誰に言われたでもないが自分のジョジョヒストリーを書いていく
2016/06/25(Sat)
さっき六部読み終わったぞーい\( 'ω')/ いやあ、ジャンプ本誌で読んでた当時もこのラスト……こんなのってないよー!って思ったし今もその気持ちは少なからずあるけど、でも希望と感傷のあるいい終わりだと思う。それでもきっと一部から五部にかけての彼らの物語が全てなくなったんだろうなって思うと少しく憤りのようなものはあるんだよな……やっぱり。でも確かに引き継がれているものがあって、それを追いかけて応援して見届けたいんだよなあ ジョジョリオン新刊来月! 電子書籍で買うけどコミックスも欲しいなあ。

JOJOVELLER完全限定版 (マルチメディア)
荒木 飛呂彦
集英社 (2013-09-19)
売り上げランキング: 34,523

前に出たものとかあとから欲しくなるのはよくあること。ジョジョベラーは公式による歴代ジョジョ一同のイラストとかそれもいいんだけどむしろツェペリ三人が並んでるのだけで私はブワァッとなる……ツェペリさーんシーザージャイロオオオ!!!

さて今日は自分のジョジョヒストリーを振り返って見るのでござるん まず8歳だか9歳だかそれくらいの頃、主に何を読んでいたかは忘れたけど(確かラッキーマンは読んでた)ジャンプを読んでた幼少期。ジョジョは確か第五部連載中でした。でも絵が苦手だったし何か気持ち悪かったし(ごめん)絶対に読むことはないだろうなーと飛ばしつつ、でもペロッとちょっと見たりすることはあった。何故かブチャラティのことを覚えていたのですが、この度のジョジョマラソンで私が初めて目にしたエピソードが判明。それは!第五部屈指のベストバウトの対プロシュート戦!! フィレンツェ超特急に乗ってるエピソードですな。これはなんか持ってるゾォォ~(何を あと台詞にすごく傍点がつくのも他の漫画と違ってなんか変だな~って印象でした。
9歳か10歳の頃。兄がジョジョ3部のSFCのゲームをプレイしてました。あんまり話題に上がらない(上がってるのみたことない)けどRPGのね。兄のゲームプレイ見るの好きだったので見ている内にタロットカードモチーフのスタンドに惹かれるように。その頃ちょうどタロットに興味があってタロットモチーフのお話も作ってたりしたような記憶がある。

でこのゲームが面白かったので(私がプレイしたわけではないが)段々ジョジョ自体にも興味を持つようになるも、何故か第三部をフルで読むことはなく、確か最後の方をちこっと読んで、第四部の方へ。今となってはマジで謎なのだが、何で四部を読もうと思ったのかマジで覚えてない。普通三部を読むべきだろうに。しかも、私の記憶によれば最初から読んだのではなく、これもまた何故か! だが、露伴初登場のコミックスから読み始めたのだ。君は引力を信じるか??? 的な展開ですよこれは。うん。だって私最初から四部読んだ記憶ないもん、なんか途中から読んでそれで最初にもどって読み始めたの、それはめっちゃ覚えてるんよ。最初の方の康一くん頭身が全然全然チャウよ~ってゲラゲラ笑ってたモン あとそれから露伴回で語られる仗助の幼少時のエピソードに子供心にすごく惹かれたんだよね。あのエピソードがあったからこそ四部にずぶずぶ落ちていったところはあるな。

そんな四部は、日常が舞台であること、日本が舞台であること、康一を始めとする親しみやすいキャラクター、トニオ回やしげちー回やチンチロリン回などギャグテイストもあるところ、などに十歳かそこらの少女の心は簡単に奪われ、二十年近く愛読してる部となったのでした。ジョジョ初心者におすすめしたい部でもあります。十歳……と書いたけど、うん。ジョジョを読み始めたのはまだオタクにはなってなかった時なんだよ。だから98年以前だったと思うんだなー と考えると十歳の時だったと思うんだ。
んで2000年の年明けにストーンオーシャンの連載がスタートします。でもこの頃私はONED PIECEの方にハマってました…今のワンピはもうすっかり読んでないから追いつけないけど。でもどのタイミングからかはわかんないけど追って連載読み始めました。承太郎のディスクが奪われたのとかアナスイの祝福しろとかプッチの素数を数えるんだとかリアルタイムで読んでた記憶あります。

以下長くなってきたので続きにぶちこむ。







今日読み終わったストーンオーシャンだけどそのまま終了するまでぶっ続けで読んでくことになる。初めてリアルタイムで追いかけたジョジョだったのでそこそこ思い入れがあったりしますよ。確かこれの少し前か後にジョジョ・ア・ゴーゴーが出た記憶。表紙を飾ってるジョルノとトリッシュが主人公のヒーロー&ヒロインだと思ってたな…
だもんで、あの最終回にはホントに唖然としました。今は納得できる終わりではあるんだけど(冒頭に書いた通り少し許せないところもある)少年誌であんな終わり方ないよ…! あの最終回の衝撃はこれまた幼少時に迎えたレイアース第一部と同じくらい… レイアースのあの終わりはホントない。こんなのってないよ!
で、SBRが最初ジャンプで始まって、ジョジョ関係ない話かー当然だよねと思ってたらジョースターいるしディオっぽいやついるしほぇ??ってな具合で読んでたんだけど掲載誌が変わってしまったのでそっからジョジョに触れることはなかった。と思います。あとSBRが結局ジョジョ七部っていうのを知って何だよまたジョジョかよ!ってちょっと失望に近いものを感じてしまって無意識下で避けてたところもあったかも知れない。ジョジョ以外の作品を求めていたんだろうね。もう知らん!みたいな。お前が憤る資格はないだろw と思いますが。

で時は流れて2010年くらい 友人がジョジョ好きなので貸してもらった。確かこの辺で一部・二部・三部・何度も読んでいた四部は抜かして五部・六部と読了していったはず。五部と六部については2011年ですね、このブログにも記録あるし。一部二部、そして五部はここで初めて読みました。一応ここが第二次ジョジョブームと位置づけられる。確かジョジョリオンも始まった頃。一話が掲載されたウルジャン本誌を立ち読みした記憶もあるんですが「なんか私の期待してた、四部みたいな杜王町じゃない…」ってショックだったな。「東方って……えーコイツ(常秀)が仗助ってこと!?ヤダ~!!」とかさ。そしてその不満は今も継続中です。いや、ジョジョリオンはジョジョリオンで好きですけどね。定康カワイイ、好き。
そして2012年、今度はSBRを読み始める。ここ第三次ジョジョブーム。しかしのっぴきならない事情によりシュガーマウンテン編で読書中断。以後機会がなくジョジョから遠ざかる。アニメ化も、私が好きなのは四部以降からだからスルー。全力でスルー。あとなんか荒木絵をアニメで見たい気持ちがなかった。

それから三年後の2015年10月! 四部アニメ化決定の情報!! まーーーってましたーーーー!!!(てのひらドリル ジョジョのアニメは四部がアニメ化されたら見るよと公言してたものの何年後になるかわからなかったのでな… それに私の中で四部は人気低い認識が強かったので(実は今でも)アニメ化で湧き上がる人々を見ててすっごく!嬉しかった! あ~~~四部読み直してェ~~!! となるがマンガは置き場所がないし、何より私紙のマンガが読みにくい人間である(読めないわけじゃない。デジタル画面じゃないと集中出来ないだけ) そこで思いついたのがkindleですよジョースターさぁん!! タブレット買ったので読めるってわけよォーっ! 早速購入して読み始めるのでした。が、途中で敢えて読まなくなる。一応ほとんどの巻をポチってはいたものの読んで楽しみがなくなっちゃうのは寂しいので敢えて読まないことを選択したのであった。

そしてアニメが始まる。私にとっては初めてのジョジョアニメ~ 脚本は靖子にゃん! 続きが待ち遠しくなって、スマホに変えたこともあって電子書籍版の再読が止まらないのぜーっ!
一方、せっかくスマホにしたんだし前より電子書籍マンガが読みやすくなった。それに加えてやたらhontoのセールメールが届く。これは、使わないのも勿体ないし、谷山浩子さんもよくhontoを利用してるようだから使っちゃおうか。でも私、何か読みたいのあったっけなあ……と思ってたんですがあるじゃあないか、SBRが! ジョジョリオンから読もうかな?とツイートしたところ出来ればSBRを読んでおくといいと同じアドバイスを複数人から頂いたこともあり、私としてもちゃんと最初からキッリチ順番に読まなきゃな~、途中でやめちゃったのも心残りだったからいい機会だ、と購入。
そして一ヶ月後。うわあああああああんんんジャイロオォアァァアア!!!(!? 七部読了で一気にジョジョ熱が高まってマラソン開始!いくぞオラァ! 前に読んだのが書いた通り五、六年前くらいなので全て新鮮な気持ちで読んでます。特に五部が、最初読んだ時はそうでもなかった(勿論、エピローグに深く感動した)のですが今回の再読で一気に好きになりました。四部>(越えられない壁)>五部=七部>その他 って感じかな、好き具合では。そして止まらないPixiv漁り……同人誌も買ったから立派な自ジャンルだぁい! それにしても私は長いシリーズを持つ作品好きになること多いよのお。特撮もそうだし朝ドラも広い意味で言えばそうだよね。

六部読み終わったので再び七部行くぞ!んでもって恥知らずのパープルヘイズ読もう!ホームズ読んでたのにまたジョジョで読書中断すか……最終的には舞城のジョージ・ジョースターに辿りつきたいです。勿論四部アニメ放送今後も楽しみです。ジョジョアニメはそのうち追いかけていけたらいいなーdアニメで見れるし… てな感じでマイジョジョヒストリーまとめでしたっ
この記事のURL | マンガ全般 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<五百の歌、500のaiko | メイン | 艦娘と振り返り。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4887-31a95f71

| メイン |