最強の8男子、ここに見参! 【つばさ文庫八犬伝発売おめでとう~】
2013/02/16(Sat)
待ちに待った2月15日だよ~バレンタインよりも重要なことはつばさ文庫八犬伝の発売日だということです!ですです! 前の記事にも書きましたが特集ページがオープンしててはあ早く買いに行きたいでもまだ書店から連絡ないしな(予約してた)でももしかしたら入荷してるかもしれないしなわくわくじたばたじた、してて退勤して本屋さん行きましたよーーあったよーーーー!!!
というわけで買いました。
買ってきたよ~
帯にサトミちゃんいるです。黒とピンクなのかわいい(そこかい) この日はまだ新編八犬伝読んでたのでまだ読みませんでしたがなんか結構原典に添ってる感じなのでよかったです。いやほんと八房が爆死するような八犬伝じゃなさそうでよかった。(伏姫屋敷さんの感想ページに飛びます) 目次見てみたら人物の名前で章立てしてあるので全員出るみたいだよかったよかった(ここ大事)
新編、昨日読んでたら寝落ちしちゃってですね~今日読み終わりました。いやーしあわせ八犬伝というか全体的に明るい感じがすごくよい。青春小説っぽいのがいいです。信乃と浜路はけしからんですねほんとね(それしか言ってないような) 大雛夫婦もいいしね、雛衣死なないのがありがたい! でも雛衣おいてくなよアッサリ言うなよ角太郎小文吾におぶってってもらおうや!!!! ほんとお薦めです* 昭和29年版の映画が先になっちゃったけど、やっぱあの映画はこの作品をもとにしてる感じだわ。

15日はつばさ文庫版の他にも八犬伝書籍がおうちに届いてました。
新・里見八犬伝~ 角川映画の原作の方ですね、鎌田敏夫氏のです。
古本屋さんありがとう
これがですねえ、有名な作品であるはず(少なくとも私はそう思ってる)なのに図書館になくって。県立も市立も。それならわざわざ遠方の図書館から取り寄せてもらうのも面倒な話だし八犬伝なんだし買っちゃおう、と思ってアマゾンのマケプレ覗いていたんですけど、ノベルス版ならともかく文庫は上下合わせて結構なお値段なんですよ。うーん、と思って「日本の古本屋さん」にアクセス。最初にポチッたところでは品切れで徒花で終わっちゃったけど次にポチッたところはちゃんと在庫あって届けてくれました。
実は日本の古本屋さんで本買ったの初めてでした。すぐ届いたし後払いなのがありがたかった。しかも手数料書店側負担で、何から何までありがたい。住所見ると千代田区神田とあるのでおお、かの有名な古書店街~と思ったらそれは古書店組合の方の住所で書店は町田市の方でした。おお、町田ー!aikoクラスタ的には特別な市である。
それはともかくとして新編からのつばさ版からのこれって相当な下落だな……と感じてはいる。だって、ねえ、結構エログロ強くて、新編とは正反対に女性達は報われないし だからいつ読むかはちょっとめどついてないです。

こっちはまだ手に入れてなかったこれ。武器で読む八犬伝。
すべすべ
なんか表紙が日本列島ぽいんだが。新書版でちら、と見てみたけど文字が大きくてなかなか読みやすそうというかさっくり読めそうなデータ本。そのうちに。

さて! つばさ版読むぞー! わくわく…! 小説の原稿もあるけどね……そろそろ文フリ原稿頑張らなきゃいけない時期なので八犬伝ぺえじ更新出来なくなるかもー別に誰も見てないだろうけど ネタが溜まり過ぎてわたしが困るのだった
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<五月もどっか行ったら半年連続遠征になる? 【ざっき!】 | メイン | まん我の流儀ディケイド!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3520-35034864

| メイン |