明日もあさっても天気になーあれ♪ 【てるてる家族はいいぞ】

13週終わったたりで「折り返しだしそろそろブログに感想一度書かないとな~」と思ってたのですが、毎日毎日ツイートしたりタグを遡って読んだりしてると満足してしまって(またツイート数多いからねわしゃ)書こう書こうと思ってるうちにもう残り三週になってしまった! ここで書かなかったら書く書く詐欺になってしまう!(そういうことがこのブログ何回も起こってる)(そういえばちりとてのまいご三兄弟も書いてませんね???) ので、メモに自分がてるてるについて言いたいことをダーッと書いて、それをそのまんまこの記事に書こうと思います。皆の衆、てるてる家族はいいぞ! 早すぎた朝ドラ、てるてる家族はいいぞ!

連続テレビ小説  てるてる家族 総集編 [DVD]
NHKエンタープライズ (2007-08-24)
売り上げランキング: 5,073

早すぎた朝ドラ、と書きましたが、これもう13年前の朝ドラなんです。2003年ですよaikoが暁のラブレター出した頃ですよ(中の人はaikoファンですどうも) で、あまりにも作風が早すぎたため当時の視聴率は振るわず初の20%切りを記録したんだそうですが、いやちょっと待ってくれと。NHKで視聴率もクソもねえよと。朝ドラはNHKゆえほとんど時報代わりに垂れ流される宿命にもあるので、評判がよかろうが悪かろうが一定の視聴率は保てるわけですよ。あたくし的にアカンかった花アンだって視聴率はよかったじゃろ? とと姉も内容はまあ普通かそれ以下かなと思ってるけど視聴率上々でしょ? まれもクソ中のクソだったけど視聴率そこそこだったじゃろ? だからね、朝ドラを語るにおいて視聴率は他のドラマよりも優先度は低いんよ!!!
とここで私の朝ドラ評価術を振り回しても仕方ないのですが、それでも急に歌い出したり、単純そうに見えて内容が複雑だったり(だからこそ長く見てて面白いの!!わかる!!?わかって!?!?!タグにいつもいる人ならわかってくれるでしょ!?!?)2003年当時の一般的な評価は微妙だった模様。でも好きな人はものすごく好き、といういわゆるカルト的なファンが多い、みたいな感じだった模様。ドラマ作る人にもわかってたみたいで何かの賞ももらったそうだ。それに今をときめく石原さとみの初々しい姿が可愛い!デビュー作だっけ?違う? 残念ながら膨大な楽曲の権利がネックとなり(公式によると特に海外の許可がおりないんだそう)完全DVD化は絶対に不可能(詳しくはこちらのファンサイトさんをご覧ください)ということで(総集編の発売も放送終了後3年後にやっと、である)なかなかその良さを伝えることが出来なかったんだそうですが……ここにきて!! 再放送キタ――(゚∀゚)――!! 再放送決まった時このブログで叫んでたからねw やっと再放送ありがとう!!ってw そして放送されるやいなや連日ハッシュタグがトレンド入りするくらい、再放送とは思えない程の熱狂ぶりが世間((c)春男at弘子お見合い週)をにぎわせております。SNS全盛の現代にこれだけウケるとは誰が思ったか!そう、てるてるは早すぎたのだ…世に出るのが! まあ朝ドラっていう枠自体もツイッターのおかげで復権した感じあるからね。
今回はうまくまとまらないけどまとまらないのなら別にまとめる必要はないのだ!とばかりに私の想いのたけをドバァとシン・ゴジラ蒲田くんのアレばりにブシャアしたいと思いますので(伝わらない)ぜひお時間があればお付き合いください!

○とにかく毎日たのしい!おもしろい!
ついったでタグつけて実況したりするのは実はあまちゃん以来だったりします。録画を見直すっていうのはあまちゃんでもしなかったことだから、これは初。見逃してなければほぼ毎日お昼のてるてるTL遡りをしておりますが、それをするのは、一日一回しか放送がないこと、BSでしか放送がなく視聴環境が限られてしまって本放送のもののタグを遡るよりは遙かに容易だからということと、それと何より、てるてるについて感想を共有したいし読みたいから。毎日お昼休みに遡ってるんですが、もうホントこれ毎日の楽しみだったりします。ゆえにてるロスがおそろしいヽ(;▽;)ノ だ、大丈夫……てるてる坊主の照子さん買うから!(ドラマとはだいぶ違うぞそれでもいいのか なんかもうタグの皆さま、かれこれ半年近くずっと見てるのでフォローしてなくてもフォロワー感あります、変な親近感もってすいませんw

○見直したい!けど時間とれない。。。
22週まで放送が終わって、ここにきて序盤の方を見直したくなる話の内容だったのですが時間とれな~い!な~い! なおDVD化は絶対無理ということで最初から全話録画覚悟でした。無事に現時点で全話録画出来ております。が。私の録画方法は未だにアナログでして、というのもBSデジタル放送を受信してるわけじゃなくてケーブルTVで受信してて、それをケーブル受信機を外部入力でレコーダーと繋げて録画してる形になるので、まあ要するに空気録音の映像版といった感じで、画質も微妙な映ったものをそのまま撮ってるんですが、こないだ字幕オンにしっぱなしのまま録画しちゃったのでその字幕もちろん消せないっていう……まあ失敗らしい失敗はその回だけなんですが、それでもちゃんと撮れてます。地震速報とか入っちゃったやつは、これはしょうがないね。熊本地震とまる被りしちゃったので。せめてケーブルの受信機を内蔵録画もできるのに新調すればよかった感はあるけど。それを毎週DVDに焼く作業もすっかり日常になってしまって、これもなくなったらロスだなあ…と思ってます。芋たこなんきんが再放送きたらまた全話録画するんかな私。できれば綺麗な映像で録画できる地上波での再放送を望んでいるのですが、どうなんでしょう… 地上波再放送、してくれないかしら。また要望送ってみます。毎週真田丸の感想を送っているのですが、てるてる家族に関しても再放送ありがとうございます!ってのを以前送りました。また送ろう。

○今週のこと
長くなってきたのでそろそろ続きに書こうかな。でもそのまえに。今週は黒島天主堂でのシーンにとにかく涙しました。和ちゃんの心の吐露がとにかく切な過ぎて…その後の「優しすぎるだけや」って春男の言葉にも涙し、天主堂の鐘にも泣いた;; ちなみに私、カプ萌えで作品みる奴なのでここにきて和人×冬子がぐぁーーーっときてる。弱いんですよね。心に闇があって心を閉ざしている者と心におひさましかない者の組み合わせ。最高ですよ。冬子にもっともっと和ちゃんの心を開いて欲しいなって思ってます。
ツイートでも熱っぽく語ってしまったけど、天主堂での叫びは裏返せば「冬子みたいになりたい」ってことだし、もう、これものすごく冬子のこと好きなんちゃうん…ってすぐそういうこと言う~~これだから恋愛脳は~~ と茶化すけど実際それに近い気がしますよ。そして昨日の放送、シャトーに帰ってきた時の嬉しそうな顔。「大将と一緒にパンを作りたい」と初めて春男に本音を聞かせたこと……ずっとずっと動くことのなかった和ちゃんの固い心がゆっくりゆっくり開いてきているんだと思うと涙する以外ありませんでした。シン・キスケとかあったけどw それまでの20週分くらいがあったから、感動はものすごく深かったです。冬子との仲はどうなるのかな!(だからすぐそういうこと言わない

以下、長くなってきたので一旦続きに~~






○好きな回のはなし
神回がいっぱいありすぎるので思い出せるだけ好きな回。

・まず先ほど書きましたが黒島天主堂での和ちゃんの心の叫び。切な過ぎてさめざめ泣きました。
・冬子がドラマのテーマを代弁したかのような第111回。宝塚の文化祭の回です。主題歌の「夢見る力で人は何かになれる」を演劇にしたかのような素晴らしい回でした。冬子これほとんど主役だったよねえ。
・工場長と娘さんの再会と別れの回。泣いた。泣いたわーホント
・夏子が東京で見つけたてるてるパンに救われて立ち直る回。まさかの水野春郎にびっくりしながらw 111回でも冬子に励まされてましたね。
・春子と照子の衝突の週。岡谷さんが出てきた辺りね。この週とオリンピック予選週はリオ五輪のこともあって一層神がかってました。あと岡谷さんの中の人がてるてるTLを見ててくれて、タグつきでツイートしてくれてて、これも嬉しかったな~
・弘子姉ちゃんと松本のおっちゃんが結ばれる週。この二人ほとんど付き合ってるじゃろ??というような二人でしたが、ようやくゴールイン。松本のおっちゃんの「いかんとってくれ!」が本当に素敵。二人とも「愛してる」とは言わないのに、やりとりに完全にお互いを想う気持ちと愛があった。松本のおっちゃんここから洋装化したけど、また作務衣着て欲しいな~
・ヨネおばあちゃんご臨終週。四姉妹それぞれに遺言を告げていくところで号泣して、最後のラストダンスは私にで微笑んだ。まあ次回幽霊で出演するとかそういうの全然知らんかったけどなwww!!! おい!!! おいwwww!!!
・和ちゃんの別れ週。ミドル冬子が走っていくところのカメラワークに引き込まれた。そして伝書鳩の手紙。ケセラセラ。ファンサイト管理人さんが「朝ドラ史に残る回」と熱弁していたのも納得の回でした。
・宝塚卒業週の、物干し台での照子と冬子のガチのぶつかり合い。あそこは石原さんもお気に入りのシーンに挙げていました(ご厚意であげてくださった当時のスタパ見た) わたし親子ものに弱くて、「大丈夫や。あんたは私の子ぉやぁ」にはもう涙ダラダラ流しながら見てました。

○好きな登場人物
まあこれは冬子。今まで見てきた朝ドラヒロインで一番友達になりたい子です。主役、ヒロインだからっていって偉そうなこと何一つしてなくて、あくまで等身大の少女であり、ドラマの中で冬子が育っている。それがすごく好き。朴訥な感じもとてもよいです。でも石原さん、シンゴジのカヨコと全然違うのでびっくらしましたw
そんで照子。タグではほぼ完全にバケモノ扱いされてるけどw 序盤は彼女が主役でした……というか今もほぼ主役というか主役と思わざるを得ない存在感がすごいw まあ原作が「てるてる坊主の照子さん」だしな。照子という太陽があって、それでこの物語世界は進行してる。そんな感じですね。考えてみれば春子と夏子に手をかけるのは、春と夏が日照時間が長いから、なのでは? と思います。
愛すべきアホボン枠ローリーも好きなんですけど秋子に鞍替えしてからはあんま好きじゃなくなった…いや好きは好きだけどね。アホみたいに冬ちゃん冬ちゃんいってた頃が可愛らしかったです。乙女ゲーにいたら最推しになるタイプ。
あと春男!照子の存在感から隠れがちではあるけど、ここ最近の週は照子不在な分、春男の真の魅力があますところなく発揮されてると思ってます。マイベスト朝ドラ男子はあさ来たの新次郎だけど、マイベスト朝ドラお父ちゃんは春男だよ!
キャラといえば、タグでもよく指摘されてるけど捨てキャラがほとんどいないのがてるてるのすごいところですね。宝塚編のクラスメイトたちとかはさすがにもう出てこないかも知れないけど、理江ちゃん始めとしてしっかり描ききったもんね。特に今週の回はまさにその、捨てキャラがいないということを一番表してる回だなと思いました。最初は芸術にトチ狂った感じの怪しいおじさんでしかなかった米原さんが政也を説き、弁護士をあっせん。そしてその弁護士さんは弘子のお見合い相手として登場した人権派の敏腕弁護士さんの村田さん。パズルのピースがきっちりおあっちりハマッていく感じ。佐世保にいた恒ちゃんや静子、春男にパン屋をやろうと思い至らせたヨネおばあちゃんの弟・藤井のおじさん、みんな画面には出てこなくても生きている。たまにセリフの上でも触れたりしますよね。特に先週再登場した千吉博士なんか、ちょっと前に秋子が話題に出してた。登場人物がみんな生きていて、世界が回っているんだなあ。そう思わせてくれるドラマです。

○みんなが「てるてる家族」
キャラを大事にする、捨てキャラがいないって書きましたけど、このドラマタイトルが「てるてる家族」なので、冬子が主役だけど、冬子を含めたあの商店街の人みんなが一つの「家族」なんだなあと毎週毎週思ってます。家族だからみんな春子のことお祝いしてくれたし、みんな和ちゃんのことを心配してくれていた。昔のご近所の人達ってこうだったんじゃないかなあって自然に信じられるんです。それは多分、子役時代からもおよそ七週つかって丁寧に描いてくれてたからかな。すっかり冬子は私の身内だし、つまりさとみは私が育てた(マテ

○歌え!
大事なこと忘れてた! 歌! 歌のこと! 歌は世につれ世は歌につれと申しますが、歌がふんだんに使われている作品に弱く、てるてるも勿論ドンピシャでした。急に歌う作品はやはり名作。てかもともとてるてるが気になってたのって、歌うドラマってことからだったしね。

よし、メモに書いたことは全部ドバァ出来たぞ! 残りの放送あと三週しかありません。ロスは必至でしょうが、しっかり残りの放送をタグの皆さまと楽しみたいと思ってます。そしていつかまた再放送がありますように! てるてる好きの皆さんみんな天気にな~れ!
Category: どらま

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する