作家に会うことはなかなかないのではと 【文芸ざっき】
2012/10/25(Thu)
ざっきはざっきでも文芸よりなので文芸カテゴリに。

ミュージシャンとか歌手ならライブがあるから比較的簡単に生で見ることが出来る(チケットが手に入るかどうかはともかく) 役者さんも、演劇で活動されてる方ならいける。声優さんは結構イベントとかあるし、これも生で見やすい人達なのではないかなと。落語家さんは、これは生で見なきゃ意味がないような人達だし一番簡単ですね。寄席の出番調べれば代理じゃない限り見れますね。喬太郎さんでも一之輔さんでも。
で、そういう一つの才能をもって活躍されてる“タレント”と呼ばれている特殊技能の人々の中で一番表に出てこなさそうなのが「作家」ではないかと思うのです。

よう考えたら私、好きなものは読書だけど好きな作家にあったことなんぞない。というか私の好きな作家6人中2人が故人だしな(漱石・鏡花) 春樹はネット上での意見のやりとりは結構見るけどめったに表に出てこないし、ばななさんは雑誌とかには出るけどイベントに出るかと言われるとウーンだし、もりみーはなんか半ば覆面作家的な趣があるし、おそらく逢う機会はナイ。
でも私の好きな作家先生陣に一人だけ、とみにタレントのような方がいらっしゃる。
誰か。京極夏彦御大である。

そして。そして、そしてそしてそして!!! このたび私、その生京極を拝めることとあいなったナリ!!
デデーーーン!! このハガキを見よ!
生京極!
もはや金沢の観光資源と言っても過言ではない鏡花の朗読&トークイベント!! 東雅夫さんとの共演ですよ! ていうか朗読ですかッ! 京極と言えば朗読だもんねウボオオー!
京極なんて金沢にはもったいないくらいビッグな作家だよ、絶対抽選倍率高いよ、あ~こりゃ当たらないかな、、、と思ってたら当たりましたー^^! この葉書受け取ったのは姉なんですけど姉も自分のことのようにすごい喜んでくれました、ありがとう^^!

そんなわけで3日は生京極先生を見てしっかり創作脳を刺激させてこようと思います。ふわ~どきどきするなあ。ところで京極せんせい八犬伝書くのいつなのー? ちなみに次の日の4日は鏡花の誕生日で東雅夫さんによる金沢鏡花巡りツアーがあったりするんですが、わたくし谷山浩子さんの40周年記念コンサートのため大阪に行ってますのでなくなく見送り…11月はこのイベントから谷山さんのコンサートから文学フリマからaikoの誕生日からなんやらかんやらい~っぱいありすぎてすごく楽しみ! まあ読書は八犬伝読書が今熱いのだけど。そは次の巻を解分くるを見てしらーん!
この記事のURL | 文芸・文学・読書 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<残念!生きてました~! 【八犬士における改名】 | メイン | 絶望じゃないよ、希望の物語だよ、ほむらちゃん 【まどか後編見てきた】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3361-05051ad7

| メイン |