残念だったな私は創作八犬伝だよ 【八犬伝ざっき+コメント返信】
2013/01/17(Thu)
花夜さん運営の八犬伝ブログ・ガトゥハロゥさん訪問したらトップの記事読んでびっくり えっプチオンリー!?ガタガタッ
その後異常な緊張に見舞われたものの、プチオンリー公式サイトよく見たら異聞オンリーだったでござる…
でもその時の興奮は伏姫が伝えてくれてます↓
ですって!
創作だったら行ってたなー というかこの時は創作含め、だと思ってたので行く気満々と言うか本出す気まんまんでしたのね… そしてしごととのスケジュールと旅費と発行費を考えうんうんしてたの
ちなみにもし本出すとしたら、というか出せるものは私の創作八犬伝は今サイトで掲載してる小説くらいしかないので(サイトにえんぴつとかシャーペン描きそのまま載せられるのはサイトが自分が自由に出来るところなのと、あと私は絵が専門じゃないからだよ、だよ)web再録っていう感じになる。けど自分の小説はやっぱ縦書き活字で読んでこそ真価が発揮できるもの、と信じてる、いや思ってる、うん多分…(どんどん弱まる)ので というか本の形にしたいのは自分の欲求であり自分が欲しいからweb再録でも出そうとしてるんですよ…みてくださいこれが八犬伝の自家発電の正しい在り方です(違)

普段たまくしげの訪問者数とかあんま気にしないんですけど(しても仕方ない)何故か先日の土曜日は妙にヒット数高かったです。何かあったの? 異聞サイトと勘違いされてる方がおられたら申し訳ない…私のとこは創作なんだよーん。異聞も好きですけどね。
大阪文フリで頒布する小説の執筆をえっちらおっちら始めたのですが伏姫の話も書きたくてうずうずぐはーな今日この頃です。あーうーでも伏姫の話の執筆は少なくとも第十三回までもう一度読まなきゃ あといろんな八犬伝の感想を消化したいです 希望はももクノ金沢前に終わらせること 最低限aikoのライブ前に終わらせること…うむ絶望的だ


では続きへ 花夜さんへっ コメントお返ししますね~



○花夜さんへ

コメントありがとうございますー! 花夜さんとこのキャスト表に刺激されて自分でも作ってみたいなと思ったのです~ ク・リトル・リトルのキャスト集めはガトゥ・ハロゥさんを参考にしました。この場を借りてお礼申し上げます~

サトミちゃん、これ調査したかったんですがどっこにも…箸にも棒にもかかりませんとはまさにこのこと。わずか1分30秒のPVなのにサンライズとは力入ってるなと思いました。声優さんもどこかで聴いた覚えのある声ばかりだし、なぜ発表してくれないのだ…世のCMのCVとかは結構公開されてるのに(そうかしら) もしかしたらこのブログ、サト8声優検索して来てくれる人がいるかもしれない…

神人八犬伝はめっちゃ調べたんですけど浜路役の人しかわからなかったですしょぼん… ちなみにこの動画なんかを参考にしました。でもわからないものはわからない… キャラデザが確かあさぎ桜さんだったような。プロモーションPVなんかで八犬士の顔も伏姫の顔も見れるしうーん勿体ない。それにしてもこの伏姫男の人なのだろうか…というくらいイケメン顔

関俊彦さんと言えば自分の中ではモモタロスと土井先生な人です。「不遇な過去持ちキャラでもこの方の演技なら聞いてて一番するっと入ってくる」と言うのを受けて土井先生もそんな過去が…と勝手に思ってしまってすいません。でも聞いててほっとするお声の方な感じです。

「伏」のドラマCDは映画版伏の後の時代という感じです(もともと映画版とのコラボでしたし) 生珠とか出てきますし。ただ個人的には嫌いじゃないけど好きでもないな部類かな…と言う感じです 詳細は後日サイトの二次作品コーナーかブログの方に書きたいな…
そうそう八犬伝脳にかわってからは確かに「咎狗って犬じゃん!」と気付いたものの、でも八犬伝なところってあったかしら…ないかしら…なかったね…ってショボンとしました。むしろ猫だけど「Lamento」の方が八犬伝ぽいかもな、とか思ったり。主人公のコノエに呪いの痣が浮かんで云々 ライルートしかクリアしておらずしかも急いでやってたのでちょっとどころかかなりあやふやな記憶ですが

>ニトロプラスさんなら、
>いっそのことこっちもゲームにしてっと叫びたくなります。
それです!! ニトロ大好きなので(と言っても最近のものは全く…最新作でやったのは09年のスイプーでしかもこれキラルだ)伏とのコラボを知った時は震えましたね…
ゲームといえばるい智。まだやってないです。2013年にやりたいなとは思ってますが、花夜さんのレポ実はまだこっそり待ってます。どうしてもネタバレなレポになってしまうだろうけど。

コメントどうもありがとうございました~ またそちらにも寄せさせて頂きますねっ
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<星の輝き闇照らし 迷わず進め 光の矢を放て 【角川映画八犬伝をみたよ】 | メイン | もはや限界を超えて笑うしかない境地にいたる 【追加グッズきたえ】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3475-60013586

| メイン |