にんじんとハンバーグ 【7/2 音楽堂寄席いってきた】
2013/07/05(Fri)
確かに最近あまり落語落語してないけど、漱石の吾輩は猫である第二章読んでてわ~なんかここ落語っぽいなあ、とか思ったり、「たまちゃんハウス」を買ったりして、一応落語意識した脳になっているはず…とは思います。
先日の音楽堂寄席にいってまいりましたん。白鳥師がご自分のサイトにすごいメンバーで金沢行くよ、って書いててなんか嬉しくなった! そうです、喬太郎・白鳥・彦いち・白酒・色ものに紋之助さんっ。いやあ、このメンツみてそっこーチケット買いに行ってなかなかいい席で見れました。三列目まんならへん。白鳥さんに、落語ギンギラボーイ買った時「機会があれば金沢にも来てください」ってメールに書いたんだけど、覚えてないかなあ。
さてかるーくレポですん。好きな噺面白い噺あんまり聴いたことなかった噺切ない噺でほんとに最高でした…(*´∀`*)!

柳家さん坊「転失気」
転ぶに失う気と書いててんしきですけど転を天だと思ってた(^_^;) 天に酒呑む器の方で覚えてたよ、それ間違ってる方だよw マクラの電車の中の自転車のはなしが面白かったわけだけど、はっ! 転繋がりなのかもしかして、と思ったり。しかしおならをおみおつけで食べるとか…ふと、手水回しに似た系統の噺であるように思えた。ふと思った続きで書くけどてんしきをオナラだって素直に教えたとして、これを逆に、あー騙してるなと思ってホントにオナラを豪華な箱の中に詰めて…って既に誰かが改作してそうだなとおもいました。なんか禁酒番屋みたいだなw

林家彦いち「天狗裁き」
たまき十席入りましたーーー!! てかたまき十席、今までらくだか天さばしか当たってない…( ;∀;) 彦いちさん生では初めましてだなあ。似ている芸能人・猿蟹合戦のうすテラフイタwww 芸能人でもなければ人間でもないww 私的には、小三治師匠に似てると思うのですけど、どうでしょう…? そして女子高での学校寄席…今の女子達ってあんな感じよね~
さてさて天さば(*´ヮ`) 最初の夫婦喧嘩いきなり「殺してやる!」にランクアップするのはさすがに危険すぎるねうんww あんまりタメないで「どんな夢見たんだ」に入るのが逆に良かった感じ。天狗が先代円楽師に似てるのバロスww 天狗の爪が伸びて頸動脈がっちりとらえて脅すってのは初めて見たパターンだったんだけど彦いちさんの味付けかな。いやー面白かったです

三遊亭白鳥「ギンギラボーイ」
待ってました白鳥師匠キャーーーー!! でもまだ落語ギンギラボーイは読んでないって言う… CD買ったんで許して下さい(だめ)
やっぱ白鳥師だし新作だよね? だよね? って思ってて最初マキシム・ド・呑兵衛かなあと思ってたんだけどでも薬局だし違うよね…? と思ってたらギンギラボーイ(・ω・)!! タイトルだけ知ってました。ってまさかこんな噺とはwww その惚れ薬ニコニコ動画のハイポーション思い出したわwww
いろいろツッコミどころ多いなーいやむしろそれがイイんだけど、おじいさん戦地には行ってなかったの?って感じだし(丙種合格とかで赤紙来てなかったのかもしんない) 先述したけどツッコミどころ満載じゃないと面白くないッ!! 強引に次ぐ強引な解釈ほんと最高でしたwwww 29Bとかヘンタイとか絨毯爆撃とかなんなんだよwwww でもこれでいい!! これがいい!! 白鳥ワールド金沢で生で見ることが出来て本当良かった、こういうの大好きですあざっすww!

桃月庵白酒「松曳き」
白酒師も久々かな…? 去年の末広亭で見たっけ? 別の方だったかな。白酒師お肌がプリップリでなんかそっちにばかり目いっててすいませんw いやあ恰幅いいなあ。
実は松曳きってあんま聴いたことないんですよね、経験値が低くてちょっと集中力欠けてた感じであんまり覚えてなく感想が短くてごめんなさい(-_-;) でもあれば、この城大丈夫かwww って感じでしたw だめだこいつらはやく何とかしないと… 八五郎の「お~~奉る」面白かったですw いやあとんでもなくドタバタな噺だわ…(;・∀・)

三増紋之助・曲独楽
以前も見たことありますね紋之助さん。いや~~パワフルでした! トトロの前も見たけど可愛かった~(*´∀`) 色ものさんは太神楽とかでもそうなんだけどほんとに常人離れしてる芸を惜しげもなく披露してくださるのでどこも見逃せない、最初から最後まで引き付けるのってすごいなあ。たいへん興奮いたしました…!

柳家喬太郎「ハンバーグが出来るまで」
以前寅年の芸能で寄った時にやったのが全然ウケなかった(私いましたよ…!)というマクラかーらーの新作で!! しかも!! ハンバーグが出来るまで!!!!
手堅く古典で来るかなって思ってたら、うっうれしい!!! ほんとに!? えっ!?!!って感じでした! ずっとずっとずっと聴きたかった噺だったんですけど、今まで未見・未聴で、さっき書いたけど保守的な会だから古典でくるのかなあ、まあそれでもいいけどなあって思ってたらの!! のっけから「これもしかして…」って、もうね、その感動がずっと止まらなかったわけですよ…!
おせっかいな商店街の人々は長屋の人々そのまんまみたいでどの人も個性的で面白かったw みんなが「まもるちゃんは死ぬんじゃないか」と勘違いして家まで押し掛けてくるのはなんか逆・らくだみたいな感じで、死ぬって決定づけて話進めてくとこもねww レジ打ちのしぐさあれよかったなあw おかみじゃなくてオーナーとか包装紙は朝日か日経かとかシカとくまの合挽とか、もうねもうね、そんなクスグリ満載の前半とうってかわった後半ですよ…!!
まさに喬太郎師の新作!!って感じの現代男女ドラマ……あの絶妙な雰囲気とか間の持たせ方とか台詞まわしとかすごくリアルで、そのあとの真相、サゲにいたるまでもうめちゃくちゃ切なかった……(´;ω;`)
あれだけ笑わしといてこの切なさ…すごい! ハッピーじゃない、かといって完全に悲恋というわけでもないんだけど、そういう、聴く人によって解釈が違ってくるようなこの噺はまさしく現代の人情噺の傑作であると思います(; _ ;) なんかね、もうね、にんじんがね(´; ;`) でもまさかこの噺でも扇子2本目くるとは思わなかったww 話には聴いてたけどww しんみりした中でのやつだったから薄めの笑いだったけどこれが普通の滑稽噺で出てきたらと思うと爆笑なんてものじゃww 

いやあほんとにほんとに最後のハンバーグが出来るまでが良すぎて良すぎて(´;ω;`) そっこーCDぽちったよね…
買いました買いました
白鳥師も、富Q・豊志賀ちゃんどっちも聴いてみたかったので会場で買いました。はあほんとに来て良かった回でした~ありがとうございました!
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<だって私達が生きているのは現世なのだから | メイン | aikoと宮崎県と海幸彦山幸彦 【風招き考察めもざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3710-fac6a6cb

| メイン |