なんどめだ浅草 【らくござっきぷち】
2015/02/05(Thu)
短めに。上京した24日は歌舞伎鑑賞のあと一服して浅草演芸ホールに行ってきました。ってなんどめだい。いや言う程行ってないよ、三度目かそれくらいかな。振り返ってみると歌舞伎から落語なんて、ちょっと伝統芸能づいてる一日だったかも。歌舞伎から落語への落差激しい気もするが。
ひつじどしー
ひつじ年です。まだ行ってない上野か池袋、と思っていたのですが出演者で決めました。他の出演陣があんましピンとこなかったので浅草にしました。主任が雲助師だったのですよ。着いたのは七時前くらいだったかな。ちょうど中入りの時間だったのでタイミング良かったー。覚えておこう。浅草は中が赤色基調なので好きですね。おしりいたくなる椅子だけど。
白酒師が浮世床だったのですが、太閤記読むところで太郎太刀を使う真柄直隆の活躍をつっかえつっかえしつつ読む、ってのがありますが、いまちょうど刀剣乱舞で毎日遊んでるところなので個人的にタイムリーな噺だなーと思ってたり。しかし……他の人の噺ほとんど寝落ちしててすいませんでした…orz あんまり出歩かないつもりでシンプルな予定にしてたんだけど、やっぱ旅行ってちょっと気ぃ張るからなあ。色物さんは比較的覚醒してたかな。なんか寄席ではペペ桜井さん毎回見てるような気がするw でも雲助師のはちゃんと聞いたよ。宿屋の富でした。これは高津の富も合わせて生で聴いたことは無かったはずなので嬉しかったー 

今度こそ上野か池袋いくぞーう。そして明日から金澤大演芸まつり! 何気に初文枝師だよーまん我さんもたのしみだなーん
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<落語を聴きに来たはずが気付いたら弦楽四重奏を聴いていた 【金澤大演芸祭り】 | メイン | 春の嵐サンベリーナ 【アイカツ!ざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4373-6aaebac6

| メイン |