わたしと海の底のわたしと 【劇場版艦これ見てきた】

逃げ恥最終回で幸せMAXでございますが書くことは昨日の艦これ映画について。ってもそんな書くつもりないんですけど。今年はほんとに映像系作品がとても充実していて、期待せず見に行った艦これもまあまあ面白かったからやっぱ今年は当たり年だったなと思います。

あんまりにも予想以上によかったので思わずパンフレット買ってしまってました。あとで、別に買わなくてもよかったかなと思った。
血の海に吹雪く
フィルムは多分、海底から見上げた誰かの足?か、それか作戦解説の場面のところ?っぽかったです。まあハズレですな。でもいいや。

以下ネタバレ含む感想です。ほんとに、テレビアニメほど酷くはなかった、むしろ普通にいい作品だったので見に行こうかどうか迷ってる皆さまはぜひ~




アニメの出来があんまりよくなかったので正直続編とかやめちくり~と思ってたんですが、この劇場版は結構真面目に作られてました。時津風と吹雪のじゃれ合い(?)とか大和のホテルじゃありません!とか若干しらけるような場面がないではなかったけど、あくまでほんのちょこっとだし、大北のボケもなかったしよかった。全体的にとてもシリアスで、その点すごくほっとしました。というかちゃんとやってくれてたら意外と見れるジャン!って感じ。冒頭の第八艦隊? 三川艦隊? たちの戦いも格好いいんですよね。あと妖精さんが可愛かった。見張り員の妖精さんが鳥海の肩にいてちょろちょろ動いてひそひそ話しかけてるのちょー可愛かったw
今まで曖昧にされてきたというか、大体そうなんだろうなーとされてきた艦娘と深海棲艦の関係が私たちの大方の予想に反することなく、イコールで繋がれる関係であったことをわりと最初の方に提示してくれたおかげで結構スッと入っていけましたね。こういうお約束でやってくからそう見てね、って作品側が提示するのは大事だなと感じました。まさか加賀さんも一度深海堕ちしていたとは……なんか今回の映画見てからアニメ一話見直すといろいろわかること、というかいろいろ腑に落ちるところが多いんだそうですが……ちょっと見直してこようかな、dアニメなら配信してるし。ガタガタだったアニメに合わせた脚本なのか、それとも最初からなのか。うーん前者かなあ。あとエンディングロール見るとわかるんですけど今回艦これ原作サイドの田中Pも脚本に携わってるからか、わりとゲームやってる側にも寄りそう感じになってるんですよね。

そういうお約束が提示されるきっかけとなったのがまさかの如月復活なわけですが、正直見ててうわぁ…如月提督さんらがまた煮え苦を飲まされるのか…とひやひやしてたけど、特に大した意味もなく沈められたアニメに比べて、全体的にはずっと意味のある登場と退場だったと思います、如月。いやほんと、自らが深海に染まりつつあるのに睦月のピンチに助けに来てくれる如月はすごくかっこよかったし素敵だった。めちゃくちゃ燃えました。最後に如月が消えるとこも泣きそうになったもんなあ。そしてあのエピローグ。たまりませんよ。全編に渡って日高さんの演技が際立ってると思います。なんかもう、艦これ映画は三話で沈んでしまった如月の為にあったのかもしれないと思えるほどでした。よかったね如月提督さんたち!

クライマックスは吹雪と吹雪棲姫(勝手に命名) つまり己との戦いになるわけですが、いやーもうホント、これこそ私が見たかった、なんだったら私が書きたかった艦これ二次創作!!みたいなものを見てるような気分になりましたw 多くの艦が無念の内に沈んで行ってしまった鉄底海峡。その無念の集合体みたいな吹雪棲姫はデザインもよくて是非ゲームに出て欲しい~!と思いました。吹雪が囚われて段々意識を失っていく中で聞こえてきたいろんな艦の声、あれは多分ゲームでも使われてる轟沈音声なのかなあ…? 吹雪が自分は希望なんだ!って意識を取り戻し、そして無念と怨念でありながらも「もう一人の自分」である吹雪棲姫を抱きしめるところはすごく……本当によかったです。そう、無念も怨念も絶望もあるだろう。けれどそれと同じだけ希望がある。未来がある。まっすぐな意志がある……それが艦娘なんだよな。深海の淀みを穢きものとするのではなく、手を差し伸べる。受け入れる。むしろそのためにこそ、私達は戦っているんだろう。そう思いました。あ、あとそういえば吹雪と吹雪棲姫が画面上でシンメトリーに歩くカットで途中赤と黒だけになる画面があるんですけど、あれがもう何とも言えず超こわかったです……伝わって欲しいこの恐怖感。

勿論他のバトルシーンも熱かった!大和がボロボロになって、きっと武蔵が助けに来てくれる!!!サプライズ登場ある!!!って思ってたけど……なかった……(当たり前だ 川内がお腹に傷負いながらもヘーキヘーキってやってて、他の傷付いた艦と共に陣を引くの、ただのテンプレまんまの夜戦バカじゃない、水雷戦隊を率いるリーダーらしい責任感を感じました。カッコイイ! こういう川内見たかったんだ~ あと天津風は別にバトルシーンはなかったんですけどちょい役程度だろうな~と思ってたら喋るし動くしびっくりしました;;;; うれじい!! あと加賀さんが瑞鶴の頭ポンポンするのもよかった! でも瑞鶴はもっと加賀さんに丁寧になってほしい…というのはアニメの時から思ってるけどね。夕立の鬼神っぷりはさすがっす。青葉もっと喋って欲しかった……喋って欲しかったと言えば明石さん全然喋らなかった;; 種田さんもう収録の時から具合悪かったのかな…

以上思い出せるだけざっと書いてみました。まあまあ見れる作品だと思いますのでアニメでがっかりされてた提督さん達は一度見てみたもいいのでは?
Category: 艦これ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する