つまらない喧嘩はやめだやめ 【しゅららぼんぷち感想】
2014/03/24(Mon)
執筆が追い込みに入らなきゃ私がヤバイので、簡単な感想になりますけど。

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)
(2013/12/13)
万城目 学

商品詳細を見る

この間の水曜日に「偉大なる、しゅららぼん」を見に行ってまいりましたん。万城目作品の映画はプリンセストヨトミ以来ですね。最近はもりみーより何故か万城目が好きでして。といっても最近出た分厚い新刊は読んでないんですが。なんだろうね、モリミーはアニメ化の方面にメディアミックスするけど、万城目は漫画化したりするけど基本映像は実写作品にメディアミックスしますよね。そっちの方がなんか好きなんですよね。

まあそれはそれとして、感想です。みじかめ。ついったに書くと原作のネタバレにもなっちゃうので書けないんですわ…




原作は三年前の秋ごろに読んだきりで、映画前にブクログにつけた感想を読んでおいたんですが、その記録によるとちんたら読んでたみたいで、その所為か今もあんまり覚えてなくて。
でも最後に棗が力を使って全てを元通りにして、でも棗は消えてしまって、でもでも淡十郎と涼介は覚えていてという展開&最後の最後に戻ってくるって展開が、ですね……んもーーーーーーとにっっっかく私の大好きな終わり方でして、ね!
いわゆるループものの一つの形なんですけど、このことを言いたくても完全にネタバレじゃないですかw だから気軽に書けなくて。ループものってループすることが最大の魅力であると同時に作品によっては最大の秘密だったりするから人に薦めにくいんですよね。わからない方があっと驚きますしね、まどかとかね。ループ前提のループものと言うと夏空のモノローグとか七回死んだ男とかくらいしか思いつかない。
しゅららぼんはこれが最大の魅力ってわけでもないのですが、しかし肝心の部分でもあるので言えなかったわけです。映画ではこの終わりを綺麗に演出してくれてもうたまんなかったです。グッジョブです! これが見れただけで見た甲斐ありました。

原作でこれ以外に印象に残ってたのは失恋した淡十郎が稲田でうわーーっと暴れるところだったんですが、私はこれを見てたんじゃ? ってくらい、私が読書しながら想像してたシーンとそっくりそのまま再現してくれてました。ああ~こんなシーンあったな~ってキュンとしました。淡十郎ぶさいくだけど可愛いぞ。不器用な殿様少年! もゆ。
キャスティングですがどの人も良かったですね。清子がフカキョンと知って「うおお、あってる!」と思いましたw ジャージも袴も似合ってました。涛子さんは好きな貫地谷さんでしたし、あと潮音がエビ中のひなただったんですがかっわいい…セリフはあんまりなかったんですが存在感がありましたねなんとなく。髪がものすごく綺麗でした…頭撫でたい あと棗かっこよかったです! ヤバイあの髪型…(やっぱり髪型かよ
誰が真のラスボスかも忘れてたので源じいにはひたすら涙でした。素直にびっくり。切なすぎます(´;ω;`) ずっと忘れてたなんて…記憶喪失ネタは最近弱いからやめて…あの写真の意味も、うぐ、うぐ 淡十郎の渡したあの水に何かあるとは内容忘れてても読めてたので、なんと皮肉な(´・ω・`)と思いました。淡十郎が嫌っていた力を最後には受け入れて何とかするあたりも、これもまた私の好きな物語展開の一つで、グッときました。

あとも一つ原作で印象的だったのは湖底ダッシュですかねw あそこは涼介と棗の友情(?)的な意味でもすごく好きなところですw そういえば、清子が力を得て人の心が読めるようになった所為で引き籠りになぅたってのはるい智の茜子を彷彿とした…原作読んでた頃はるい智やってなかったしな、思いつかなかったや
冒頭のナレーションが松平アナだったのでその時!?って思いましたw パンフによると滋賀県のいろーんな名所でロケしてたみたいで、改めて滋賀を旅行してみたいなと思いました。やっぱり石走城は彦根城だったんですね。懐かしい。六年前に旅行したのでもしかしたらと。
……そういえばわたし、ここまで感想書いておきながら琵琶湖には行ったことないのだった(^_^;) 電車からの風景なら見たことあるけど。一度いってみたいです。

あ、あと主題歌の堂々平和宣言~ ももクロと知って驚いたものです。好きな作家の映画化でしかも主題歌がももクロなんて!って。嬉しかったなー。国立一日目のLVに行ってきたのでそこで先に聞いたのですが、映画の内容と合わせて聞くとしゅららぼんに合ってていいなーと思いました。つまんない喧嘩はやめな、っていう。あと涼介の部屋に「PUSH」のポスターが飾ってあったの見た! ほんの一瞬ですが注目されてみては。では短めと書いたのでここいらで。
この記事のURL | えいが | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<結局誰のしわざなんだ 【ライダーざっき】 | メイン | みんなのおとうと(?)海外艦 【艦これ】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4038-5d7d7ea8

| メイン |