あなたのことが、大好き 【思い出のマーニー感想】
2014/08/10(Sun)
ちょっとばたばたしてたので感想書くのが遅れましたが。思い出のマーニー見に行ってきました。

思い出のマーニー サントラ音楽集【特典:A5サイズクリアファイル付】思い出のマーニー サントラ音楽集【特典:A5サイズクリアファイル付】
(2014/07/16)
村松崇継

商品詳細を見る


感想もたぶん短め。でもすごく良かった映画でした。また劇場で見たいくらい。と言うか二周目見たくなる感じ。
この映画を知ったのは確か三月くらいだったかな。金髪ようじょ!! しかも声は若春子の有村さんや! なんか面白そう、予告編見る限りでもガールミーツガールっぽいのでとてもよろしい!! 女の子二人は正義! を信じる私なので、絶対見に行くリストに入りました。のわりに見に行くのが遅くなるのはもはやデフォである。んでもまだレイトやってる頃だったからセフセフ(何)
原作はつばさ文庫版の新訳を買っておきましたが未読でした。未読だったから映画見て原作はどんな感じなんだろう!って思えてイイね。ということで明日から読みます。
ほんではぷち感想ですー 見に行ってきた次の日姉も見に行ってきてくれて(姉も絶対気に入る話だと思ったからさ~)姉妹でいろいろ話出来たのがよかった◎






とにかく一言。すっごく良かったです!!!! いきなりそれ!!!
前半からわりと顕著だったけど、現実と幻想が混じり合う感じが本当にすごく良かったです。風立ちぬもそうだったけど、こういうのに弱い私。でもこれは現実でこれは幻想って線引きがわりと曖昧で、その所為か途中んっ? ってなることがしばしばでしたかね。きのこ狩りの辺りとか、なんか唐突感強かった。前のシーンとうまく接続出来てない感じがしました。二周目見ればそうでもないのかもだけど。
だからその所為で、「う~ん、この調子が続くなら、悪いけどビミョウだなあ。70点くらいかなあ……」とか、思ってたらー! たらー!! マーニーの真相、その正体が明らかになっていく最初の段階でアッ……!!!! ってなって、そっからはもーーーーぐいぐい!!! ですね!!! っていうか私最初から読めてなかったのかよ!! 気付けよわたし!!! はいごめんなさい!!! ああ! こういう話作りたいNE!

最初から読めてなかったのは、その可能性を全く考えてなかったからですねえやっぱり。宣伝の仕方とかにも騙されたからかな。それと少女同士の友情、もっとあからさまに言うなら百合~な感じで考えてた、考えさせられずを得なかったので…
明らかになんか現世の人間じゃない感じは、予告編とか見た時から思ってたので、だもんで最初は、マーニーは杏奈が作り出した、いわゆる理想の、幻想のお友達なのかな、って思ってて。しめっち屋敷も昼間はボロボロですし、他のジブリで言うならトトロかな、と。子供にしか見えないもの、と言う。あと杏奈の回想でマーニーの後姿にそっくりな人形を持っていたので、その子かな?とも。
でもマーニーの日記が出てきたところで「んっ??」と思い(ところで彩香ちゃんかわいい)「ははあ、紫影のソナーニルのリリィとエリシアみたいなものかな」と思い(具体的にはソナーニルのネタバレになるので書けませんが)何かこの辺から、いや、最初から怪しかったマーニーの存在になお興味が出てきて、一体何者なんだ…(ゴクリ となりました。
そしてその正体が――まさか杏奈のおばあちゃんであろうとは(´;ω;`)!!!!

あのですねー私ホンット家族ネタに弱いんですね。みんなよく泣いた!とか言う映画とか作品で泣けなくて、すごく涙腺が固いんですホントに。じゃあ何で泣くのかっていうと、とかく家族が関わってくると泣けます。疑似家族ものとか完全に泣きます。
なのでマーニーはね……ほんとドンピシャでした……!! おかしいな……わたし女の子にもえもえするつもりで見に行ったのに、家族ネタに泣かされることになろうとは…
もう叔母さんに(´;ω;`) ずっと心の中で泣いてました(´;ω;`) そら支援金貰ってるだろうけどマーニーが言ってたように杏奈のこと愛してないわけないじゃん(´;ω;`) もうほんとうさ……引き取ってからのおばさんのエピソードもさああああ そうだ、ちょっと前に書いてた小説にも甥っ子を引き取った叔母さんを、自分、書いてたんでした… 最後に杏奈が“お母さん”って呼ぶところもびゃあぁぁぁあぁあでした(´;ω;`) ほんとにもう…! もう!

えーと見た後に感想を書き殴った紙を見ながら書いてるので、ほぼ思いついた順ですw
泣く泣くいうたけど、マーニーに出逢う前、七夕まつりで酷いことを言ってしまって自己嫌悪になった杏奈が言う「私は、私が嫌い」でまず泣きますよね。ていうかあそこ誰しもが泣くところだと思うの! 共感できないひとなんていないんじゃないかなって想うの。基本ひとは自分のことがきらいであると思うので。
だから杏奈って私達なんだよ。周囲に馴染めなくて、保護者に疑問を感じてうまくいかなくて、毎日が息苦しい。平林さんはこどもの為のジブリ映画を、と言うことでマーニーを作ったらしいですが、これは十分大人向けでもあるとおもうの。マーニーの正体を考えてもね。マーニーのように杏奈を愛してくれる存在が、ずっといる。永遠にいる。それは遺伝子に眠る記憶であり、あなたの血の中にあるものであり、あなたが生きている限りずっと見守ってくれているものなんだ、って。そんな存在を感じることは忙しい毎日を生きる現代人の方にむしろ必要な気がしますね。あとおばあちゃんに弱いのだ私は。

そいえば杏奈のお母さんのエミリもあれ有村さんでしたかな? 声が完全に若春子だったのでw 考えてみれば母と娘の間がよろしくなくて、そこに孫が来て…っていうのは「あまちゃん」と同じだなー。あ、いやマーニーはエミリが既に故人なのであまちゃんとはいかないんですが。そいえばあまちゃんのアキも最初は地味で暗くて~っていう杏奈に近い子だ。マーニーが杏奈を育てることは、エミリにずっとついてあげられなかった罪滅ぼしでもあったんだろうね。「私を許してくれる?」ってマーニーの言葉は、多分エミリに宛てた言葉でもあったんだろうなあ。

ほか。現実と幻想の交錯の為、いろいろよくわからないところが多々あったのでやっぱりもっかい見たいですね。えっ、て思ったところはサイロに向かうところで杏奈を和彦と間違えたとこなんですけど、あの段々ほころびが表れてくるの、怖いですね。これは現実? 幻想? とわけがわからなくなるのがイイですね。ただ最初に書いた通りその所為か何なのか、あるいは描写不足なのかでよくわからないところも多々あったり。
あとねマーニーはね!とにかく私のツボをつくおにゃのこだったので!! 始終もえもえしてましたね!! おでこだしてる女の子って本当最高ですよね!!!! パーティの時のおひめさマーニーはぎゃんかわでしたホント!! ああ、あの庭で踊るのもいいですねえ……少女同士いいですねえ……本当は孫とおばあちゃんだけどねえ……

ほかほか。療養先のおばさんおじさん夫妻もすごく好きでしたっ! あとトマトがおいしそうだった。これ、恒例のジブリメシですねw まさかの野菜。いやトトロだってキュウリとかトウモコロシ(わざと間違え)とかおいしそうだったじゃん… それと彩香ちゃんね! アイカツのきいちゃんみたいだな…とか思ってたけどw そして才子さん…! 彼女のような種明かしキャラが好きなんです。そんでトイチさん…シャベッタァァァ!!!ってなってすいませんw
そいえばあんまり杏奈とマーニー萌えについて書いてないけど、確かにキャッキャウフフしてるのすごく好きでもえ~~だったんですけどそこまでそれが目的じゃなかったからかもなw 百合が好きってわけじゃないのよ、女の子同士が好きなのよあくまで。

終わり方もすごく好きで、見た後にこころがほっと暖かくなる映画です。優しくなれる映画でもある。その日はすごく疲れてたんですけど、見に行くのやめようかなと思ってたんですけど、見て良かったなあ、ってすごく思いました。みなさま癒されましょう。
それにしてもこれでジブリの長編アニメがおしまいなんて本当に惜しいなあ…もっと続けてくれませんか。宮崎駿氏レベルをいつも期待してるわけじゃないし、ジブリ独特の作画とか、素人声の演技とか、音楽とか質感とか、そういうのが好きで見に行ってるところもあるのです。……続いてくれないかなあ、無理かあ。なのでぜひ、最後になる劇場作品なので、まだの方は見に行ってくださいっ
この記事のURL | アニメ全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<行きも帰りも地獄だよ 【艦これ・夏イベE-1】 | メイン | 夏イベ進捗ダメどっひゃーん!! 【かるめざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4179-c9366541

| メイン |