月刊たま本丸七月号! 【とうらぶざっき】
2015/07/21(Tue)
とーうーらーぶー。画像関係の問題のアレから10日が過ぎましたね今日で。新ステージも来週実装予定って言ってたし今週かなあ。新キャラいるのかな。日本号の紋がグッズに入ってたっての見たし、図鑑発売する前には実装されるんかなーとか思ったり。ところで同じ刀ゲームの「しんけん!」の方の刀と真剣少女の展覧会が岡山の美術館?であって、そこに大包平の真剣少女と大典太の真剣少女があって大典太いいな~~~~;;って思いながら画像まとめ見てました。前田家の刀&天下五剣の大典太、先々月に実物見てきたってのもあるけど、早く実装されてほしいズラ…… さすがにしんけん!はやる気ないんだけど……ただでさえ少ないキャパがとんでもないことになるし、あんまり興味ないし……そんなにそそられるキャラがいないし、ゲームシステム難しそうだし……つうかとうらぶの方もいったん引退したいくらいなんですよーでもまだ来てないキャラが二人いるからどうにも……

ほんとですよねー 一体いつになったらうちに長曾根虎徹と明石国行がくるんですばい。だいたいさー検非違使ドロの方はさー何度も書いてるかも知れんけどドロップマスがランダムってあなた艦これでもそんなことありませんでしたよ、日によって検非違使出る出ないが大分違うじゃないですか、誰ですかこんなクソ仕様それでいきましょうってゴーサインだしたの。普通に考えていやそれは……って思うじゃんブツクサブツクサ……艦これのRomaだってE-6限定ドロだったけどちゃんと二ヶ所に場所設けてそこの周回すごくラクで回数こなせばドロあったんだからブツクサブツクサ……
いいよもう、気長にやってればそのうち来るって気持ちでいればいいわいね。んなことより隣のタブの鎮守府の方の阿武隈改二の任務を(の多すぎ)終わらせて~ (ザクッ!)あーはいはいそっち検非違使出たのねはいはいよしよし索敵成功ねー刀装溶かしてもいいよー枠が狭まってるしー ……よーし一水戦再び3-2にしゅっつげーき うん? あーはいA勝利よかったねーはいはいドロはどうせ短刀だねー…

にせもの?

……
…………
アイエエエエエエエエエ?!?!?! ナガソネ!? ナガソネナンデ!?!??!! 

ひ、ひ、久々に手が震えたというかじゅわ~~~と指先から痺れが生まれていく感じ……これはあれだ……初風ドロの時に似ている…… ということで……一体誰が表紙になるのか人選が危ぶまれていた月刊たま本丸、七月号の表紙はソネニキに決定だよーー これで打刀全員そろったーワイワーイ!

浦島「長曾根にいちゃーん! 会いたかったー!」
長曾根「待たせてしまったな。……蜂須賀も」
蜂須賀(無視)
長曾根「相変わらずだな……」
浦島「ぶー。……別に贋作かどうかなんてどうでもいいのになー」
長曾根「ま、アイツの信念なんだ。あんまり悪く言ってやるな。俺も自分が贋作であることは別に隠すつもりも、辛く思うつもりもないからな」

武蔵「……ふうむ」
蜂須賀「ふもとの鎮守府の武蔵。……君、よくいるね」
武蔵「ま、下にいても最近は私の出番がなくてな。ここにいて美男士どもをからかう方が暇つぶしになる。……それにしてもやっと兄が来たと言うのに、うかない顔だな」
蜂須賀「あんな奴は兄でも何でもない。よく言っているだろう」
武蔵「本当に兄が嫌いなのだなあ」
蜂須賀「何だい。しみじみするように言って」
武蔵「いや、うちの鎮守府はいわゆる姉ラブ勢が多くてな。瑞鶴もよくここに遊びに来ているが、あいつもいつも翔鶴姉翔鶴姉とうるさいぞ。かく言う私も、姉のことは好きだ。私に比べるとちょっと威勢が足らんがな」
蜂須賀「……そうかい」
武蔵「ふもとには過激派がうじゃうじゃいるぞ」(背景に扶桑型二番艦・金剛型二番艦・千代田型二番艦・利根型二番艦のシルエット)
蜂須賀「それで……俺に何をしろって言うんだい」
武蔵「別に。ただ、珍しいものが見れるナァと思って」
蜂須賀「……」
武蔵「ふはは。鎮守府への土産話にでも、してやろうかなァ」

……と言う小話はどこにも続かない~のである。虎徹三兄弟の話なんか読みたいなー小説よりは漫画とかで なんかいいのぴくしぶに無いかなー 兄弟間の確執が好きな私としては蜂須賀と長曾根すごく好きだと思うんだが。あとで検索しよ。

ところでソネニキのこの部分が艦娘の艤装みたいに見えるのね。
これ何だろう
何なんだろうこれ…… ということで長くなりましたがソネニキゲット報告でした。後は明石!裸エプロンじゃない方の明石! だがラス1は長いのよね、出るまでね…… 八月号の表紙は……飾らんだろうな。御手杵にしても蜻蛉切にしても浦島にしても長曾根にしても何か片手間でやってる時にドロするので、明石掘りも何かと並行してやるかのう……
この記事のURL | 刀剣乱舞 / とうらぶ | ▲ top
| メイン |