70年目の空の下
2015/08/06(Thu)
今日は広島原爆忌。七十年です。七十年。大きな節目です。当時二十歳の方が九十歳……そりゃあ、知らない世代が増えてくるのも当然だな、と思いつつ、毎年と同じく本日、式典の様子をTVで見て朝に黙とうをささげ出勤いたしました。

ブログはまあ毎日毎年突発的に書かないことを除けば大体ほとんどの日にちを書いているのですが(無意味な時間の使い方をしてるなとは思う)かといって日常的な雑文は読み直すことはあまりないです。なので、毎年同じようなことを書いているかもしれません。けど今年も……今年は今年で安保問題がものすごいピリピリしてる時期なので、まあ書いてもいいかなと。
私が太平洋戦争のことを知ったのは小学一年生のまさに今日、八月六日。大きなきのこ雲の写真と原爆の悲劇。あの頃はまだ五十年しか経っていなかったんですね。なんだかとんでもない昔のように思えるけど、数字で見ると戦時中の歴史は平成初期のあの日にまだ何とか地続きで繋がってたのです。だから私の太平洋戦争、あるいは大東亜戦争、あるいは日中戦争、あるいは十五年戦争……広く“戦争”と言えるもののイメージはイコール原爆と言ってもいいのです。最初がそうだったからね。

ここからどんと省略して書きますけど、私は子供なりに「戦争」というものにどこか「こわいものみたさ」で興味をもっていろいろ見たり読んだりしていく内に(主に日本本土の記録。なので圧倒的に空襲だとかそういうことのものです。とはいえ、そんなに量はない)閾値を超えてしまい、小学校四年の八月六日の登校日に見たとある戦争教材のアニメでどかん、と圧倒的な恐怖を植え付けられました。ただただ「怖い」と思ったのです。そこから私は太平洋戦争の、特に日本本土の被害に関しての情報にひどく怖がるようになり、つまりはトラウマとなってしまいました。夜、一人で寝ることはおろか、昼間家で一人でいることも怖かったくらいです。
なので、八月六日も九日も実は私にとってものすごく怖い日なのです。毎年、どこか怯えた気持ちでこの日を迎えます。……あらゆる意味で非常にデリケートなことなので、このことを冗談のネタに使ったり、そう見られるようなパフォーマンスをするような人ははっきり言って、それがデマであろうとも軽蔑します。……誰とはいいませんが。
でも怖いのとは別で、ちゃんと事実を覚えていなければいけないと思っているからこそ、毎年きちんとした気持ちで迎え、広島にももう十年くらい前になりますが足を運びました。最近もまた、呉の大和ミュージアムに行きたい関係もあって広島また行きたいなと思ってます。

大和ミュージアムに行きたいのは、まあ大体お察しの通り私がオンラインゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」でかれこれ二年近く遊んでいるいわゆる提督であるからであって、艦艇に興味を持ったから、でありますが……
兵器である原子爆弾と、同じく兵器である戦艦や戦闘機。または最近流行りのところでは刀剣、なんか秋からは銃?(※男性向け)も擬人化が始まるみたいですが、ま、銃は興味ないのでおいといて、それらは全て、大きく言って「殺傷兵器」です。
なんぼ刀剣が綺麗だからって、美術品としての歴史が長いからって、振り回しとけば斬れます。一刺しであっさり人は死にます。なんぼ駆逐艦や巡洋艦が人命救助にあたったからと言って、砲撃や雷撃で敵船を沈めれば中の乗組員は死にます。“彼”らも“彼女”らもみな兵器です。
刀が全盛の時代はそれが戦(いくさ)であり、艦艇が全盛の時代ではそれが戦争でした。内と外の違いはあれど国同士の真剣勝負でした。相手も必死でした。私は平和な時代に生まれた、兵役に就いたことのない一介のアラサー女性です。だから多分に想像が含まれることになりますが、命のやりとりをする、そういう暗黙の約束があって彼らは必死に戦ったのだと思います。そんな彼らに、また艦艇としての彼女らに、または刀剣としての彼らに、いろんな想いが寄せられて私達はフィクションを愛好するのだと思います。

でも、最初に書いたように、突き詰めれば単なる兵器でしかないです。大勢の乗組員も個性のないただの兵士です。
だったら、たとえばね、本当に……
……書くのも嫌なんだけど、たとえば……原子爆弾が何らかのモノに擬せられたとするじゃないですか。
想像することも嫌ですよ。
本当に本当に嫌ですよ。

「あの兵器」は【殺戮】の概念そのものだと思うのです。あるいは【災厄】。災厄なんて生易しい言葉じゃ足りませんね。災禍でしょうか。それでも足りないな。
そこに何の感情もないのです。もっと言えば「付与してはならない」 徹頭徹尾、冷たい兵器であるべきなんです。アレは。人類の、というか個人の倫理観に大きく依存する物言いにはなっているのですが、「ここから先を踏み外したらいけないな」というものが、基本として備わっていないとまずいなと思います。踏み外したら、人間として大事な大きな何かを捨て去ることになるんじゃないか。そう考えます。あと時間の問題ではないですが、投下されてからまだ七十年しか経っておらず今も後遺症に苦しむ人がいて、けれど伝えていく人はどんどん少なくなっていって……それなのに知らない世代も多い。勿論外国の人も知らない人が多い。かつて敵国だった国も。どことは言いませんが。もしね、そういうものを安易に何かそういうのにされたらと思うと、本当にその人の倫理観を疑いますよ。

【殺戮】の概念そのもの。
犠牲になった人の多くは、今の私達と変わらない善良な市民だったはずです。戦争の情勢が気になりつつも、毎日を懸命に生きてたであろう人々です。その当時のその人達なりにささやかな夢や希望があったはずです。でも、それが突然に燃えて消えてしまった。天災でも何でもない、ヒトがもたらした兵器によって突然。ただ敵国だったから、ただ戦争を終わらせたかっただけで、なぜ街一つを消してしまう。なぜ何万の人の命を奪ったの。しかも別の日にもう一度。こんな非道なことが時機が悪かったとかそういう運命だっただとか、そんな、そんな小手先の使い古されたレトリックだけで終わらせられるわけがないんですよ。何の権利があって大勢の人生を根こそぎ奪い取ることが出来るんですか。

私は戦争は嫌いです。かといってあまりに行き過ぎた左翼論者にもなりたくないし、といって右翼論者に思われるのも本当に心外です。ウのつく街宣カーは私が嫌いなものの一つで、あんなものは滅んでしまえばいいと子供の頃から思っています。かといってかといって、武力を全て放棄しろとは思いません。自衛隊の皆さんもそれぞれの任務に全力を尽くしていると思いますので。でも今日広島市長が仰っていたように、武力に頼らない平和維持を心がけるべきだと思います。どことはいいませんし、何がとは言いませんが。
ではなぜ戦争が嫌いなのかと言うと、この広島や長崎の原爆、沖縄の地上戦、戦闘機による機銃掃射、東京や大阪といった大都市の空襲など……日本軍だって残虐なことをしていたはずですけれど、無辜の国民が襲われるといった事実も同じくらい確かにありました。同じくらい? それ以上ですわよね。……ちなみに本来そういう空襲とかは、許されていないことらしいのです。
このような「人間の自由と尊厳を奪うようなことを平気でしてしまえるようになる」ことが恐ろしいから、私は戦争が嫌いなのです。人間の人間らしさや尊厳、幸せや夢や希望を奪い、正常な思考で物事を考えられなくしていく。恐ろしいことを平気でやれるようになっていく。そう言う風になりかねないから、そう言う状況が恐怖そのものだからこそ、戦争はいやなのです。

もし万が一、何かの戦争に参加しなければならないことになったとしたら……それは単なる小市民に過ぎない私が止められる話ではないのですが、……近い将来そうなる可能性は捨てきれない。残念ながら。
でもその時は、本当の意味で、詭弁ではなく、言い訳でもなく、きれいごとでもなく、もう一度言いますが真の意味で「誰かを護るための力」であって欲しいと思います。決して侵略や、殺戮の為に力を行使しないで欲しい。誰も何かを壊したり、奪ったりすることなど許されていないのですから。それは二度の核兵器による被爆、度重なる天災、その極めつけの未曾有の大震災を経てきたこの国だからこそ心に刻みつけられているはずだと私は信じます。

今日は長くなりましたが続きにはとじません。このままオープンにしておきたいと思います。
七十年前の八月に想いを馳せて。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<心に剣 輝く勇気 【バケモノの子ぷち感想】 | メイン | 艦これサントラ「風」の販売に関しての不満をぶちまける 【艦これ】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4556-aa73b76d

| メイン |