来年もよき執筆を。 / もうすぐ五周年のようです 【たまくしげ更新ざっき】
2012/12/29(Sat)
ブログとしては一日空いてしまいましたがここはたまくしげ更新ざっき。ちょっと、きれいめの文章で。
小説の自家通販のおしらせから大分時間が経ってしまいました。年の瀬もせまりに迫ってきていますがいかがお過ごしでしょうか、たまくしげとたまきはるの中の人たまきです。ようやくワガマホの続きを掲載出来ました~遅いっ!
たまくしげ

○連載長編『吾輩は魔法使い』はじまりのまほう・2掲載しました
大変遅くなったのにこれっぽちですかー、と言われそうな分量で申し訳ないです。でも加筆修正した部分が結構ありまして載せる直前でも書き足したところがあったりするのです。特に三四郎が美禰子に名前を教えるところ、こんな重要なところ地の文ですませるとは何事だ!けしからん!となったり。
この小説のこの章を書いてたのはそれこそたまくしげが出来てすぐの08年1月くらいのことだったのですが、ええともう四年前ですね。もうすぐ来年なんで五年前になっちゃいますが。まー文章が、それなりに読めなくはないけど今の私からしたらもっとこう!こう!と思わず手をワナワナさせちゃうくらい描写があまいなあ~と思わせるところが多く、ついつい加筆修正にやっきになります。だからワガマホに限らず昔の小説で載せてない作品があってもすぐ載せられないなあ…

でもそんな昔の作品もいまだに掲載されているわがサイトたまくしげですが、来る2013年1月1日に5周年を迎えます。わっ、5周年! ということは少なくともプリパレは5年前の文章と言うことになりますが実を言うと7年前の文章なんですけどね…!
いつまでも盟友あをだま嬢の描いてくれたきつね姫をバナーとヘッダーにしておくのもアレだなぁと思いましたので、元日に出来るかどうかはひたすら微妙ですが自分の絵でバナーとヘッダー新調したいと思います 原画を書いたのはもう二ヶ月くらい前でずっと放置してますが……しかも掲載されてない小説の主人公の絵だったりするのでどういうことなの状態。10年に書き始めて凍結してる落語小説の主人公なんですけど…でも可愛く描けたんですけど… いえ、いえ最初はオリジナルの女の子を描こうと思ったらいつのまにか…



五周年のことには触れてるのによき執筆を、には触れてない。
私事になりますが最近「小説を書く」ということにものすごく救われた自分がいました。私の基本スタイルとして、小説なんてウソッパチ、幻想に過ぎない、本当はすごく意味のないものだ、虚しいものだ、という思いがあります。どこを境にそう思うようになったかはよく覚えていないんですが、いつのまにかそう思うようになっていました。結局は嘘に過ぎない、と。だから自分のやってることって虚しいなあとよく思ったりします。それと、ビジュアルにはどうしても負けると思うので小説は漫画やイラストより劣るとも思っています。私が二次創作に限界を感じた一因がそこにはあります。だから小説ってすごく損な表現方法だと思いますし今でも思っています。
でも書いている時には私が書くもの全てが本物になるのです。虚のはずが実になる。それは読んでいる時もそうだと思います。もう二度と会えない人、二度と見られない景色、二度と味わえない感情、そういうものが不思議なことに書く時には甦るのです。まるで魔法みたいに。
あまりの突然の別れや悲しみに、もうどうすることも出来ないと言うか全くわからなくて、わからなくて、そんな私が何をしていたかと言うと小説を書いていました。ほとんど無意識のうちに私はポメラに文章を綴っていました。綴らざるを得ない。そういう静かな衝動が茫洋とした私をゆっくりと動かしました。そしていろいろあって、それを書きあげたことで少し、精神の調節が取れた自分がいました。今まで自分が書いてきた小説がそうではなかった、と言うわけではないですが、小説を書く、という行為がこんなにも自分をしっかり立たせてくれるものなのだと、かなりの現実感を伴ってようやく得度いたしました。
いつも年の終わりには同じこと書いてると思うのですが、やっぱり私は、「小説を書く」というなりわいを、ずっとずっと手放したくないと思ってます。
だから来年もよき執筆を、よき作品を、発表していけるように、遅筆でもしっかり書いていけるよう努力したいと思います。来年もまた文学フリマに参加したい所存でもあります。今は春の大阪文フリの原稿のためにいろいろ調べもの中。でも秋の文フリにいけるかどうかはちょっとわからないのですが。。。あと出来ればコミティアも参加してみたいなあ、とちょっと思っております。もちろんオンラインの方が基本になると思いますけどね。
ですがおしごとの方が忙しくなると思うので長い目で見れば縮小傾向にあるかもしれないですが… そうですね執筆も、毎日、とは言い難くなってますし。去年は仕事をやめていたので時間があったからばりばり執筆してた方だったんですが、仕事を再開すると仕事もそうですが他の趣味やどうしてもやらなきゃいけないことなどと折り合いをつけなくちゃいけなくなってきて……うう、執筆への操を立てたい。

でも去年に比べて前半時間があった分短編アップ数としたら去年より多いし、初めて小説の同人誌も(オンデマ印刷ながら)ちゃんとしたのを作れたしよきかなよきかな。かな?と思います。自家通販受け付けしてます!宣伝。プリパレもやっと完結させることが出来ましたし。プリパレといえば今の創作のメインは八犬伝なのですが、小説もそろそろ五作品目くらいになるのでぼちぼちたまくしげ内に小説ページをこさえたいと思います。
それと去年書いた通り自分内ブームがようやく落ち着いたので二次創作は(実はフォルダ内に書きかけを一作残しながらも)多分当分書かないと思われます。およそ一年とても楽しかったし初めて小説アンソロなるものに参加させていただいたりしてすごく嬉しかったです。ですけども同時にとても苦しみました。書けなくなった、に近いと思います。あんまり言うとあれなのですが二次創作界隈の閉鎖的な人間関係があんまり好きじゃなかったのかもしれないです。それと、あんまり人を信用できなくなりました。浮かれた自分が馬鹿だなあと思います。小説や執筆以外のところで、そういうところを気にしてやめてしまうっていうのは何とも後味悪いなあと思いながらも分析する限りではそんな感じです。所詮は小心者です。出来たらぴくしぶ小説全部削除してしまいたい気もするのですがちょっと勿体ない気がしてそのままです。倉庫がわりとしてのサイトを作る予定もあったのですが。
折しも八犬伝読了後の八犬伝ブームに、執筆への意欲も熱中することもすっかり取って代わったような感じです。やっぱり自分、オリジナルが、一次創作が好きですわ。八犬伝は古典なので本当の意味で一次創作とは言い難いですが、私の八犬伝解釈を小説にするみたいな感じなのでもはや一次みたいなものです これはこないだの更新りれきでも書きましたがこっからここまで、という区切りを決めてその中の最後の話をもって完結という形にしたい&ついでに本という形で頒布したいのでなるべく頑張っていこうと思います。八犬伝ものは未完だったり打ち切りが多かったりするのでね…せめて私はくじけないようにがんばる…絶対に諦めない

なにやらぶつくさ書いてきましたが、大した訪問者数ではありませんが(あんまり気にしてない…)5周年を迎えるたまくしげ、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。それではこの更新りれき2012はここまで。皆さまよいお年を。
この記事のURL | 更新履歴&小説執筆&創作 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オレンジ色は南総の色 【八犬伝ぺえじ更新りれき】 | メイン | あるてぃめーーー! 【ざっきーー!】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3446-04c9979b

| メイン |