今更「愛」とほむらちゃん考
2014/05/20(Tue)
ふらっと立ち寄ったローソンで一個だけ残ってたので思わず引き取ってきました…
下のaikoはわざとだよ
発表になった時「いやいやグラスはいらんわw」って思ってたのに… でも私、こういうコップとかマグカップとかが一番普段使いするみたいで、これでざくろ酢ジュース作って飲んでます。杏子カラーじゃねえかっていうw でも水で割ると赤みがかってるけど薄いピンクになるから結果的にまどかカラーになってほむまどプハァって感じで飲むからうんきもちわるい。

こないだからいろいろ触発されているのだけど、アナ雪のテーマの一つとして「愛」があったんですが、「愛」てーとうちのaikoの冠でもあるのはまあ、おいといて、もう何もかも叛逆のデビルほむらがでかでかと「愛」をのたもうちゃってくれたので(なんつー世界の中心でアイを叫んだけものなんだ)叛逆以降「愛とは」を考えるとあのほむらちゃんののたもうた愛について考えざるを得なくなります。
んでちょっと考えた。確かに、あの「愛よ <●><●>」には「ふざけんなふじこふじこ(#゚Д゚)」ってなるんだけど、そのあとのラストで、記憶を奪われて普通の女子中学生に戻ったまどか、「秩序を乱すこと(叛逆すること)は悪いことだと思う」とザクッと、まどかそのものであるまどか(当たり前だけどね)に言われてしまったほむらちゃんは、けれども、「でもそれでも構わない」って、まどかに何も望んでないんだよね。
その後友達になってるのか、なってないのか、多分なってるんだと思うけど、はっきり描かれてないから想像するしかない。ラストシーンでは杏子とさやかが仲良くしてるところ、マミとなぎさが出逢うところ、まどかが家族たちと笑ってるところ、でEDに入って、EDロール後に「独り」で踊ってるほむらと、ボコボコにされて布雑巾みたいになってるキュウべぇで終わり。ほむらちゃんは「独り」になっちゃったのだ。「ひとりぼっちになっちゃだめだよ」ってまどかに言われたのに。
何百、何千と繰り返して、まどか自身に叛逆して、世界の理を変えてまで、やっとほむらは自らの望むもの、“まどかとの出会いをやり直したい”というところまで辿り着けたのに、「ただまどかが笑って生きていてくれればそれでいい」って、やっぱこれも「愛」ですよね!?? だから、「愛だわー」って後で思えるわけなんだ。でもほむらちゃんは独りぼっちだけどさ! ほむらちゃんがまどかと一緒に笑える未来が私は欲しいわけさ。

仕切り直し。やり方は多少乱暴で強引で、さやかと同じようにふざけんなふじこな状態にはなるけど、結果的にはあれで良かったというか、まあ、「究極の愛の形の一つ」ではあるよね。半年以上かかってやっとこの見解に辿りつけたよw
ただ、ものすごく独善的なものではあるけどね。でもそもそも、魔法少女まどか☆マギカっていう物語はほむらちゃんの願いから始まった物語だから、つまりほむらが真の主人公だから、あの終わり方で良かったんじゃないかなって、私やーーっと思ったのね。勿論、続いてほしいとも思ってるけどね! エヴァみたいに十年後とかでもいいわけよ。思ってるし、私が望むエンドは「まどかとほむらちゃんが笑っているエンド」「ほむらが心から笑っているエンド」なんです。それこそほむらを迎えにきたさやかが言ったような「頑張った子にはそれなりにご褒美を」みたいにさ。ウン。ひとりぼっちになっちゃだめだよ、ほむらちゃん…
この記事のURL | アニメ全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<いまさら春イベを振り返る 【艦これ】 | メイン | 山田奈緒子は安らかに眠る 【今更ラスステ考察めいた感想のようなもの】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4098-bb6a84cf

| メイン |