ピンクのあの子は愛と勇気のピッグガール 【ぶーりんざっき】
2015/04/16(Thu)
U-NEXTの一ヶ月無料が明日までなのでとんでぶーりんを見れるだけ見ています。Gyao!配信を知ったのが開始してから一ヶ月後だったのでね…最初はGyao!配信に追いつくまでと思ってたんだけどどうせ一月無料だしと思って 二十周年アンソロを買った時機会があったら見たいと書いた以上見なきゃいけんから、意地でも見てる。でも実はリマスタリングのDVD-BOXが新しく出るみたいなので、そのうちネットレンタルのラインナップにも加わるのではないかと思いたいのだけど……ないかなー

放送開始20周年記念企画 想い出のアニメライブラリー 第37集 愛と勇気のピッグガール とんでぶーりんDVD-BOX  デジタルリマスター版 Part1放送開始20周年記念企画 想い出のアニメライブラリー 第37集 愛と勇気のピッグガール とんでぶーりんDVD-BOX デジタルリマスター版 Part1
(2015/05/29)
白鳥由里、渕崎ゆり子 他

商品詳細を見る

ツグさんはブルーレイじゃないことに落ち込んでたみたいですが。確かに今出すならブルレじゃないのかと思う。
ぶーりんは春開始のアニメかと思ったら秋開始の一年アニメ。アイカツ!みたいですね。だから第一話が二学期の始業式からだったよなんか珍しいね。放送が94年で、その頃といえばセラムンが一世風靡した頃でぶーりん変身シーンの果林のリボンが広がるところなんか多分セラムン変身シーンのリボンを意識してるんじゃないかと。と同時にセラムンの頃っつうときんぎょ注意報の影響もある頃で、ぶーりんのコメディ感はきん注の系譜にあるんじゃないかと思います。それにしても女の子が魔女っこでもなく魔法少女でもなくプリキュアみたいな華麗でかっこかわいいヒロインでもなくブタに変身するって筋書きは今だったらアウトなのではないかってくらい奇抜ですよね。九十年代って冒険してますよね。

いまバレンタインの話まで見てるところ。21話の日高さんと果林のエピソードすごいよかった……本当は果林みたいになりたい、本当の友達になりたいっていう切なさよ… そんで名前呼びとか呼び方の変化に弱い私は最後薫ちゃん果林ちゃんって名前で呼び合うようになるのに大層萌えたといいますかきゅんとしましたと言うか やっぱ女の子同士ですよね~~~~ いや、百合ではなくよ!? 女子の友情が好きなだけなの……わかってこの気持ち。百合じゃなくて女の子同士が好きなの……
そして意外と人間関係が入り組んでいるというか……恋の矢印がジグザグしているなと。果林は水野くんが好き、薫も水野くんが好き、真実は柏木くんが好きだけど柏木くんは薫が好き。競子が好きなのは琢磨先輩で、琢磨先輩は果林が好き。そして水野くんが好きなのはぶーりん、ぶーりんの正体は果林……という。真実の自分の気持ちをごまかすところとか、果林もはっきりしないで冗談にしちゃうところとか、少女マンガ的切なさやはがゆさがありますね。基本コメディだけど。

トンちゃんが地球の人間の少女をぶーりんにして活躍させるっていう王子修行はそれこそ二十周年アンソロでツグさんがネタにしていたようにまんまキュウべぇ。何せお父さんが卑弥呼をぶーりんにしてたくらいなんだからw 完全にインキュベーターじゃないすかw でも思ってたよりトンちゃんの出番少ないんですねー。
ちなみに好きなキャラはやっぱり黒羽だったり。競子ね。どーも私はホントに幼少の頃からこういう主人公を目の敵にしてる&みんなから迷惑がられてる感じのツリ目のライバル系キャラにとことん弱いらしい。あと黒羽はお嬢様でもあるしね。
そういえば果林の私服がほぼ毎回違うのですごい凝ってるなーと思ってたら、今のアニメにはないであろうスタッフ「ファッションコーディネイター」なる方がおりまして。そうだ二十周年アンソロにも書いてあった。多分この方が果林の私服を考えていたのかなと。学園の制服もこの方のデザインだってゃず。でも確かもう他界された……と書いてあったような… 二十年前ともなるとね。ちょっと切なくて寂しいですね

ぶっちゃけ、最近のアニメに慣れすぎてぶーりんかなり単調なアニメで正直つまらんって思うことが多くほぼ流し見とかになってる回もあるんですが、果林の真珠がちゃんと集まるのかとかが実は子供の頃から地味に気になっていることなので、忘れなければ夏頃まで見ていると思います。でもどっかで切ってそう…… しかし、ぶーりんの挿入歌集なんとかして手に入れたいものだわ。と言うのもぶーりんマーチなるパーキッツの曲が聴きたいがためである。どうせメドレーとかだろうけど 16話の挿入歌だった果林のキャラソンがパキプロデュースだからってのも欲しい理由の一つなんだけどね。

追記。そういえば白鳥由里さんの主役のアニメってこれしか知らないような気がする。何と言うか白鳥さんってバイプレイヤーと言いますか、あんまり主役とか主演するタイプではないよね。セイバーマリオネットのチェリーとかウテナの七実とか、脇役のポジション。勿論いい意味で言ってます。久川綾さんとかもそうだなって思うんだけど。久川さんが主演のアニメってあたし十二国記しか知らんぞ。そんなこと言ったら光一役の石田彰さんも主演と言うよりは名脇役と言う感じ。脇にいてこそおっCV石田彰のキャラこれは怪しい!みたいな感じ
この記事のURL | アニメ全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ここがステッカーのない世界か 【ぐっずだぐっずだー】 | メイン | 私と一緒にレッドカーペットを歩かない? 【どらまざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4444-9e1bb8b0

| メイン |