かんばんにいつわり有 【八犬伝ものびいえるのはなし】
2013/11/12(Tue)
突然ですが、見ているページがあーる18であってもなくても昨今のえろまんが広告ばなーってのは随分と苛烈なものが多くって、げんにゃりしたり、ぷっと笑ってしまったりするものが多いですね。こういうの研究する人は、たとえば百年後とか、ばなーを発掘して今の私達のネット事情とかをいろいろ研究するのかなのかなって思います。アナログで残ってるわけじゃないし、データだし、集めやすいのかはたまたそうでないのか。八犬伝カテゴリなのになんでこんなことから話し始めるのかと言うと別に「恋のやつふぢ」の画集を手に入れたからとかそういうわけじゃないです。まだ未開封だって。そういうのも消化出来てないんだって。
人形劇ミュージカル見に行って京都駅から金沢へ帰るバスの中、携帯の充電がまだあまっていたのでいろいろページを検索していたりして、あるえろまんが広告が気になってちょっとそこからリンク辿って、いろいろ見てって、こんなものを発見したからですね。
八犬伝ものなんですよ。ちなみに電子書籍、電子まんがなのでパソコンでも見れます。

童貞サムライと8人の鬼畜美剣士
すごいタイトルでしょ。て言うか自分でもタイピングしたくないくらいなんですけどw わたしはですね!? そらえろげーとか普通に嗜みますけど!? いままで年齢指定のある小説なんて二次で三、四作しか書いたことないくらいぴゅあなんですよ!? ぴゅあぴゅあはーとなんですよ!? 下ネタとかすっごい恥ずかしいんですよ!?(必死) だから普通にエロ妄想垂れ流せる人、主に腐女子の人ってすごいから尊敬する。
タイトル見て8人???と思ってページ開いたら八犬伝だったと言うオチなわけです。

ストーリーそのまま引用する。
------------------------------------------
時は戦国。里見家は蟇田軍に攻められていた。すべては百年前、当時の里見城主に殺された玉砂という妖しい美貌の男の呪いのせい。ひとり生き残った少年・里見鈴丸は逃げ惑うさなか、賞金稼ぎの親兵衛に捕まってしまう。そこへ現れたのは、7人の美剣士たち。彼らは、鈴丸を守るために生まれてきた「八犬士」であり、親兵衛もその1人らしいのだ! ともに戦うことを決め、次第に親兵衛と心を通わせ合う鈴丸だが、大蛇の妖怪となった玉砂にさらわれてしまう。縛りつけられて媚薬を塗られ、快感に喘がされる鈴丸。それを救いに駆けつけた親兵衛に見られてしまい…!?
------------------------------------------
ええい引用するのも恥ずかしいわ!わたしはですね!?(以下さっきと同じやりとり) ざっと見ると角川版と似た構成ですね…ていうか親兵衛とかもろ角川版なんですけどね…
一応チェックしておきたいと言うことでその場で課金。んでDL。んで読みました。一回だけね。いや携帯に保存してはあるんでもう一度読めるんですけど、もう一回読もうって気にあんまならないw そもそもそんなビイエルを読めるアンテナが高くないよわたしわw しかしパソコンでも読めるんなら携帯でやんなくてもよかったな~ でもバスの中で暇だったし八犬伝ものに飢えてたからしょうがないね。
玉さん男だったり(あんまそう見えない) 八房が犬なのに二足で立ってたり(???) 現八だけ名前が違ってたり(なんでや) まあとりあえず八人は鬼畜なんかじゃ全然ないってことね、まずw
いろいろつっこみどころはいっぱいなので&読み切りなので(10話で終わるんだったかな。だいたい500円くらいかかるのかしら)読みたい人はどうぞです。おえろ描写はまあそんなにどぎつくはないですね。普通のびいえるコミックがどんくらいなのかわかんないけど。昔ねー中学生の頃にちょこっと読んだりはしたんですけどねー…(※友達のをね) しかし私八犬伝と言うジャンルにいながらビイエルアンテナが全然ないってのはホント不思議なんだぜ。いや、他人から見たらそれはビイエルじゃない?って思われるものもあるけど。何でもね、腐に至らない程度の腐とか、百合に至らない程度の百合が好きなんですよね…

あ、タイトルのかんばんにいつわり有ってのはこのタイトルね。ホイホイされそうなタイトルだけど中身は…ってこと多いなとおもって。特にこの手のビイエルとかTLとかはね。で思ったのは、えろまんがの広告って現代の見世物小屋みたいだなーってこと。見世物小屋も客寄せはおどろおどろしいのに、中はそうでもなかったり…ってことがあったりするじゃないですか。こういうこと考えてる人わたしの他にもいそうだナー てことで最近見つけた八犬伝ものひとつ紹介おわり。
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<aiko文学 解釈と鑑賞をAmazonで。 【ざっき+こめんと返信】 | メイン | もうE-2は行きたくない、行かない 【艦これ】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3883-dca3622b

| メイン |