ぎっしり観音 【三十三間堂にいってきたよのざっき】
2016/01/17(Sun)
連隊戦髭切掘り進捗ダメです……もう何も信じられない… こんなに好条件なイベなのに、嘘だろ… なんかもう日ごろの行いが悪いんだな…とにかく休日の夜にこんな心に禍々しいものを溜めるのはもういやです でも出る気がしません…

という現状報告はおいといて15日は京博行ったあとお向かいの三十三間堂にもいってきました。名前は知ってるし、なんとなくぼんやりとしたイメージはあっても実際行ったことないし、10月に靖国で買ったご朱印帳全然使ってないし、京都に来て神社仏閣を一つも見ないというのもナンセンスだったので、何より時間に余裕があったのでるんるん気分で行ってきましたー んが、撮影禁止だった…なんか今回の旅、せっかくデジカメの電池新調したのに何にも映せてないな…
三十三間堂……って千手観音がぶわーーって並んでるやつだよね……という実にファジーな印象で入ってみて、実際に来たら圧巻!されました。もうずらーーっと十一面観音が並んでいるのだもの、それこそ何百体と。実際何体くらいなんだっけかね。すごーい……教科書とか資料集で見た通りのものだー……と心で呟いたきり言葉を失ってました。んでボーッと見てた。でも密集してるレベルだったのである種の密集がダメな人にはちょっとキツいかもわからないですね。最初には雷神さまがどん、と立ってて、最後には風神さまがでん、と立ってる。私のトレンドで言うとハリケンジャーとゴウライジャーだ!なんて思ってたりしてました。何メートルかの間隔で二十八部衆も立っていますがどの像も見ごたえありました。勿論後ろのぎっしり並んでる十一面観音にも目が行くのですけどネ…! あんだけたくさんあると、ご利益が一段と素晴らしそう…。

御朱印は本堂の中央付近、中尊の少し手前でいただけます。
ごしゅいん
見本のに比べると、書く人によるんだろうけどなかなか大味にしたためていただいた感じ。
本堂東大門側を巡り終わると裏側では三十三間堂の歴史や文化を紹介している展示があります。宮本武蔵の伝説も通し矢のことも何一つ知らなかったなー。そういえば風神の像がある傍の天井には日本弓道大会のでっかい看板…じゃないななんていうんだろう…優勝とかそういうの…優勝旗じゃないし、パネルだから……そういうのが飾られてあったし、ていうか今日通し矢がやってたみたいです。袴女子いいですよなー いろいろ賢くなりました。……あ、そうだ。三十三間堂知ったのは遙か3でだったような気がする。そこで譲が望美になんか説明してたのよ…譲くん弓使いだからそれでか、なるほどー(今ここで繋がられても)
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<雪だけが降らない街(フラグ) | メイン | 教えて刀の物語 【京博にいってきた】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4729-55176d8e

| メイン |