夕焼けの空は君たちの血の色 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき】
2013/01/06(Sun)
不思議だ……最近は八犬士の絵ばかり描いてたのに更新した内容見てみると伏姫とか玉梓とかばっかりだ… どうも八犬伝ぺえじ更新のことです。たまくしげからお入りください。

・新八犬伝DVD見ながらの感想らくがき&八房を食べよう upしました
前者の直球なタイトルもう少しどうにかならなかったのか私…タイトルセンスがないのは今に始まった話じゃないので仕方ないです。なんちゃって… 八房を食べように至ってはタイトルが出オチ… 前者は12月の15か16に描いたものなんですが八房を食べ用は結構前の絵でページ作りたいな~と思いながらなかなか機会を得られなくて作ってなかったんですが、感想のらくがきとセットにしちゃおうと思いまして。で新八犬伝は八犬士の活躍の映像が残されておらず全部に出てるのが玉梓が怨霊、あとゝ大様と伏姫が目立ってる態なのでどうしても玉梓伏姫の二人になっちゃうよねー…ねー… 犬士の絵も描いてるよお!!? ゝ大様キャラデザ出来てなくてごめんだわ。そろそろ作らないと申し訳ない。
次は劇場版DVDを見るよたのしみです。記事タイトルはぺーじにも載せましたが新八犬伝ED「夕焼けの空」より。ほんと感動する歌詞。

・リンク二件追加しました&ちょっと整理。
伊井暇幻氏の海南人文研究室とCarinaさんの新八犬伝をもう一度見ようよ!を追加しました。伊井暇幻氏はもう本当にすごい…しか出てこないので若輩者の私が何を言うたところでって感じです 新八犬伝をもう一度見ようよ!さんはこちらのページの力があってこそのDVD化だったと言えますし伝説の名作人形劇のかつての人気ぶりや素晴らしさを現代の私達でも感じることが出来るとてもいい情報ページと思っております、今度リンクの連絡もしよう。それとちょっとリンク整理です。

本当にネタの絵だけあって更新がままならないです。スキャンするのも時間かかるゆえ… そうそう12月の末日は日付がはっきりしないけど毛野ちゃんの誕生日だったのにちゃんとした絵が描けなくて申し訳なかった。年末だからね…一応誕生日絵のつもりで描いたケープ着た毛野ちゃんはついぴくに載せました。そのうちろぐ入り。

さいきんの八犬伝は、
・角川八犬伝を元旦に見た。面白かった!そのうち感想こさえる
・東映昭和29年版八犬傳を2日と3日に見た。すごく面白かった!これはソフト自体貴重ですね。感想こさえます。
・あべ美幸八犬異聞新刊読んだ。面白かった!やっと既刊全部読んだのでそのうちまとめる。

面白かった!ってオイオイすんげー頭悪い感想だな… まあ一言で済ませるとこんな感じじゃないかしら…? ちゃんとそれぞれまとめようと思ってます。異聞は昨日からというか今日の深夜から本放送始まってますね。私はBS11組なのですがgleeの放送と被る&gleeの方が実況してる人多いのでハッシュタグ面白いって理由からgleeを取ってるので異聞は録画です。そしたら11時半からはグレンラガンの再放送なのですがグレラガ前からちょっと気になってたので一緒に録画します。昨日第一話Aパート前半途中から見たけどこりゃあ私好きなアニメだぞと確信してしまった。シモンと信乃、中の人どちらも同じ柿原さんなので柿原さん好きはきっと続けてみるんですよねえ

伏DVD初回版予約からの伏金沢上映きたこれであらぶっちゃってポチッちゃったーん
まだ持ってなかったのです、白井訳八犬伝だよー
厚かった
さっき届いた… 意外と厚かった! 姑獲鳥の夏くらいあるんじゃないか? でも文字が大きいのでそんなに読むのは苦痛では無さそう。ところで眠いのと尾籠な話ですが生理で体だるかったのでパラパラ読むのもよそうと思ったんですがそれでも開いたところは玉梓裁きのところでしたほんと玉梓厨だな乙。これ玉梓くどきって言ってもいいと思う。
突然ですがそろそろ八犬士キャスト表を載せたいです。ではこの辺で。
この記事のURL | 八犬伝 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<こういうクリアファイルは好きっ | メイン | 伏 金沢上映まってたー! 【コメント返信してます~】>>
コメント
- 新年のご挨拶 -
あけましておめでとうございます。
新年のご挨拶が遅れまして申し訳ありません。
今年も「八犬伝」に燃えて萌えていきましょう。

ついに「八犬伝 ~東方八犬異聞~」がTV放映アニメとなり
深夜枠にも関わらずリアルタイムで見てしまいそうです。
絵が綺麗でもアニメでの動き方や、ドラマCDとは異なる
声優さん達にどうなることやらと思っていたのですが、
どうやら杞憂に終わりそうです。
…良かった。

たまき様のブログ記事でも書かれていらっしゃいますが
パチスロからの「龍玉八犬伝」がなかなかの気合の入れよう
で、どうせならこちらもゲームなり、OVAなりと出して
いただいて、音楽CDも出して欲しいものだと思ってます。

一昨年の「神人八犬伝」もキャラ的にはツボ入りでしたので
この時も「…なんでパチスロなのか!!せめてゲームで!!」
と思ったものでした。

去年、今年と「八犬伝」が東宝、東映、での舞台となり
出演予定の俳優さんも、特撮系の方々が多い為、雑誌で
ミニ特集が組まれるなど嬉しい出来事が続いています。

「テニミュ」「忍ミュ」風の盛り上がりまではまだ
遠いようですが、「三国志オンリー」「新撰組オンリー」など
いつかイベントにて「八犬伝オンリー」が企画されないかと
思ってやまない今年の正月休みでした。

「忍たま」は入り込むと恐ろしいジャンルでしたので、
私もまだ深入りはしないようにしています。
山田風太郎作品の忍者小説からの派生のような感じで
読んでいます。ただ、アニメだけでは無く、原作漫画にまで
手を出してしまうと、「キャラ萌え」が出てきてしまい…。

ブログ巡りが遅い方ですが、八犬伝語りはいつも興味深く
別視点の見方って面白いなと思いながら読ませて頂いてます。

なにはともあれ、今年も宜しくお願いいたします。花夜
2013/01/08 21:36  | URL | 花夜 #03HLqWOM[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3462-e80bdb96

| メイン |