マグニチュードには慣れても震度には慣れない

熊本地震発生からもう一日ですね。被災地の方が少しでも早く普段の生活に戻られるようお祈りしております。
昨日は確か東京でズドン!というような震度1か2くらいの地震があってあ~ほんと私のTLは東京人多いナ~なんて思いながら眺めてたんですが、その後東海付近で来るのではなく熊本。遠い。
驚きなのは余震の多さでしょう。普通震度5くらいでも一大事レベルなのにそれがひっきりなし……3や4のも含めて百回越えたんじゃなかったでしたっけ。金沢は地震が一年に一回二回あるかないかのレベルなところなので、たまに来るとスゲービビるの。いまんとこ体験した一番大きい揺れは能登半島沖地震の震度4です。このブログの初期にありますね懐かしい。私がもし熊本ないしは九州にいたらもう多分失神してるんじゃないんでしょうかね……東京で暮らしていけないと思う…
震度7は観測史上四回目だそうですが、そもそも震度7が出来たのが阪神淡路大震災の時だったんですね…なんかマグニチュードが何とか結構日頃から数字見てるからあ~なんか数字大きいけど震度はこんなもんかーってなってて最近は完全に舐めプだったんですが(今回はマグニチュードはそれほどでもないけど防御力にあたる深度が浅かったから震度が大きくなったってついったで見たよ)その思考完全にマヒってたんだな…

それにしても熊本城の宇土櫓が四百年前のものにも関わらず損害がないというのには驚きました。他の、後の時代に作ったところはぼろぼろ崩れてるのに。おそるべし加藤清正、および戦国~江戸時代の技術よ。今度の真田丸はもっと清正に注目するぞい

驚きと不安故にTLを眺めるのはよくある話なのですが、震災時や去年の鬼怒川結界時などの教訓をいかしてか情報伝達や意識喚起や注意喚起などのツイートが超高速回覧板!ってくらいに各々のTLを回ってくる様はすさまじかったです。そして、わたくしスマホでびうしてから初めての大きな災害(観測者でしかないけど)なのでプリインストールされていた災害用アプリなどを確認したり。あとついったでオススメされてた、東京都が無料で公開してる防災のためのガイドブック。Kindleでポチッておきました。ファイルサイズが膨大なのでDLはしてないのですが… PDFで配布されてるのでそれ落としとく予定。

東京防災
東京防災
posted with amazlet at 16.04.15
東京都 (2016-03-30)

紙版は東京、また一部の地方書店で140円で買えるそうです。しかしいくら北陸が地震に無縁な土地だからといって新潟中越地震があった新潟でも販売してないのはおにちく過ぎる。

両親も高齢だし、犬もいるし、何かあったら怖い。非常袋的なものはやっぱり作っておこう…
Category: 日常

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する