お久しぶりです、文フリです! 【たまくしげ更新りれきざっき】
2013/03/10(Sun)
きゃーっ! 二月一回しか更新してないんですねー! こんばんは、たまくしげの管理人兼著者のおきあたまきです。ええと、小説新刊の執筆をしていたものでして小説アップが全然出来ておりませなんだ… 執筆はしかも、進みがちょう遅くてですね……えっちらおっちらってこういうことなんだな…って思ったりしました。一方では八犬伝読書してたり、前回の文フリで買った皆さまのご本を読んだり…はたして四月の文フリまで全て消化出来るのか…きっと出来ないっ なんてネガティブなこと言ってしまってすみません。読みが遅いのに、あんなに買うからー! キャパシティというものを考えよう、四月は。
と、マクラが大変長くなりましたが、その小説新刊のお知らせなんかをアップしましたっ サンプルはまだですが……こんなのが一ヶ月ぶりの更新ですみません><
たまくしげ

○オフラインに新刊のお知らせを掲載しました。文学フリマin大阪で頒布します。
です! 4月14日に行われる第16回文学フリマin大阪にサークル参加しますっ 関西だー金沢から近いですわー!
文学フリマ
大阪は前にもあったそうですけど、文学フリマとしてのナンバリングがちゃんとあっての大阪での開催は初ということで。事務局通信読んだらやっぱり抽選ぎりぎりだったみたいで、通ってホッとしております。でも東京の三分の一のスペース数なんですけどね。200スペース。
小説の執筆は今月に入ってだったかしら。それか二月の終わりの週だったか、とにかく最近終わりまして、もうすぐ入稿です。初めて書くタイプの小説と何度か書いてきたんですが、その為か書くことが怖くなって遅々とした進みになったんですが、それなりに納得のいくものを書けてよかったと思います。
以下新刊のおしらせです。小説の内容などくわしくはオフラインページもごらんください。

・『たちきれはなし』 創作恋愛小説/A5/オンデマ/表紙込P48/予価\500
古来より偶像視されてきた上方落語の名作「立ち切れ線香」原作。たちきれの小糸を女性目線から描いた書き下ろし恋愛小説です。
小糸が主人公と言うわけではなく、小糸の姉貴分の芸妓・小絹が主人公、視点人物です。いわゆる花柳小説…? ってほど本格的ではないんですが、私はこういうちゃんとした「時代もの」に近いものを書いたことがなかったので、執筆がすごく怖かったです。それも、登場人物はみんな関西弁ですし。
それと一応恋愛ものと銘打ってますが、意図して書いたわけでなく雰囲気的に若干百合っぽい傾向があるのでご了承ください。小糸と若旦那のカップルの行く末を、小絹という創作した芸妓が見ている、という感じです。落語の「立ち切れ線香」で主に描かれるのは若旦那の方ですが、小糸の方を私なりに想像して創作した、そういう感じでもあります。

表紙デザインは仮なんですけど、本作の関西弁指導を担当し、普段から私の小説の下読みもしてくれて、さらに当日売り子として手伝ってくれるginie氏に担当してもらいました! こんなのです!
すてきな表紙!
いやーん本当にすてき! 私がやってたらこんなものは絶対に出来なかった! 駄目もとで頼んでよかったですー! じにたんありがとうー><! 表紙の紙は和紙っぽいのを使うのですが綺麗に仕上がるといいなー♪

・『aiko文学 解釈と鑑賞』第二号 aiko歌詞研究・考察本/A5/オンデマ/表紙込44P/予価\300
たまくしげ別館「愛子抄」メインコンテンツである歌詞研究の本がまたまた出ました。相変わらず歌詞研究というか考察というか解釈というか。大きく言えばaiko研究本でもあったりする本作。「れんげ畑」と「三国駅」「ホーム」を、そしてaikoインディーズ一枚目のミニアルバム「astral box」の曲紹介までやります。ページいっぱい使ってます。表紙イラストはミナミさんに描いていただきました♪ 部数がとんでもないので皆さんどうぞ買ってやってくださいませ…^^;

先月中盤からつい最近までずっとこの二作の作業にかかりきりだったので小説の執筆は(新刊以外では)止まっておりました、がそろそろ再開かなと。創作八犬伝がこれからメインになってきます。自分の八犬伝がんばります。まずは伏姫の話を書いて、発端である玉梓の話を書きなおして、ページつくって、載せる! まずは本文。今はプロットやらなんやら構成練り中なので、しばらくはついのべや即興小説トレーニングで好きに書いていきたいと思います。
それとぼちぼち…小説家になろうさんに登録してみようかなあ… サイトでやる方が気軽なんだけどなあ…使ってる方多いので、使ってない私はおかしいのかしらん…と。ううむ。それではまた次回の更新で。ワガマホもあるんだからちゃんとやらねば私っ
この記事のURL | 更新履歴&小説執筆&創作 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<三国の渡しで逢いましょう | メイン | 巫女も動き出すくらいの異変ですよ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3551-cc00059a

| メイン |