マーチ11
2014/03/11(Tue)
○おもいだす
このブログは7年くらいだらだらだらだら、やめる詐欺を各方面で続けながらもやってるので、当然東日本大震災の時の記録も残っているわけだけど、西日本の、地震の少ない石川県で、とにかく私は見ていることしかできなかった。
怖くて怖くて、何もかもが変わってしまうことが恐ろしくて仕方がないのに、次の日の仕事、当時はいまと違う職場にいたけど、そこにはあまりにもいつも通りの土曜日の休日、家族連れや友達同士のショッピングの風景があって、なんでなんだろう、って思った。こんなことしている場合じゃないのにって。
もちろん当事者とそうでないものの違いがあるからしょうがない。私は私の世界の日常を生きるべきだった。でもそこには無力がつきまとっていて、かといって私が被災地にいったところで何もできないだろうと言う絶望もあった。
ただ気ばかりが焦った。

これは毎年書いていることかもしれないけど、昭和において戦前戦中と戦後で世界が変わったように、平成の世では震災前震災後と明確に世界が変わってしまった。
あの時は、変わらない日常の中で、まるで私だけが別の世界に迷い込んでしまったみたいだった。春樹の1Q84みたく。
この先どうなってしまうんだろう、と言う「この先」を私はしぶとく生きている。まだまだ問題は多く残されていて、全然幸せだと言える国ではないかもしれないけど、私は今生きていて、あの日を忘れずにいて、一部の作品にもそれが表れている。三年の間、幸せも辛さもあったけど、何とか生きていけてる。

……ってだんだん震災関係なくなってきたけど。クサイこと書こうとしたのに、書けなかったってこと。
三年前の自分に言えることは、しぶとくも、私は、大嫌いで無力な私のまま生きていて、なんとか元気です。なんだろうかね。世界に希望はないかもしれない。ヒーローもいないかもしれない。けど私の生きる世界には、生きようと思うに足る人がいる。そんなことを思うのです。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<魔境? 人を騙すことか? | メイン | たま鎮南方入り 【艦これ】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4025-6cf607c9

| メイン |