永遠の勝利の暁に、灰の底深く 燦然たるダイヤモンドの残らんことを
2013/05/25(Sat)
ももクロ多めの、ていうかももクロしか書かないざっき。さっきまで先週あったももクロ24時間USTの、最後のライブのやつだけアーカイブ見てました! よく見てみれば黄色のTシャツに負けないでとか応援FAXとか…こっこれはもしかしなくとも日テレ本家を意識しているw よっしーさんの24時間裁縫が24時間マラソンに当たるわけね。色シャッフルした衣装すごく可愛かった~手作り感がよく出てたと思います。念願のサライが聞けてよかった!
れにちゃんのロングインタビュー早く読みたいな…っていうかまだももクロのクイックジャパンから出てるあの本買ってないやーうー。秋にはツアーとか? あとクノが7月に? aikoの方がどうなるかまだ結果出てなくてあれだけど、北陸ぜひ来てほしいな~

って本題。結構前だけど今話題の(話題なの?)新書「ももクロの美学」を読みました。

ももクロの美学~〈わけのわからなさ〉の秘密~ (廣済堂新書)ももクロの美学~〈わけのわからなさ〉の秘密~ (廣済堂新書)
(2013/04/13)
安西 信一

商品詳細を見る

東大の美学研究者の安西氏があろうことかももクロにハマってしまったので上梓した一冊(アバウト) ちょうど私がももクロにハマって一年くらいっていうこともあって、紅白出場までの快進撃おさらい本としても、ちょっとしたアイドル史本としても、ももクロ研究をした学術書としても面白く読めました。特におさらい本としてかな。知らないことも新しく知れて良かったよかった。って何かブクログと同じようなこと書く感じになるので詳しい感想は私のブクログを参照すると良いです。モノノフさんすべてにお薦めしますぞよ。特に自分も歌詞研究やったりするような奴なので、セカイ系と彼女らの歌詞を関連付けて分析する辺りとかめちゃくちゃ興味深かったです。

でね、何かね、読んでて熱くなる一方で、実は切なくなってきてたんです。こんなこと書くとまた何か言われちゃいそうなんだけど、ももクロがすごく好きだからこそいつかブームが去るのが怖い。今はちやほやされてるし私もするけど、こんなこと言うとあれだけどアイドルの落ち目とかも見てきてるわけじゃないですか。誰とは言わないけど。なんか、そうなっちゃったらやだなって思ったのね。本当に素晴らしい彼女達だからこそ。
でもいつだってあの子達は全力だからこそ、悔いを残さない形で輝き続ける、いつか来る終わりに負けたりしないで今日も明日も明後日も頑張り続ける、続けて“しまう”んだろうなと。それこそ、こんなアラサー女の感傷や怯えなんかぶっ飛ばす勢いで。いついかなる時も、あの子達は燦然と輝き続けるダイヤモンドなんだ。例え灰に塗れるような未来が来たとしても、そこにダイヤモンドが幾つも残ってるんだと。
私は信じたい。彼女達がおばさんになっても、ジャニーズのTOKIOやSMAPのようにバラエティに出たり歌も歌って踊ったりもするような……年をとっても週末“おばさん”ヒロインとして活躍し続けることを。暖かい目で応援し続けたい。こんな風にアイドルを好きになるのは本当に初めてだから。

まあつまり何が言いたいかって言うと「やる前から怖気づいてる奴がいるかよ!」ってしおりんに張り手してもらいたいなー……ってだけなんですけどねw 私も来月26になるにあたって色々怖いんですよ。思いがけない方が亡くなったりとかもしてるし、友人の結婚とかもそうだけど。こう言うのあんまり書きませんが、ぶっちゃけて書くと今の私にはこの先どうなるんだろうっていう不安しかなくて、だからこそ余計に「今」を全面に押し出すももクロに惹かれつつもどこかに怯えを感じているのかもしれない。勿論惹かれてる方が何倍も強い気持ちだけど。
五周年で過去を振り返られる今だからこそ、ももクロには“過去よりも高く翔ぶ為に”頑張ってもらいたいものです。こんな私の不安や怯えなんかばーんとぶち破ってもらいたいものです。……って書きながらまだ入り口のない出口予約してない~~! そろそろしないとやばいよね! めっちゃ楽しみです。
この記事のURL | 音楽全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<安房の国はどこですか? 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき】 | メイン | ドーナツ代理戦争 【ざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3651-d43bf04e

| メイン |