君は北陸を駆けるかがやきを見たか 【ざっき】
2015/07/16(Thu)
○わー
ピースの又吉さんが芥川賞受賞でめでたいTLである。私はお笑いには詳しくないし普段テレビもそんなに見ないからよく知らないのだけど読書家って印象があったし春樹の文庫に彼の推薦文の書いてある帯があったりしておー同じ春樹好きの同志よ…とか思ってたくらいで、受賞作がどういう作品かは知らないのですがおめでとうございます。受賞の時のコメントも本好き、物語好きとしてほっこりしました。ちょっと萎えていた読書欲と創作欲が少し甦りました。文学の話題でTLがにぎわうのはすごくうれしい。
芥川賞と直木賞でわあわあいうのは綿矢りさ&金原ひとみ/江國香織&京極夏彦の時以来な印象なんですよね。ほら芥川賞の二人は最年少だったから。ちなみに私はこの時「ファッ!? 京極が直木賞!? オタク御用達作家じゃないの!?」と言う失礼なことを思っていて京極読むようになったきっかけの一つでもある。一番のきっかけはTRICKで好きになった阿部さんが姑獲鳥の映画化で榎木津演じるって知ってじゃあ読む~という感じのやつ。高校三年は戯言シリーズと京極堂シリーズに彩られた年だった(トオイメ
でも一方で他の受賞候補作が落とされたことで(あ、羽田さんも取ったけど)文学専攻やその他いろいろな方からは厳しく言われてる感じもする。確か立川流のどなたかだったと思うけど、ツイートで「作家一本でやってる方からしたら腸が煮えくりかえるような出来事、落語家以外の落語が評価されるのと同じ」って言っててあー確かになーとか思ったり八犬伝綺想の小谷野氏も静かなる憤怒をツイートしておられた。島本理生さんが落ちたんだっけか。でも春樹もずっと芥川候補でついに取れなかったし(ノーベル文学賞もそうなりそうだな……別にいいんだよ!春樹は取れなくたって!)芥川賞だけが文学賞じゃないし、かくいう私も取りたいって思う賞はこういった純文学の賞ではないし……あれ。何を書きたいんだ私は。何を書いているんだ私は。でも……やっぱなんだろうな。純文学を書く人にとってはものすごく憧れなんだろうな。私が取りたい賞とかと同じで。

○かがやけ!
ちゃうねん。そんなこと書きたかったんじゃないねん。10日に初めて!北陸新幹線かがやきちゃんに乗ったYO!っていう頭悪い文章を書きたかってん。
金沢へ参ります
東京駅からのきっぷだったのですが上野から乗りました。上野の新幹線乗り場深いな!! ほぼ地下鉄やで!! っていうか地下鉄やなうん! こんな掘って大丈夫なんか…と今更東京の地下事情を心配する私である。東京の地下と言えば世界の終りとハードボイルドワンダーランド~ ……あれ東京の地下だったよね。全席指定席で赤いシートがかわいい~赤レンガな金沢意識してるということでいいのかしら。枕が! 枕がついてるよ!(そこかい) 席がひろびろしてて隣に人がいるのにあんまり気にならなかったなあ。あ、でも長野前くらいからはトンネル乱舞だったから携帯の電波悪いかな…

思えば新幹線初めて一人で乗ったや。新幹線は……前に乗ったのが10年近く前だったかな。ユーミンの苗場の為に越後湯沢に行きたかったんだけどはくたかが強風で止まっちゃって……と言う。そうそうこのブログ始めたすぐの頃にあった事件でしたね。だからログありますよ。東京周りで苗場いったのさ、あれくらいピンチなのは無かったなー その時に米原-東京間を新幹線で行ったわけですが楽しめる余裕なんてなかったのよね。んでその同じ年の春に東京-新潟間を別の新幹線で行きました それ以来です。そんで北陸以外の遠征の帰路を電車で帰るってのもすごい久しぶりだったので(きたぐにが臨時になったからねえ……つうか今きたぐにで帰れる体力ないと思う)新幹線さまさまだわ……と思っていたり。
二時間半ほどでかなざわー!まさか日帰りできる日がくるなんてね。新幹線乗るのも初めてなら金沢駅の降り場に行くのも初めてで、金沢駅まさかの自動改札も初めてだったぴょん。来月も同じ時刻の便にお世話になりますぜかがやきちゃん
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<セブンティーンaiko 【aiko17周年おめでとうございまし】 | メイン | とーはく!とーはく!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4535-343bb5f6

| メイン |