いつか静かな空と海の間で 【遊就館にいってきた】
2015/10/07(Wed)
靖国神社いってきたーに続いては艦これカテゴリに収納になりますが、併設されている資料館の遊就館に行ってきましたの記事です。その日の前半のメインになるはずが、長居に長居を重ねてなんと五時間超も!館内にいました。足が疲れた!

まあ、きっかけが艦これってわけでもないんですけど……もともと何回か書いてますけど「戦争」特に「太平洋戦争」そのものに対する興味ってのは、子供の頃からすごくありましてですね、機会があればずっと没頭していろいろ資料やらなんやらに触れていたいクチなんですね。くわえて今年は戦後七十年で意識高まってるし、国内外は安保・集合的自衛権・憲法解釈だの改正だので揉めてるし(自民党の草案は絶対ヤダよー><)二年くらい艦隊これくしょんっていう太平洋戦争の海戦をもとにしたゲームで遊んでるし…何度も書くけどわたしゃ戦争やだかんな! 力を持つことになっても平和のために正しく使われて欲しいし、誰かを助けてる自衛隊さんたちでいて欲しいわけよ。ええいこんなことを書きたいんじゃないんだ。そういう背景もあって、何か学べるところ、資料館に行きたいなーと思ってたので遊就館これいいじゃん! と言うことで目的地になりました。まーまさか五時間も入り浸っているとは思うまいよ計画段階で… 神保町のさぼうるに行きたかったんだけどお流れになったぜヽ(;▽;)ノ

入館してまずは二階に行くと今の時期だけかな? 限定展示かどうか知らないんですが戦争絵画がどーん!と四枚ほどかかっていて、原爆投下の絵、魚雷にて特攻する絵、東京大空襲の絵、呉空襲で懸命に応戦する天城の絵、条約を結ぶミズーリ上の絵などがずらり。ここでもう見入っちゃいました。
案内に従って展示室1は元帥刀を囲むようにもののふの和歌が荘厳な雰囲気でかけられているところ、2は幕末までの戦を中心にした展示。ここで乃木将軍の遺品の短刀やぶっとい脇差の包丁正宗、毛抜太刀の模造刀など思わぬところで刀剣充。審神者兼業提督まさかのおいしい展示です。いやしかしおかしい。艦これ向けの見学に来たはずのワイがなんで刀剣充してんねや……撮影禁止なので撮れなかったのが残念ですが、いろんな刀剣がありました。ので審神者さん向けの展示だったかもー。
二階は幕末から支那事変までの近代日本の戦争の歴史、アンド靖国神社の歴史の展示。幕末クラスタさん向けでもありました。あと坂の上の雲見てたので日露のところは特にじーっくり見ちゃいました。展示室7の映像なんか二周したよw 初代鳳翔さんや初代龍驤、初代金剛の名前、そして三笠などを見つけたのもここらへんです。三笠いつか実装されないかなあ。

一階はほぼすべて太平洋戦争の展示です。なんでか知らんのですが遊就館は一貫して「大東亜戦争」の名称で通していてパンフレットも展示の説明も全て大東亜戦争です。私もそっちの表記のが正しいと思ってる派なのですが、刀剣界隈で前ゴタゴタがあってね(詳しくはググってください)あんまり呼びたくなくなっちゃったのね…まあ場所柄ウに近いところではあるんだけどね靖国…
アメリカとの開戦に至るまでを見て「うう…やっぱ貿易大切…輸入停められたら今の日本でも絶対おわってまう…」ってひしひし感じた…だってねーえーいくら日本も備蓄してたとはいえさー! 資源やらなんやらをあんっな南方の遠いところまで取りに行ってそれでひーこらひーこらしないけんのやろ?? 無理でしょどー考えても~~ 長期対決は無理でしょ~~ 短期決戦狙うにしても物理的にも土地的にも勝ち目なさすぎでしょー 目を覆いたくなる… あのさー今もさー戦争するよ!ってなったらさー……いや実際に敵国になるとすれば中国と北?あと韓国? こっちのバックには米がついてて… ……(謎の間) とりあえず絶対に米は敵に回せないよな(まがお 何を書いているんだ私はw 日米同盟いつのまにあったのか知らんけどよかった…(無知まるだし でも実際中国とドンパチすることになったら日本の生産メイドインチャイナな商品は全部別のとこで生産しなきゃいけなくなるじゃん? 中国に進出してる企業も多いし。それはそれで問題だよねー。とまたもや無知まるだしで書く。

話を戻して。真珠湾攻撃辺りからは艦これの内容に突っ込むところなのでより身を乗り出して展示みてました。ミーハーすぎる。大発の模型がね!展示室12にあったんですよ! 遠征ではいつもお世話になってます! そして赤城のスタンプもあったので押してきました~ヒャッハー! ただし上手く押せなかったので薄いけど。
空のスタンプ
桜花はいわゆる特攻隊専用の機体だったかな。二階から一階に降りる時ちょっとエレベーター使おうと思ったらばばーん!と展示されてるのが目について、特攻機ってことしらんでウワ戦闘機スゲー!スタンプスタンプー!ってパカッて押したら特攻機だったっていう… 零式戦闘機いわゆるゼロ戦は52型でこれは出口のとこで押しました。艦これと同じくカラーが緑色なのがいいね。
海戦図を見てもわが鎮守府のあるショートランドの名前すらない……ソロモン海戦のやつですらないヽ(;▽;)ノ マイナーなショトラ… 次の展示室は攻勢から守勢へと転じるターンの展示でミッドウェー……ソロモン……ガダルカナル……ウッ頭が! SN作戦の名を再び見るとは(そら見るだろそういう展示だし) 山口多聞の写真とか遺品とかもこの辺りに。蒼龍の艦長が奥さんに当てた手紙はほんと泣きました(´; ;`) あとソロモン海戦のとこでは夕立の艦長吉川さんの写真!名前は存じてました… 五十六の展示もこの辺が中心に。あ、あとウィークリーの空母クエがなんでい号作戦なのか納得いったな。それとFS作戦も念願だったんだなーって。これ夏イベで終わっちゃったし、今後どうなるんだろ。秋刀魚なんかとってる場合なのか。
展示室13~15からは特攻、硫黄島、本土防空戦、沖縄戦、終戦後に起こったソ連軍との占守島の戦いなどなど私のあまり知らなかった末期の頃の展示があって、もう涙、嗟嘆を禁じ得ない… つらかったです。特に占守島の戦いのことはここに来て初めて知ったな……不勉強でごめんなさい。でもごめん。……レイテのとこの扶桑の写真の、艦橋で笑ってしまったわww あんなん笑うやろww いよっ世界に誇る違法建築ww そして展示室終わりは戦後の復興へ至るまで、またアジアの国々の独立までをテーマにした展示になってます。

展示室15と16の間にある画廊には大鳳と瑞鶴が一緒に描かれている大きな絵画に、なんと木製の艦艇模型がっ 全部じゃないけどケースの中に並んでました。信濃や秋津洲があるのにびっくり。普通の模型もちゃんとあって、結構いろんな艦がちっちゃいんだけどずらーって並んでてなんか可愛かったです。扶桑だけ名札なかったけどww

さて長くなってきたのでいったん続き以降にかくします。




展示室16から19までは英霊のみこころにふれるゾーン。特攻隊員を中心にスポーツ選手だったけど出征、戦死、あるいは特攻によって戦死された方や、事務業などに携わっていたけれど空襲などで亡くなられた女性の方などの遺品、遺族の方からの手紙などが展示されています。
ここにきて思ってたのは、大きな目でとらえたら……戦争があって、どこそこでこんなことあんなことがあって、それでこういう経緯で負けたんだよ、とか、大体私達はそうやって捉えるけど、小さな目……マクロな視点で見ると、生きている時代こそ違うけれど、私達となんら変わりなく毎日を過ごしていて、ささやかな夢を持って私達と同じように生きていた人達が、戦争という大きな渦の中にいたんだ、そして亡くなっていったんだということを思わされました。なんかあれだな、春樹のアンダーグラウンドを読んだ時と似た気持ちになったかな。亡くなった方一人一人を見て行くのはすごく大変だけど、見て行けば決して他人事じゃなく、歴史の出来事としてもまだ新しいから――歴史にするのはあまりにも辛すぎるから、記憶にとどめておける。繋いでおける。それぞれ戦う意志をもって、未来を信じて命を捧げていた。怖くても、死にたくなくても、生きたくても。私達が生きている国は、土は、彼らの尊い命で創られている。無駄死にじゃない、無駄だとは思いたくない、絶対に語り継いでいきたい。想いを繋いでいきたい。触れるたび、見るたび背筋がしゃん、とする展示でした。この人たちはみんな靖国にきて、みんな神様になってるんだね…見守ってるんだね。まさに英霊なんだよね。
特にぼろぼろ泣きそうになってしまったのは戦争(たしか支那事変)で亡くなられた旦那さんに向けたラブレターを読んだ時。もう本当に目頭に直接ぶわああっと熱いものがきて、ちょっと拭っちゃったね涙をね。遺影も沢山かかっているんですが、ビルマのバーモで戦死した大伯父の名前は名簿になかったので、多分ないんだろうなー。
特別展は今最終章で硫黄島の戦い・沖縄戦・本土防空戦・占守島の戦いについて特集されてました。この辺りになってくるとほんとに足が……足が……!状態だったので、結構駆け足でみちゃった。うーんまた行きたい。

お昼ご飯は喫茶スペースで昔懐かしの海軍カレー♪ 金曜日だったしねちょうど。
金曜カレーじゃー!
あっさりめの味。甘口ってところかな。美味しかったです。

展示室18を抜けると大!展示室!戦車とか高射砲?とかの実物大がおいてあります! 興奮! 大和の模型があるところでは大和の主砲の発射音とされているものが聴けます。ほんまかいなっ 武蔵の主砲弾がでかい!これ徹甲弾じゃねーの! 武蔵の石造(…?レリーフか?)隣にはちっちゃいけど清霜の模型もありました~かわいい。その近くに陸奧のサルベージ遺品アレコレ。それから魚雷(でかい!)に北上や58の言う「アレ」こと回天が。ケースに入って高雄や青葉の模型も展示してあります。秋月型が「月型」って書いてあったな。改二がホットな話題である翔鶴の模型もあります。それと彗星も展示されてたっけな。

売店ではウォーターラインだっけ?模型なんか売ってます。しかしなんかここの売店のラインナップなんかビミョウだw なんでこんなものがここに…的なものが多かったのと特にアンテナにかかるグッズがなかったので(まあ、ちょっと大和のマグカップとかグラスとか欲しかった気はしないでもないけど、荷物になっちゃうので)後にしました。
時計を見ると三時少し前。確か九時半には入ったし……ご、五時間はいた!? ことに…! いやあ、すごい食いつきっぷりなのでした。そらー足が疲れる疲れる! この後は武道館下見だけしてちょっとまったりしよう……とゆっくり歩くことにしました。

悪い予報に反して、雨も上がり、青空の広がる、いい天気でした。
音楽聴こうと思い再生したのは艦これアニメのエンディングテーマ「吹雪」。

 強く 強く 想い紡いで
 繋ぐよその手を
 感じて明日を
 静かな優しい海へきっと 届け
 君へと 届け

なんとなく、この歌詞がいつもより深く心にしみわたってくるような気がしたのでした。静かな空と海の間で、平和を祈って歩き出しました。武道館の下見がおわったらしょうけい館に行こう、と思いながら。
この記事のURL | 艦これ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<思い出は未来の中にもたくさんある | メイン | 平和と祈りと御朱印帳>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4621-99d49187

| メイン |