上方づくしの落語カツドウ!
2013/11/30(Sat)
浩子さんのコンサートから帰ってきました。のですが、まだつけてない公演記録を先に。
こないだの水曜日は音楽堂寄席でござんした。上方の方中心で、しかも林家と月亭とは珍しい。桂・笑福亭はよく見るのですが。10月頃から続いてきたたまきのアツイ落語カツドウも、今回でしばしおやすみでございます。次はいつかな。来週金曜の文治師の会に行けたら行きたいなーという感じなのですが。にわかに落語熱が上がってた最近なので、なるべく持続させていきたいです。

・桂吉の丞「子褒め」
金沢に以前もきてくださったそうな(^O^) 五年前か…惜しい!まだ私落語に目覚めてない…
久々に聞いた子褒めでございました。多分数えたらそんなに聞いてないんじゃないかなと思う。最近先輩の赤ちゃんに触らしてもらったりしたのでそのこと思い出してました。でもサゲがちぃとわからんかった… というか私がちゃんと掴めてないだけでございまして、吉の丞さんの高座はとてもよかったです~^^

・林家染太「河豚鍋」
「待ってました!」の声が上がってたっけなあ。私は初めて伺う方でしたけど、明るいオレンジ色の羽織とまる~く肥えた漢字と、朗らかとした笑顔がすごく素敵でした^^ 太ったアンパンマンと仰ってましたが羽織の色と体型も相まってジャイアンみたいな感じ。優しいジャイアン。よしもとの所属で繁昌亭や花月に出られているそうです。やすしさんはパトカーふいたww
声も明るいし、口調の端々から人の良さがこれでもかと伝わってきて「この方今まで知らなかったの惜しいことしたわー!」って心底思いました。また聞きたいです^^! そして噺の方は河豚鍋。実はこないだ浅草演芸ホールで聴いたばっかりだったりw でもその時にも書いたけどブラックなのがすごく好きな噺です。お鍋のいろんな具を食べてくのこっちもハフハフしてしまうたっ ふぐ食べてみたいなー毒はノーサンキューでね。

・林家染丸「踊り・富士の裾野」
生で染丸師聴くの楽しみだな~ちりとての落語監修もやられてたしタイムリーだな~(今再放送中)と思っていたんですが、まさか脳梗塞で倒れてしまっていたとは知らなかったです(´;ω;`) 脳梗塞の薬はないので、喋ることが一番の薬だそうで、「今日はここにリハビリをしにきた」って仰ってたw お弟子さんに手伝ってもらって絵を使っての小噺と、紫綬褒章を貰った時の皇居と陛下のお話など。陛下やっぱ素敵です… 陛下の御代に生まれてよかった。そして後の方ではお弟子さん二人がまるで文楽の人形遣いのように師匠を操って踊りをやってくださったのだ~! 録音で聴いただけだけど、彦六みたいだなあ…これぞ噺家の余興!って感じしました。しかし最後ビリッと袖が破れるのは仕様なのかな?

・月亭文都「粗忽長屋」
文都師は八天改め、なのですが、前も聞いたかな…? どうだったかな? ぱっと思い出せなくて恐縮ですが、マクラからとても聴き心地のいい方で何の噺やってくれるんだろうなあと思ってたら、きゃあー!!! 粗忽!!!! 長屋!!!!! だと!!!! ハイイイ! たまき十席のうち一席頂きましたァァァ!!! いやーーでも上方版は聴いたことなかったなーたぶん…って、変わらないんだけどね、内容は。あ、でも関東では浅草寺近くなのが上方版だとミナミとか心斎橋の辺りなんだけど、はめものが入ってるのがすごく良かったです。賑やかな感じで。さてお気に入りの十の噺のうちのひとつなのですがSFちっくなのがいいですね。いや、落語歴が長くなるにつれて、「粗忽長屋はただ自分のそっくりさんと勘違いしてるだけ」って説の方が強い、それが主流だと言うことを理解してきましたが、でも~~でも「自分」だと思うんですよ! これは私がタイガー&ドラゴンで粗忽長屋を知ったからなのも強いかもしれませんが 思えば、あのタイガー&ドラゴンの粗忽長屋がなかったら、ここまでこの噺と落語自体に惹かれなかったと思います。

・月亭八方「猫の忠信」
お稽古ごとについてのマクラだったので豊竹屋とか義太夫ものかな~とワクワクしてたからおっ!猫の忠信きたわァ…!と。この噺もその前の粗忽~と同じように同じ人物が二人!? えっ、えっ!?ってなる話しだよね~何となくライトミステリであり、ファンタジーでありっていう… あと、わたくしこの噺の「ぬくいつくり」がひじょ~~にエロスで好きなんですよねぇ…ドキドキしちゃうね!すごい密着してるし、バレ噺じゃないのにとてつもなくおえろい噺だと思います。しかし、よく考えたらつねやんに化けてるのってメス猫…? いやオスか? メスだったらとんだ百合ものだよねw これサゲもとてつもなくくだらなくてほんと大好きです。

最初の方にも書きましたが特に月亭は金沢に来るのは珍しいんじゃないでしょうか。金沢の大体の落語会には足運ばせてるつもりなので書くのですが… 八方師も文都師もまた見たいですーっ!
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<たとえ君が、何も残さない月の花だとしても僕は 【たまくしげ更新りれきざっき】 | メイン | オルビスおはつ。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3905-23737843

| メイン |