あの雲の向こうまで笑い飛ばしてくれますように 【Love Like Pop Vol.17 10/11 福井フェニックスプラザ ライブレポ・前編】
2014/10/14(Tue)
ふっふっふふっふっくい~ 昨日に引き続いて! ライブレポでブログを埋めようと言う魂胆! きたない!
今頃フェスティバルホールが最終日の熱狂に包まれていることと思います。セトリは一種類だけにしてくださいaikoさん。LLP14と同じような仕打ちは泣きますふざけんなばか いや別にいいけどさあ… いいけどさあ… あーふざけんなばか 今度アンケートに書いてやるかくごしろ もう~~~そんなん二回きてくれる人だけが得するやんそんなん……

うだうだは置いといて福井れぽー。
三時初の鈍行でのんびりゆったり福井へ目指す。米原まで鈍行で行ったことはあるけど福井までは初めて。普段あんまり電車に乗らないのでそれだけでテンション高いぞ。車内ではパンフを読んでおりました。たつたつさんの力作の超展開に唖然としたりaikoのコーデ力の高さにaikoってアイカツカードいっぱい持ってそうだよねと思ったり(謎)
そして16時半、福井到着。さー福井についたぞーでも道わかんねーわっはっはー! 何せ福井は8年ぶりで、そも、福井駅に降り立ったこと自体が初めてでした。
開場時間まであと30分切ってた頃。まあ席は指定だからいいんだけど、黒タオル欲しかったのでなるべく早く行きたいなあ、こりゃタクシーだわなと素直にタクシー使うなど。今日は何かあるんですか?って訊かれちゃったw 道がいつもより混んでたみたい。道自体は単純だったのでまたここで何かある時は徒歩で行けそう。

会場は、金沢で言うならうーん……文化ホールくらいかな? それよりもう少し広い所……赤羽ホールとかか? 観光会館…今の歌劇座くらいか。まあそれくらいで、何か公民館が少しグレード上がったくらいのところだなーって感じでした。思い出したのは去年行った滋賀のとあるホールなんだけどね。グッズ列が長くて階段まで並んだりとかw まあすぐ買えたし、無事タオル黒もゲットできましたが。

席に行くとき、扉の所に収容人数が書いてあったのですが、2000人かー。キャパ2000。本多の森ホールはそれよりもっと多いよね、って思って調べて来たら、あっち1707人だった。ほげー? 広さもあっちの方が圧倒的なんだけど…そんなもんかなあ。本多の森ホールは空間をゆったりとってるってことかな。
私は今回Bブロック。なんだよー前じゃないのかよーブーブーって思ってたけど、Aブロックの方はアリーナみたいになっててまったいらなので、むしろ階段状になってるBブロックの方が見やすいかも、な件。金沢に引き続き通路側だったのもありがたかったり。


んではあとは続きにおとーすー






開演の六時に近付くにつれ、会場の手拍子やaikoコールがどんどん濃さを増してきました。ほんとにこういうのaikoだけだなーって思うよ。あんまり他のひとのライブ行かないから判断材料乏しいけど。私は大人しくしてました。会場のライトが落ちるところでフワーッてなるのがイイんだ。


イントロ・Akaストリングスアレンジ
金沢に比べると(体感的に)小さい会場なのと、自分が後ろにいるのとで、緞帳に映し出されるaikoの姿および全体像が金沢より把握しやすかった。後ろの醍醐味だね。
ここからまた魔法の時間が始まるんだと思うとドキドキしないわけがない! あーんなんかもったいないよー!でもaikoにあいたいよー! とにかくそんな昂ぶった気持ちなのです。

1・明日の歌
aiko登場!白地に赤文字のTシャツに、赤?ピンクのスカート+青?水色?のフリルっていうかたぶんペチコートみたいなやつ。靴はちょっと記憶があやふやですがそんな感じの服装で昨日のコーデより私の好みに近かった。Tシャツ、後半戦で変わってたような気がするんだけどいつ脱いだ? あるいはいつ着替えた? 着替えてないのかもしれない。同じやつだったかも知れない。

2・二人
二曲目だから二人ですね!(だから違うって

ここでいったん挨拶。
「皆さんこんばんは、aikoでーーーす!!!!」 いえーーーいっ!!
みんな元気かー? ほんまに元気かー? のお馴染みの問い掛けからまたまたスタートだよっ

3・beat
ほんとに息を継がせる間もないよね、ずっとハイテンションキープしてるんだわあ

4・愛の病
これはロックかな?ってくらいアッパーなの続くなあ。すき!

5・瞳
からの瞳ですよ。こういう曲順面白いなと思います。それにしてもなぜ瞳を急に入れてきたのかしら。


えーむしーいーっ
始まる前からの、イヤモニに届く歓声がすごかった! と報告aiko。うむ、こちらもすごかった。と感じていた。私はaikoコール苦手な方なんでぼけーっと座ってたんですけどねw
そして楽屋にはモニタもあるのだけど。「みんな監視されてんねんで~(・ω・)!!」
そこからもみんなが立って待ってくれているのが見えていて、始まる前からこんな状態なんて! と驚きだったという。初めての会場、初めての福井なのにね。これが最初からクライマックスてやーつ! まあ私は立ってなかったんだけどね(おい

席とステージの距離も近いかんじ。aikoこっち来てー! って呼ばれるけどその気安さが。
aiko「なんかな、慰安旅行の宴会場で出てきた賑やかしの芸者さんにこっち来て!って呼ぶようなw」どういう喩えだよw だがわからなくもない。
福井はまだまだデビューしたての頃(花火~桜の時あたりかなー)にお世話になったところでやっと来れた! ってところで。
「いっぱい喋りたいことあんねん、若狭湾の思い出とか」 ……?? 何それ(ゴクリ
まずは曲を。知らない曲もあるだろうけど聴いてね、aiko歌います!

6・横顔
考えてみれば横顔ももう7年前の曲なんだよねーまとめに入ってるからメジャー曲と言えばそうだけど、思えば遠くに来たものだ…もしまとめに入ってなくて、シングルや秘密を聴いてない人はわからん曲となっているんだろうと思うとベストアルバム偉大やなと思う

7・サイダー
たまきがしぬやつ!!昨日に続いて。でも金沢のレポにも書いたけどものすごい悲観する曲でも、やっぱないよねって。こういうこともあるわよねえとか言いながら炭酸水をお酒と誤魔化して飲む、みたいな。どういう喩えだw 人を愛することってでもやめられないのよね~みたいなメッセージを裏から感じる。

8・卒業式
二度と会えなくなるようであたしは涙が止まらない、ってのはまさにaikoへ向けられる言葉だと思うんだよね。なんかライブ終わると次のライブまでが長いからね……。
なんか曲の内容が内容なので、高校生時代のことや、中学生の、aiko好きになりたてて毎日aikoを求めてた頃のことを思い出したりしてた。初心忘れるべからずである。


えーむしっ!
aikoも座るんでみんなも座っての流れにお馴染みなのだろうか、昨日(金沢ライブ)に引き続き乾杯しよー!って声を受けてまた乾杯タイムだよー(・▽・)! (なお後で明らかになったけどaikoの飲んでるものは若狭湾の水。って塩水やん!)
「みなさん、サタデーナイトにも関わらずこうしてお集まりいただき……」「お互いを褒め合って」 あっこれまた長いやつやw
前フリはおいといて、かんぱーーい!! 今日はわたしお~いお茶よ!(しらんがな

福井。初福井。まだ最初のころ、キャンペーンで来たときに地元のFM福井(かな?)の人たちにすごくお世話になって、いつかまた来たかった土地。念願叶いましたね。
「aiko羽二重餅たべた?」「食べたい~!」てことはまだ食べてないのかな。もう食べたかしら。女子のここ(お腹)についてるやつ。違うッ!
福井と言えばソースカツだ! 私でさえも食べたことあるぞ。食べた? 食べた? と訊かれるけど。有名なお店のやつなのかとも訊かれるけども。ヨーロッパ軒のね。
aiko「お昼に食べたんやけど、何やったかな。どこのなんやろうね? なんかおでんもあったなあ……っていうか、(初めてのところだから)知識がフワフワなの」ww
どこのやつでしたっけ? ってきいてたから、お店に行って食べたわけでなく、ケータリングかもなー。どっちだろ。

そして若狭湾の思い出。一体何なんだw
19歳の時に友達と若狭湾に行ったら、十人くらいの柔道部のよーな人たちにナンパ? されるのだけど……
……ってここでサイドスタッフさん登場w さっきのソースカツのね。
メニュー書いた紙かな。持ってきてくれたの。お昼に食べたもののやつらしいけど。
aiko「えーっと、越前名物ソースカツ……」とは書いてあるけどどこの、とは書いてないっぽい感じ。んー、やっぱケータリングなのかな。
「あと焼き鯖!」 Fuu! 焼き鯖~! 若狭っぽい! ちりとてちん!
夜のやつも持ってきて、ということで一度切り。再び若狭湾の思い出に戻る。

まあナンパされて困ってたら、海の家のお兄さんが助けてくれたと言う。
「で、その人と~……まあ仲良くなって~」 エエエエどよどよ

続きが気になるここで再びソースカツ調査の邪魔が入るw しかしトチッた模様で(夜と昼比較したいのに夜しか持ってこなかったとかそういうんやったかな)aiko、ダメだしの為袖に下がると言う珍事w ステージ上にaikoがいないっつーのもシュールやなww

何事もなかったかのように再び若狭湾の思い出に戻るw
で! 仲良くなって! 連絡先を! 交換したりと! フワッ!?
「遠距離!?」 aiko「遠距離…!」 フワッ!! まさかのロマンス!!
「スケベ!」 aiko「いやっ、そらスケベでしょ!?」 いやうんまあw
で、その人は奈良の人だったので、のちのち会ってデートする。フウー♪
デートしてー、喫茶店入ってー。当時プリクラとか貼るプリ帳があって、それを見てたら。
「あ……ミズノくん……(・▽・)」
そう! 昔のaikoの彼氏とその男子は! 大学が同じだったのです!
そして。
「……不穏な空気になって……(・▽・ )」
「……(・▽・ )」
「そのまま終わった……(・▽・;)」
wwwえええぇぇwwww
とまあそんな思い出があるので福井に来るたび「あ、ここは…!」と思うらしいw そんなww

そして即興のコーナーだよー!
道端三姉妹。えー、普段テレビとか見ないのでぜんぜん知らなかったのでおうち帰ってググりましたが、福井出身のモデル三姉妹さんなんですね、なるなる。
ニンジャ。アイエエエエニンジャナンデ!? ドーモ、アイコ=サン。とか書いてるけど別にニンジャスレイヤー詳しいわけじゃないからねw 三重から来たから忍者で。ふむ。にんにん。
プリクラ! 昨日のレジャランのあれ。えーと私の斜め30度前の子だったのでわはっaikoの視界に入ってるな私(*´∀`) なんて思ってましたフヒヒヒヒ
羽二重餅工場。ただの羽二重餅じゃなくて工場w おばちゃんがこう、やって、と言うaikoの動作w お題出したひとはすごいオンザマユ毛な髪型だったらしいので「前髪キープしてな!」って言われてたよ。
次のお題に行く前に昨日のカエルさん来てたw 「やめてー視界に入るのーw 今日も辱めに合わせてやるからなーw!」
昨日も来てたことの説明をちょっとして、
「洗ってないのそれ? 今日もびしょびしょやろ!」
「下なにも着てないんやよな。全裸。そーゆープレイを楽しんでんねやろw!」 へんたいさんだ!!
お題に戻って。初遠征! 微笑ましいな~ 大阪から。私も東名阪以外の遠征は何度か行ってる富山を除くと初めてだわ、福井。ほかの人のでも行ったことないんやもんー
つぎ。来月出産! おお~! 現在絶賛妊婦中のフォロワーのまいまいも来れたらよかったのになー、と思った。
「はいナース!」やはり結構いる。「脈はかってもらお!」「産婦人科ここにおる!」いるんだw 「お湯わかしといて!」 まさかのライブ中出産とはw わりとありえそうでこわい。

で、お題出揃ったけど。「えーー???」 うん。またこれは、難産ですねaikoさん。
aiko出来る子よ!「aiko出来る!」
aiko足閉じて!(きゅっ!)閉じたw
aiko羽二重餅なの?「……aiko羽二重餅…」(根に持った感じで三回くらい繰り返してたw)
(どうでもいいけどこの質問した人、男子でもそうでない人でもイェーしてて、見ててめっちゃ不快でした。動きも派手だったし、迷惑かけてんじゃないかしらねえ)
どういうフリを受けて降臨したかは忘れたけど何故かでてきたマイコw 聞こえてきた限りではマイコしらん人もおるぞw
「今日は、初めての福井ライブ」 かわいいー!
「かわいいって言うけど、心の中は真っ黒だからねv」あああw
そしてマイコのまま歌い出すw キツくないかw しかし間違えてる。というかまだメロや歌詞が定まってない感じだった。
「……もうそろそろ、無理がたたってきましたw」 ほら言わんこっちゃないww
「……戻していいですか大丈夫ですか?」 マイコ→aikoの戻り様ww 貴重なもん聴けたワ。

↓そんで歌うよ。こんな感じの曲でした↓
羽二重餅工場で働いてる私は道端三姉妹に憧れてるの。
夫は忍者に憧れてるの。
aikoのライブ、初遠征! 来月出産!
aikoは笑ってるかな? 隣の人はカエルかな?
記念に夫とプリクラ撮ろう。子供が生まれたら見せてあげよう。
ほおおええ話やないですか~~( ;∀;) でもタイトルは「羽二重餅カエルサンド」ってw

ちょっとマイコについて解説。双子の巨乳キャラと言う設定。あと萌えボイス。言うほど萌えな感じしんけどね…
「まあ……茶番なんですけど」 茶番ww

そしてやっと曲に行くのです。
「結構前の曲で、テレビゲームって曲なんやけど」
「元気のない人や、落ち込んでいる人が、元気になって欲しいな、と思って作った曲です」

9・テレビゲーム
この曲が出た当時いろいろあって辛かったので、この曲を聴いてさめざめ泣いたり、ただaikoの歌声に包まれて癒されてたりしたなあ、と… 今もね、ここに至るまですごく辛かったから、aikoに慰めてもらってる感じでした。

そして次は、あなたを連れて。
「人って、100%理解することは、出来ないじゃない? 風邪をひいてたりすごい辛い時でも、その人じゃないから、全部をわかってあげれない、じゃない?」
「でも、だからこそ、話をしたり、傍にいようとする」
「この曲は、そういう歌です」
あー(´; ;`) 戻れない明日を思い出すわね…

10・あなたを連れて
泡愛で一番好きな曲であるのは、人と人はわかりあえないとわかりながら、それでも傍にいようとする、それこそが愛であるとこの曲に込められてるからなんだろうなって。
何となく思い浮かべてたのが、ついったで見かけたもので、違う世界の人同士、同じ世界にいられないけど、すごくすごくギリギリまで近付けば、同じ世界にいられなくても、隣同士、傍にいることは出来るよねっていうもの。
やっぱそういうのが愛ですよ。aikoと私の間にも、愛があるといいよね。そういう勘違い、させてね。


では後半戦につづくのです。
この記事のURL | aikoライブレポ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あの雲の向こうまで笑い飛ばしてくれますように 【Love Like Pop Vol.17 10/11 福井フェニックスプラザ ライブレポ・後編】 | メイン | ねぇ 隣で歌わせて 【Love Like Pop Vol.17 10/10 石川本多の森ホール ライブレポ・アンコール編】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4249-d0774fb8

| メイン |