芳流閣と恋と化け猫 【文芸シリーズ八犬伝ぷち感想】
2015/10/18(Sun)
昨日は館山で南総里見まつりでしたが羨ましくなんか……羨ましくなんかないよ……わたしは藤間勘十郎文芸シリーズ其の弐「南総里見八犬伝」を見てきました。りあたいぶろぐ実はちゃんと投稿出来てなかったという……あとで細工してさもその時間に投稿出来たようにしました。
あおじろ
今日が最終日なんですよね。うっかりしていた。なんかもっと続くと思ってたので。

思った以上に小さな会場でたしかに芝居小屋と言った趣。前の方は桟敷席で椅子に座るのではなく茣蓙の上に座る感じでした。最初に口上があって、なんというかカーテンコールが最初にあるような、太鼓で舞台開幕を告げてるのもあって落語家のマクラのような感じ。こんな舞台になりますと前もってお話してくれるのはあんまり無いのでなんか新鮮でした。演者の皆さんもよく歌舞伎のような、と言っていたしパンフレットでも芳流閣と庚申山の化け猫退治について抜き出して書いてあるから、そこポイントにしてやるのねと。無理に通しでやられて微妙な出来になるのもあれだしこうやって要所要所で魅せるのがいいのかもしれんですね、八犬伝は。
信乃役が元宝塚の帆風成海さんで名前は拝見したことがあるかも……すごくお綺麗でしたっ 宝塚で八犬伝ずっと待ってるんだけどこないなー信乃が女であるとかなじゃなくて男役をやってた女性が信乃を演じるってすごくしっくりくると思うのです。毛野もしかり。いや、毛野は歌舞伎の女形の方がやるといい感じかな。

玉梓の処刑シーンからスタートするんだけど煩悩の犬となさんって名文句は何故かなかった。そも今回、犬というよりは今回猫と言った感じでしょうかね。チラシでもひときわ目立つHADOさん演じる玉梓の愛猫がやっぱり印象的なので。第一幕は一番の見せ場である芳流閣、語り部がナレーションするその文章がどうも原典からの引用っぽくてやっぱ声に出してナンボよねーなんて思った。テンポいいんですよね。それは音楽にも言えて、スパニッシュって言えばいいのかなーフラメンコみたいな音楽だったので芳流閣、和モノなのになんだこのオリエンタルな感じは……オシャレだー!ってかなり面白く拝見させていただきました。舞・踊りも勿論そうでパントマイムで芳流閣へ登っていくのとかもユニーク。VS現八の動きも面白かった。語り部もよく動いてて可愛かったです。

休憩挟んで中幕は角太郎と雛衣の恋模様を描いた(書いてるだけで嬉しすぎるんですがそれは)恋模様伯舞迷宮 この「伯舞」にサンバって振り仮名がついててさ、サンバ??ってなるけどなるほどサンバな音楽に合わせて中心に角太郎と雛衣、周りを八犬士(でよかったかな? 化け猫の手下か?)たちが踊るといった感じ。いやー八犬伝の恋愛というと信乃と浜路一択に近く最近の二次作品では雛衣の存在がなきものにされるのも多いだけあって(絶対に許さないよ)犬村夫婦大好きな私にはホントにいいもの見せてもらいました…ヽ(;▽;)ノ 角太郎の身に覚えがないのに雛が身ごもった→角太郎雛の不通を疑うって筋書きなのですがバーローおみゃーサンバがおせっくすの暗喩ってのはわたしゃわかってんだぞ(゚Д゚)ゴルァ!!ってなったくらい私は過激な角雛クラスタなのですよ…(ぬけぬけと書くなよ 「雛衣と恋仲になり」「婿として迎えられた」ってあらすじがいいじゃないですか、最初から婿養子で入ったってわけじゃなくてちゃんと恋愛が先にあるのが…

そして庚申山化け猫退治編へ。ここ現八じゃなくて信乃になってる。パンフのあらすじ見ると矢を射たのは現八らしく探したのは信乃らしい。ちゃんと髑髏をもらう筋書きを再現してたのがよいよい。雛衣口説き切なかったし、それには返事しないのに一角が病気だってきいた時には返事した角太郎にチクソーとなるのはもはやお約束であーくそ角太郎め(口悪い 冷めた目しか送れない私であった…
角太郎を不在にさせてその隙に雛衣を狙うっていうのは、その場に居合わせたら父に逆らえずに結果的に雛を見殺しにしてしまう角太郎の責任・好感度の下落を回避できるんですよね。角雛の和解というエピは見送ることになるけど。ここも台詞少なめで踊りやパントマイムや動きで表現してる。木琴の音とか可愛かった。しかし雛衣が嬲られて殺されるように見えて始終つらかったです… 死体をそんなに動かさないでー!

最後は八人そろって玉梓&玉梓の愛猫を珠でいじめるような形(誤解をまねくのではw)で追い詰めて倒すのだけど倒す・戦う・ころすというよりは玉梓が成仏した感じだったのでホッとしました 伏姫が設定だけあって出てこないから玉梓出番多め・第二幕は実質雛衣中心と言ってもよい といった舞台だったので大変わたし好みにカスタマイズされた作品でした…今回は歌舞伎の一幕みたく場面場面をよりすぐって、舞や立ち回りをメインに上演されたけど筋を追う舞台としても見てみたかったなー。八犬伝ちゃんと知ってる人だったら(わたしみたいなガチレベルでも教養としてのレベルでも)楽しめただろうけど知らない人はこれをきっかけに原典なり抄訳なり読んでもらえると嬉しいですね(毎回そればっかだな) あ、そうそう角太郎役の山本さんがたいへんわたし好みの殿方と申しますか私好みの大角でしたので大変嬉しゅうございました。角雛ありがとう…! また雛衣出る舞台見たいわー 絶対デッドエンドだけど…
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<六つの彼女と花と時代 / 仲間おねえさまあれこれ | メイン | 表参道で八犬伝>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4633-89a9119e

| メイン |