桜の木の下にあるもの / aikoとてれふぉん 【愛子抄・歌詞研究更新おしらせざっき】
2016/07/18(Mon)
休日だ~GWぶりの連休だ~!とうはうはしててアニメ見たりドラマ見たりしようとしてて忘れてました。この為に執筆中断してたんだよw 前期歌詞研究でーすー 本当は夏服もやるつもりだったんですが、今年は九月にも一度記念更新みたいなのやろうと思ってるのでそこで軽く書いてアップしようと思います。
愛子抄
今年の前期歌詞研究は、何でやろうと思ったかいまいちわからんけどマア思いつきでしょうな、「悪口」と、それから前からずっと取り組んでみたかったaikoの電話が登場する曲、つまり電話曲について研究してみました。後者は電話がタイトルにつく曲として星電話の読解にも取り組んでいます

・桜の木の下にあるもの -aiko「悪口」読解-
桜の木の下に収録されている「悪口」についての読解です。少し強引に書き過ぎてるところがあるかなあ、と思っていてもうちょっと何とか出来なかったかなと思いつつも、今出来るベスト、読解につくせるベストで書いたものでした。aikoが桜の木の下には死体が埋まっている云々の逸話というか名句を知ってたのは驚きだけど、たぶんどっかの漫画からの知識かなと思います。
これ書く前に梶井のその元ネタになった掌編を読んだんですけど、人間の心に潜む後ろめたいというか後ろ暗い欲望と、美しいものに隠された暗部というものが短い中に見事に描き出されてて圧倒されたところがあります。何となくそんな気持ちはaikoを求める気持ちに通じるところがあるんじゃないかと。でもaikoを暴き立てようとするわたしはaikoにきらわれそうだなあと思い書いててなんかユーウツになりましたが、まあいいか?と解決にも何にもなってない解決でやり過ごしました。
「悪口」が桜の木の下になかったら、もしかしたらaiko聴いてなかったかもしれないなあと思うとものすごく引力というか因縁や運命を感じる曲でもあります。なので、出来るだけ前向きに解釈したつもりです。

・aikoとてれふぉん -aikoにおける電話の研究-
おまちかね!みんな気になってるaikoにおいての電話の研究だぜ! 浴びるようにaiko歌詞マラソンしてた三週間前が懐かしいです。濃い体験だった。ちょいちょい挟まれる日本語意味不明な歌詞に対しギアッチョにキレてもらってました。まあそれはいいとして、研究っつっても夏休みの自由研究くらいの感覚で見てください。
だがまさかAB型の二人までさかのぼるハメになるとは思わなかった。ほんとにaikoは初期から電話を曲に盛り込んでて、そら最近は少ないし「何時何分」の「夜の交信」なんてもう確実にそれメールかLINEやろ!って感じなんですが、原風景として絶対あるんだと思います。なのでこれからにもますます期待です。
また星電話ですが、ほんとに出来れば避けて通りたかった歌詞なんですが、文中で書いた通り実際は結構シンプルなストーリーだったのでホッとしましたw でもって書いててああそういうことかあ、この子強がってたんだな、二番のサビは押し込めてた「あたし」の叫びみたいなもんなんだなあと思ってなんか切なくなりました。灰色のものさしマジで意味不明なので情報提供求む、です。
あと、この稿の中では詳しく書いてないんですが、もともと電話ってものが自分の中では興味あるデバイスでして、理由は稿の中で挙げている特性とか、その特性を反対側から見つめた不気味さとか怖さとかに昔からどうしても惹かれてしまうから にしては電話なんて普段プライベートで使うことはめったにありません。でもこういう歌とか小説とかドラマとかマンガとかアニメとかで効果的に使われてるの見るとやっぱ電話っていい装置だよな~と思ってしまいます。出来ればずっと残っていて欲しい通信手段です。ほら電報とかも辛うじて生きてるからね?

今年も仕事の疲労や体力のなさ集中力のなさメンタルの弱さに呆れながら何とか書けて満足でした… 創作の執筆の方も何とか今年中に連載開始までこぎつけるといいな! 後期はまだ何にも考えてないのでライブ中に決めます。後期は少し気持ち緩めたいな……小論二本とかにしたいです。
この記事のURL | aiko | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<レッツ熊本ちゃん! | メイン | 18周年になりました! 【aiko今年もおめでとう!ざっき】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/4909-7e320b74

| メイン |