ふところにまめたん

まん我さんの会の時は基本艦これのイベが被っているのだけど今回は珍しく被らなかった。いやだから何だと言う感じですけれども… 十時くらいに帰ってきておふろってこれ書いてるのでちょうちょう短めに。今回は入場前に普段着姿のまん我さんが受付に出てこられたのでなんか貴重なもの見れたウワーイと思ってしまいました失礼。噺家さん基本高座でしか見ないし着物スタイルだからホント洋服姿新鮮。

■桂まん我ひとり会
一席目「猿後家」
二席目「短命」
三席目「一文笛」
おまけ「豆炭」

一文笛嬉しかったなあ~ 封印されし左手…!って言いたくなるw おまけの豆炭はくっそシュールですごい面白かったww わたしこういうの大好きなんww 前も何かの噺で書いたけど誰もやってないけどこれ今だからこそウケますよ!ってなります。どんどんやってもらいたいw 調べたら音源初代の森野福郎氏のがあるくらい…? じゃんじゃんやってくださいまん我さんいえまん我師匠。
冬にあるかなあと思ったけど今スケジュールがまだ出来てない様子…冬公演はないかしら? 春になっちゃうのかなあ…あんまし落語会行けてないから、回数が減るとさみしいのであります
Category: 落語

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する