いざなわれて岩殿寺 【鏡花作品聖地巡礼「春昼」の巻】
2015/09/07(Mon)
このカテゴリ久しぶりだ、鏡花カテゴリです。卒論から約6年、いよいよ私は春昼の舞台のひとつとなった逗子・岩殿寺に足を運ぶことが出来ました。今回はそのことを記します。
8月30日、こちらも念願であったaikoのフリーライブ、ラブライクアロハ5に参加し、へとへと~になった体は一日経つと体の節々が筋肉痛でバッキバキになりました(今思えば風邪の前兆でもあったのかも知れない) でも朝食食べてゆっくり準備すれば大体おっけー! 宿をとった藤沢を後にして逗子へ向かいます。

岩殿寺までのアクセスを簡単に書くと、逗子駅から六番のバス乗り場ハイランド循環バスに乗り、久木三丁目で下車。反対側の道に行き、復路の久木三丁目バス停のすぐ傍にこんな看板があります。
こっちだよー
見つけた時「うわあありがたい!わかりやすい!」と思わず声を上げてバス停にいたおばあさん驚いたかもしんないw この看板に従い、自分でも印刷してきた地図を照合しつつ歩いていくとまた似たような看板に出会い、それに従っていくとまたまた似たような看板が……正直迷うこと覚悟で来たので本当にありがたかったです。一応巡礼地の一つであるからなのかも。全く普通の静かな住宅地を歩きながら聖地巡礼しにいく感じは五月の清光碑を見に行ったことを思い出させたわ。
しかし……しかしね……目指す先がどう見ても「山」なのはどうなのさaiko とちょっと思った。昨日海で! 今日山ですか! 夏の最後に海と山ですか! ドラえもんの海底鬼岩城ですか!(海と山どちらにも行きたいのび太達を海底火山に連れていくというあらすじだから) さすがに足があの……轟沈しそうなんですが……実際次の日風邪引いたんですけど。

歩くこと十数分、入口でお賽銭箱に100円をいれ、いざ岩殿寺へおじゃましまーす。
びっしーーー
入り口にはこんなにびっしり千社札が。ある意味ホラーな気もします。春昼にもお堂に貼られている千社札の描写がありますが、そこまではまだ少しかかるのです。

春昼の散策子と住職が話していたあの観音堂を目指すべく、ラブライクアロハからのラブライク石段スタート!!
ラブライク石段
これ画像で見ると大したことないなって思うけど実際大したものなのよきついよw 前日のハードな待機列もしんどかったですがここもきつかったです。でも登りきった後の見晴らしはよかったー
見晴らしよきかな
あいにくのくもり空で、出来れば春昼のような穏やかな暖かい晴れた日に来たかったです。

観音堂の画像は撮ってこなかったのですが(撮ればよかったよー) 今は閉まっています。ずっと開いてるものだと思ったので残念。でも少し入ってみて後ろを振り返って思わずうわあと声が出てしまった。この! この千社札のびっしりさを見よ!
振り向けば千社札
画像暗くてなおさらホラーですがw 余白なんか残さないよと言う勢いでびっしーーーと貼られてました。組の名前? 会社の名前? 個人名? まさしく春昼にあるように、札の名前を頼りに霊魂たちが集う場所なのでしょう。お堂の中もびっしりなのかなあ。そこにみをさんの「うたた寝に…」の歌がほんとに貼ってあったら…

お堂の傍には鏡花の寄進した池があります。ちょっと調べると池造りにはすずさんがかなり努力されたそうだ。
鏡花池
そんなに大きくはなく、結構こじんまりとしてます。こっちの画像はりあたいぶろぐにはっつけたの、再掲。
鏡花のいけっ
この池にかかる赤い橋を渡ると熊野権現の小さなお社があって、ちょっと参拝。その先に蛇や蔵というなんかいかにも鏡花が嫌がりそうなw ところがあります。といっても何があるのか近付いてみた私もよくわからなかったのですが、網が張ってあってもしかして蛇がいるのかな~怖いな~と思いそそくさと退散。ググって調べてみると井戸が祀られているんだそうで…

なんか帰るのが名残惜しかったので観音堂の裏の方にいってみる。光が入らなくて昼間なのに薄暗くて怖かった。奥の院岩殿観音というまさしく字の通りの岩で出来た小さな洞穴の中に観音像が…あったらしい……そこまで確認出来なかったです。あう。そして少し進むとちいさい稲荷神社と猿田彦神社があります。ほんと小さい。そして観音堂下手側に、更にどこかに行ける道があったので少し行ってみたけど行き止まり。(ネットの写真とか見る限り普通先に進めるようなんですがこの日は入れませんでした。ここをもうちょっと行くと長寿観音や聖徳太子像なんかがある模様) 雨で濡れていて危なかったのですぐ戻ってきましたが、あとで春昼を読んでたら、おそらく客人があの不思議な空間に行くときに通った道だったようで……ああ祭囃子が聞こえてたら私もそっちに行っちゃったかも、なんて思いました。

鏡花の句碑があることは調べてなかったのでちゃんと見てこれませんでした残念。(なんとなく見た記憶はあるにはあるのだけど) 時間に余裕はあったけどだからといってあんまりより道は出来ないし、ちょっと円覚寺にも行きたかったので十時半少し前くらいに発ちました。
いやー、自分の卒論の舞台になったところ、いつか行こう行こう、でもいつ行けるかな、と思ってたのでちゃんと行ける日が来てよかったです。アロハをやってくれたaikoに感謝です。ほんとは鏡花のうさぎ型の文学碑がある大崎公園にも行きたかったのですが交通の便が悪かったのでスルーしました。またいつかの機会に。
この記事のURL | 泉鏡花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<日本号がきた! 【とうらぶざっき・月刊たま本丸八月号】 | メイン | アカクアカクモエテシマエ 【たまくしげ更新りれきざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4589-55014731

| メイン |