6対12は卑怯ですよ! 【艦これ/16秋イベE-4】
2016/12/15(Thu)
いよいよ入場者プレゼントがフィルムになる…!のを狙っていたわけでは全然ないんですが(栓抜きは特に使い道ないから貰っても困るけど)来週の月曜日には映画行きたいなーってところです。ところですごいどうでもいいことなんですがどうもカカトが堅いなと思っていろいろ角質対策をしていたんですが水虫の可能性が出てきました。自覚症状ない一番厄介なやつ。詳しくはググってね。うーんおっさん化が進んでるな。艦娘には生理も水虫もないんだろうな~(大の字)

さてE-4を振り返ります。難易度は乙です、別にカタパルトはいい。欲しいっちゃ欲しいが。輸送ゲージと戦力ゲージの嬉しくない二本立てでした。もう実質二海域やでスタート地点違うしな。しかもVS連合とかなんですかそれー!数の暴力ですよー!(普段のイベは連合VS通常ですがそれは なので編成には一段と気を遣うわけでいろいろ悩んでました。対空のこと考えると軽巡は鬼怒でもいいかなーと思ったのですが嫁を連れて行きたいということで対空は霞乙にまかせて、霞乙・とねちく・由良・ヴェル・江風って感じにしました。
11/25から攻略スタート。もはや忘れている…そうかもう三週間も前のことに…(トオイメ 鬼門のHは何とか無傷で乗り切る。道中支援はありがたい。ボスも支援がいい味出した。やっぱイベは支援頼みだわ(キラキラ拝み
とか思ってるのにwww 遠征出すの間違えてwww 駆逐4隻を決戦におくってもたwww これ帰還命令出せないんだねwww もしかしたら行けるんとちゃう!? って思ったけどハイダメーーカスダメもないww こっちもA勝利でしたわ ええねんええねん、H逃げ切れれば。
順調にS勝利を重ねますが由良が大破する回が。ダメコン積んでるけど由良が沈むところなんか見たくない、小事の為に嫁の命を落とすなど言語道断です帰ります。と格好よくキメた次の回は順調にボスに辿り……お!? あれ?!? へ!? え?!? ナンデ!?!? 単横陣ナンデ!??!?! そうです……何故か間違えて(覚えがないんだよでも!)単横陣だったのです! ええー?! 連合と勘違いした?? 私?? せっかく上手くいってたのにB勝利……ゲージ……減らない……orz
でもこういうのモチベ下がるぅ… なんでだろホント…バグかなあ怖い。でもこの次はちゃんと単縦でさくっとS。そして次がラスト! でもいろいろ不運が重なり(反航戦とか反航戦とか!)妖怪10足りない出没により歯切れの悪いA勝利。でも割れればいいのよ割れれば! 次はVS連合!

VS連合。どう戦えばいいのかわからず人選も微妙に。心持も微妙だったのでいきなり大破撤退です知ってた。E-5の札は甲だけだし重めの編成でいくか、と編成を見直し準最短ルートを選択。加賀さん・赤城に大北とねちくをそれぞれ交代で一隻、そしてカンストの近い比叡榛名霧島から二隻選んだ編成にしました。であとで更に見直して対空カットイン要員にとねちくout摩耶in。安心と信頼の摩耶。しかし4n。それでも対空要員がいない方が怖い。
Sマスのフラルが怖い怖い。複縦でとにかく祈れ。何気に完全勝利で春雨ドロしたりする。恐れていたVS連合も何とか乗り切り――というかこういうのの常だけど道中の方が怖かった――夜戦行かずしてSですオッホホイ
その後はダイジェスト。潜水マスも何気に怖いなーとか思ってたら赤城がそのまさに潜水マスで大破して爆笑 キラ三重でこれだよ! 知ってた! 単横だから仕方ないね……当たる時は派手に当たるそれが単横陣… ちなみにこの次の次に大井っちが大破しました。もうどうしようもない。それでも目立った事故はそれくらいなもので、Sマスで祈る以外は結構健闘しました。赤城と加賀がむっちゃ優秀、さすがたま鎮古参空母にして第二の嫁ポジション的には葵上であるところの加賀さんは強い。ラスダンも沼ることなく(摩耶が対空カットインしなかったけど)S取れましたイエーイ ていうかボスはラスダンで初めて手応えらしいものを感じました笑

E-5はまず丙の朝風掘りから。ついでにギミック解除も兼ねてたらむちゃくちゃ時間かかったぞなんてこったい。それではまた次回。今回特に画像はないけど、E-4乙の報酬が何だったか忘れた所為だ……米の艦載機だったかなー。
この記事のURL | 艦これ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Amuse Meuse X'mas 【Mマスざっき】 | メイン | 記録として ~ 今目指してく、始まるストーリー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tamakiharu87.blog87.fc2.com/tb.php/5043-04e5a390

| メイン |