がんばれお父さん / 孝の暴力 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき】
2013/06/16(Sun)
ううーん体が全体的にだるいっ 今日はニチアサがドキプリしかなかったのでぐこーっと寝ておりました。寝過ぎはいかんと思うのだけど体が求めてくる…録画はちゃんとしてるので明日のテレ朝チャンネルのプリキュア再放送セラムン再放送と一緒に見ようかなと思ってるところ。浜路の色を塗りながら…ってまだ線画すらしていないのですごめんね浜路よ! ラジオ聴きながらやるです…
そして今日は父の日。時事ネタは余裕を持って、だけど当日だっ! ついでにちろっと語ろうと思ってた「孝」について、孝って母よりの徳よりも父よりの徳のような気がする。よし時候に合ってるぞ。それではざっき。
八匹の犬より愛をこめて(「たまくしげ」に飛びます)

・原典読書めも更新しました。
第三輯も後半スタート、第26回です。下書きが出来てるのはここまでだったのでまた読んでいかねば…
ここで長々と「孝」、いや孝に代表される徳の暴力性について書きました。長々とっていうかダラダラと。詳しくは読んで頂ければわかるんですけど、八犬伝て彼らの持つ珠に浮かんだ仁義八行の徳がまあ一番の特徴なんですけど、でも作中で特に「孝」の名のもとに結構不幸になることが多いなって思ったんですよ。伏姫は親に従う「孝」の為に八房と共に行くことを決めるけど、でもお母さんの五十子がそんなののどこが孝ですかとも反駁されちゃうし(結局伏姫は富山に行くけど)浜路は蟇六の死んでやる騒ぎに負けて貞女であるよりも不孝である方がずっと辛いと言って結局従っちゃうし、角太郎は父に従いたいと言う孝の為に雛衣を死なせる羽目になる。
ものすごくありがたいものであるけどその価値の高さを利用して人を破滅に追い込む。これがなんか、私にとっては一番の悪のような気がする。ページにも書いたけど孝って親や家族の情が絡む辺りで厄介だもの。逆らえないじゃないですか。私だって逆らいたくないわ。この親不孝もんがとか言われたくないじゃん。気分悪い。性質悪いわ。
気分悪い性質悪いで思い出したのが先週放送されたNHKスペシャル未解決事件ファイル3の尼崎殺人死体遺棄事件。あれはほんとに……見てるだけでも辛くってその後しんどくて寝落ちしちゃったくらいなんですけど、あれは、事件が大きくなるその発端の事件のきっかけが、親族間のお葬式についてだったんですよ。少なくとも再現ドラマの中ではね。で、見てて思ったのは、これは徳の中で言うなら「礼」と「孝」を利用した悪だなと思ったのね。あんまりよく思い出せないから上手く書けないんですけど、どっちもとても日本的な徳目なんだけど、そこに生じてる綻びからどんどんどんどん…と思い出してたら胸糞悪くなってきました。
要は、大事なのは徳とかそう言うんじゃなくて、徳や教えや教義に盲目的になることじゃなくて、ちゃんと見て、聞いて、そして自分が何を選ぶかなんじゃないかなって。それが一番大事な気がしたんですよ。八犬伝を読んでてもそう思うし、八犬伝て実は、ものすごく儒教シンパな文学に見せかけてその反面ものすごくアンチ儒教なところがあったりするんじゃないかと思ったり。学術的なことは一切わかんないけどね、思いつきで書いてるので……。

・僕らの義理のお父さんを紹介します・ろぐ26upしました
真面目で堅苦しい系の話が続きましたけど、基本はネタです。お父さんことゝ大様を最大限にいじりたおしたネタと、09年に描いたらくがきマンガがようやく格納されたろぐ26っ お父さんネタの方も大分前の絵。早くあげてないネタ崩していきたいところです…

原典読書めも、とりあえず浜路の死ぬ28回までは精読しておきたいなあ。執筆はちょっとお休みして原典の海にダイブしてこようかと思います。その間…ワガマホの第二章の書き下ろし部分でも書こうかな… さしあたっては浜路の絵の線画をしよう。ではこの辺で多分また来週。小説の続きはいつなんだ…
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<鏡花さん140周年ですって | メイン | 空を見上げ きみと 思い出すよ あの日 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3683-bee04427

| メイン |