猫と歩けば 【たまくしげ更新りれきざっき】
2015/06/28(Sun)
どうも、たまくしげ管理人兼著者のおきあたまきです。先週に引き続いて吾輩は魔法使い・せんせいのまほう順調に更新ですなー。今回は話しの本筋からは少し外れているというか番外編のような感じの話です。
たまくしげ

○長編『吾輩は魔法使い』 第二章「せんせいのまほう」5掲載しました。
このせんせいのまほうは七年前に書いた作品を後半になるにつれてほぼ全面リライトしてる作品なのですが、この5はそのファイルの流れにはなかった書き下ろしのセクションです。ワガハイと三四郎が一緒に長い時間過ごすような話がそれまでなかったこと、三四郎がワガハイに魔法の指南を頼むこと(そのわりには魔法練習してる描写があまりなかったりするのである……それダメじゃないか)、あと漱石の「吾輩は猫である」の三毛子とのエピソードはどこかで使いたい、使うならやはりせんまほが本格的に動き出す前のここだろうなあと思ったので書いた次第であります。坊っちゃんが坊っちゃんらしいところを見せ始めるのは次からです。あと美禰子の見てる刑事ドラマは相棒のつもりです。しかし私の相棒視聴歴はめちゃ中途半端ですごく短かったりする…
猫の集会を書くにあたって動画とかいろいろ見て渡って執筆時間がごりごり減ったのもいい思い出。ああ昨日のネコ歩き見たかった! ネコ歩きminiはよく朝ドラBS放送の後にやってるので見ちゃうのですが。

先週書いた執筆のピンチからは未だに抜け出せていないのですが、今はaikoの前期歌詞研究の方で書き物をしているので少し精神安定しています。いやそちらも全然完成していないのですが……予想以上に長考してるというか、どんどん冗長になっていくというか……ほんとにまだ40%くらいしか書けてない…… 締切はデビュー記念日の7/17、それか7/18か7/19。三つ原稿書きたかったんですがやっぱ二つになるかなあ……うう、赤白黄色でチューリップ!ってやりたかったのに… ドトールで考えたり執筆するのが好きなのでまた籠ろうかな… これが終わったら拍手のお礼SSを考えようかなとぼんやり思ってます。
新しい作品を生み出す気力がないと言うことも問題なんですが、他の方の書いた小説を読んだりアニメでも映画でもゲームでもいい作品に触れたりしてるとやっぱり「自分も書きたい」って気持ちがむくむく膨らんできます。最近ずっと「本」の読書してないのですが(創作の資料として本を読んだりはしましたが)こないだSFの古典「夏への扉」を買いました。夏の読書にしたいと思います。しかし「若草物語」とかムーミンシリーズとかここんとこ翻訳続きでもあるなー。

今週も拍手やご訪問ありがとうございます。次回も近いうちにあげられればと思います。次からは1セクションごとの更新になる気がします。つまり1セクションごとが長いということですな。
この記事のURL | 更新履歴&小説執筆&創作 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あっちへふらふらこっちへどんぶら 【ざっき】 | メイン | 雨に橋を渡れば 【とうらぶざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4517-5a141b64

| メイン |