8のつく日は何かしよう
2014/01/10(Fri)
とか書いておきながら、2014年最初の8の付く日である1/8のブログをすっかり忘れていたと言うていたらくです… 特別なんてことないけど、八犬伝ざっきー。

・8のつく日は
フト思い立って、メモリアルイヤーなんだし、今年は8の付く日になんか八犬伝らくがきでもしようかーと思いつき親兵衛とかいろいろ描いてました。二枚だけだけど。これとかこれとか。しかし八犬伝の親兵衛かって言われると微妙なところだよね… 自分の親兵衛がおかしいことは自覚してるからね… ってかこれ自分の八犬伝の自分の親兵衛なわけでーまあそのー 微妙なオチ 最後に繋がるオチ
次の8の付く日は荘助でも。あ、センター試験の日なのかな。なんかセンターなネタ出来ないかな。

・忍法八犬伝よみおわた
長い文章書く気力がないからブクログは明日つけよーかな…面白かったです。あーゆーどうしようもないダメ男な犬士たちって好き。角太郎が信乃に馬鹿野郎って思った後に「角太郎の大馬鹿野郎」って呟くのすごくかわいい。毛野ちゃん好きな感じだったのにすぐ退場した時はちょっとショックだったけども。あ、思えば忍者!な山風小説は初めてでした。すごいな。現代だと異能ものバトルみたいな感じ何だろうか。
今はひさびさ~に原典。昔は読みづらかったけど随分すいすい読めるようになったもんだ。それでも遅いのには変わりないけど。荒芽山脱出辺りを読んでます。以前ねたとかを振り返った時にここらへんのネタが少ないって分析したけど、読めば浮かぶわ。メモだけしたので描きたい。
第51回辺りを読んでるわけだからつまり第六輯入ったんですが口絵にこんな雛衣と大角の絵あるの知らなかった。見落としてた。毛野ちゃんと旦開野のやつは知ってたけど。二人の周りを登場人物達が囲んでいるのだ。
君は僕の元から去ってしまうのだろう
ちょっと切ない構図。こんな構図で絵を描きたい。雛衣から少し離れたところに蝶々っぽいものが飛んでいる。雛が左手に持ってる玉っぽいものがなんか目玉みたいでぐろいけど。その点で言えば、去年描いたこの絵に雰囲気似てる気がしないでもない。

・ハチ!アイ!ハチ!アイ!
アイドル八犬伝のノベライズが発送されたみたいなので明日か明後日には届いてるはず…インテの準備があるんだけど。帰ってきたら読もうかな。いや、うん、八犬伝にはほとんど何も関わりがないことは知ってはいるんだけど いややっぱ八犬伝てついてるからには… ほら舞台も南の島だろう? みたいな謎のわくわく感。動画結局見てないけど、代わりにアイドルもののアニメであるアイカツ!漬けな一週間を送っているので十分頭はアイドルしてます。だから八犬伝と関係なくても楽しみ~ひょひょい!
人物ほとんど知らないけど、真実ホシミとメカニックだったかコンピューターの人だったかが好き。ところでアイドル八犬伝て略すとアイ八になるんだろうか。うちの八犬伝ぺえじと連作は八愛(はちあい)だからなるほど似ている…! ハチ!アイ! ハチ!アイ!

あっ。書こうと思ってたことがあったのになんか尺が埋まった感じがするからまた今度にしようくだらないことだし。ブログ始めた頃はもっともっと短く書いてたしね、一記事一記事。八犬伝もなんてことないことで書いてたりしたー。なつかしいー。なんてことないことで書けるようにしていきたいな。
ところで。「書いても不毛だ」と思っているので、Twitterとかでなかなか言わないんだけど、常に八犬伝に飢えてます。八犬伝クレクレbotです中身は。いやホントにマイナージャンルあるあるみたいな感じのことしょっちゅうですよ。でもなんかそういうこと書くと乞食してるみたいだなーとも思うし、「ないなら作る」の精神で創作やってるっていうのもあるし… でもやっぱ人様の書いた八犬伝小説とかがもっと読めればいいなあと思うんですよ。自分でも書くけどさ。遅筆だからさ。やっぱ他の方の読んだら自分も自分の八犬伝がんばろ!って思うし、読みたいよ。ああ、あと八犬伝てジャンルって言うか、クトゥルフ神話ものみたいに一種のシェアワールド・シェアキャラクターだから、キャラが明確に決まってるわけじゃなくて、こういう毛野はイヤとかこういう信乃がイイとかそういうのもあって、結局は自分のキャラになっちゃうから、そういう遠慮も働いちゃうわけですね。
で、結局は個人サイトでのんびりきままーにやるしかないのでありました。というわけでやっぱり今年もよろしくです。のろのろ更新な感じもしますがね。
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<傷跡も消えていくの もう、痛くない 【「君の隣」フルきいた】 | メイン | ゆとりなんてなかった 【ささくれざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/3961-15fe8367

| メイン |