめちゃくちゃ疎い)

14・海原の月
きたーあ! この曲7分くらいもある大作なんですがすごく好きですね…たぶん忘れものの森・再生・海原の月って感じですかね、ベスト3は。この曲は死んでいく恋人視点の歌のような気がしてほろほろっと来てしまいました… やっと想いが通じたのにもうお別れ、みたいな設定だとなおつらい…うっうっ

15・聖者の行進
これもまた、一般的な「聖者」のことについて考えながら聴いてました。あのお祈りの言葉とか、左側にかかってたイエスの絵とか、場所的にすごく合ってる曲だったので。「歪んだ世界に身を焦がされても」ってとこでは、ジャンヌダルクを思い出したりしてました。「守るべきは光だけ、と」という今回の記事タイトルはこの曲からなんですが、この辺りも信仰に身を捧げる聖者を思わせるなあなんて…
この時はねえやんイスから立って靴脱いで裸足で歌ってたんですがこの歌い方がすごくパワフルでした。ヘドバンじゃないよ体全体でバンしてる(謎) それまでずっと大人しい感じだったのでちょっとびっくりでした。




そして、アンコールへ。
うたに入る前、ねえやんによるグッズ紹介というか宣伝。つかねえやん色々着こみ過ぎw パーカー、シャツワンピ、バッグ、夜星ゴム。。。「私達旅芸人はこれを売ったお金でごはんをたべてますので…」と言う切実な宣伝にふいたw いや事実そうなんでしょうけどw 買えなくてごめんなさい…(´・ω・`) サイのTシャツは本当は「ライノ」だけど「間違えてRINOって書いちゃったのでリノになりました…」ってw 直さなかったww こういうの好きですよww


EN・1 夜と星の足跡 3つの提示
この曲がある意味ねえやん聴くきっかけだった。フォロワーさんにアマチュアイラストレーターのかざあなさんと言う方がいらっしゃるのですが、その方が沢山ねえやんの曲でイラストを描いてて、まだねえやんのその曲聴いたことなかったのにそのイラストにすごく惹かれて、前からお薦めもされてるし、ねえやん聴いてみよう、って思ったんだな。
ちなみにこの絵です↓

なのでこれがアンコール一曲目にきてなんか嬉しかったです。
「私がいるとあなたを疑ってしまうかもしれない」や「あなたがいると私はいつか疑ってしまうかもしれない」とか結構ぎしりぎしりとした曲ですが、「晴れた夜に星まみれたら」ってサビがとても好きだし、歌詞にないアウトロのメロディも好きだ。

EN2・good bye
最後の曲は未発表曲の「good bye」
ここ近年いろんなことがあって、自分はずっと生きていると言う妙な自信もなくなってきて、、、ちょっとMCの内容がうろ覚えで中途半端な文章になりましたが、そんなねえやんが作った曲。ちょっと南国風だな、と思いました。元ちとせさんが歌ってそうな感じ…あるいは和風鎮魂歌な感じ、でしょうか。わたしはそんな印象でした。
CDで出るかなあ。音源化期待してます。



終演後アナウンスはギター山本さん。こじんまりとしたライブでそれにふさわしいこじんまりとした終わり方だな~と思いました。もちろんいい意味で。アンケート外で書いてる人、明かりが乏し過ぎるw と思ったw
贅沢な時間でした。はじめてのねえやんだし、距離近いし、それに場所的にも、栄光館ってなかなか入れないところだし、場所柄上、神聖なところだし、ねえやんの歌唱も何となく“祈り”のように聴こえました。というか、元から通じるところがちょこちょこあるんじゃないかなっておもってる。キリスト教教義的なものと。
ところでねえやんがよく口にしていたジャムみたいなものは何なんだろう…(・ω・)気になる。むしろあれを売ってくれw


とゆわけでこじんまりとしたレポでした* あでりーむさんこの度はお誘いいただきありがとうございました^^ またライブ御一緒しましょう~~

次のライブ予定は…お待ちかね、谷山浩子さんですぜ、大阪いきますえー
この記事のURL | 音楽全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<白鷺のように 【三文豪の映画】 | メイン | はじまりのものがたり 【まどか前編ぷち感想】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3350-62d14679

| メイン |