フェスティバルホール泊地より愛をこめて 【艦これオケコンいってきた】
2017/07/05(Wed)
バレエとか見に行ったり、高校の部活だけど吹奏楽の演奏会に行ったりってことはあったけど、クラシックのコンサートなんて初めてだったなあ。ということで30日の艦これオーケストラコンサートのことを書きます。
バイオリニスト赤城

ちょっと長めになったので続きに。



艦これ速報さんで拾ったせとり。

邂逅
特型駆逐艦
昼戦
作戦発動 ☆
索敵機、発艦始め!
決戦!鉄底海峡を抜けて
シズメシズメ
飛龍の反撃
(休憩)
二水戦の航跡
次発装填、再突入!
艦娘音頭
夜戦
待ち伏せの夜戦
渚を越えて
全艦娘、突撃!
武蔵の帰投
(アンコール)
母港
戦争を忌むもの
モドレナイノ
提督との絆

☆のみ、コピペの原文は「連合艦隊西へ」でしたが私の記憶によれば戦闘BGMではなくマップ画面の曲だと強く認識してたので調べて変更しました。

六時半過ぎた頃からぼちぼちチューニングが始まって、アナウンスは大阪出身の満潮でした。由良がよかったな…なんで名古屋は由良だったのかなと思って考えてみたけど多分改二の予感が高まってた頃だったからだと思う。夕張アイコンのチラ見せで。
私はA席が当選したのでA席に相応しく3階という高みからステージ全体がたっぷり見渡せる席でした。なので照明芸もそうだけど普通の席だとあんまり見えないパーカッション隊もよく見えたので、何か特別見るもの作らないと寝ちゃいそうだなと思ってよっしゃパーカッションを観察しよ~と決めました。その実あんまり覚えていないんですが、少人数なのにいろんな音を担当して、それもタイミングよく綺麗にキメてすごい。そらオーケストラなんてすごくて当たり前のことですがすごい。バシッと決まるとかっこいいー! とてもやりがいのありそうなパートだな~と感じました。

邂逅からスタート。図鑑のBGMですな。この曲大好きで早くサントラ出してほしい。どうも止まり木の鎮守府の特別版のCDに収録されたようですが、そのうちサントラに再録されると願って。まさしく海底から艦娘が生まれてくるような、暗くて深いブルーの照明にちらほら灯りがぷかぷか浮かんでいるような照明があわさって幻想的でした。
艦娘と出逢い、特型駆逐艦、昼戦と戦いをすすめ、いざ連合艦隊出撃!って感じのセトリはなかなか燃えます。索敵機、発艦始め!は嬉しかったけど一番好きなのはそれのアレンジの敵艦隊、見ゆ!なんですよね~でも、これはBD見た時も感心したけど原曲は和楽器の音なんですがそれをうまくハープの音で表現してるんですよね~ 好き。
殴り書きしてたメモによると決戦!鉄底海峡を抜けてでバレリーナさんが登場。勇ましく戦う艦娘たちを優美な踊りで表現していました。そんで!シズメシズメではソプラノ歌手さんが登場!あの歌詞をむっちゃくちゃ高い声で歌い上げてました。いや~鳥肌でした…最後は舞台全体が真っ赤に染まり、まさしく深海棲艦の世界といった様子に。からの、飛龍の反撃!!なんて熱いセトリ……鳥肌ですよ! 休憩前のアナウンスでは満潮だけじゃなく荒潮たち八駆乱入!休憩チャンス!でしたw

艦娘音頭でバレリーナさんが出てきた時はさすがに笑いそうになったw すいませんバレリーナさんこんなトンチキなものを踊らせてしまいw 由良嫁の私の脳内では完全に由良のあいの手が入ってました。はぁ~ よいしょ♪ それそれそれそれ♪ つーかコールしたかったな…w こちらは手拍子だけでした。
そんなアホい面もしっかり音楽で表現しつつ、渚を越えてで再び歌手さん登場、16秋イベE-5ボス曲となる渚を越えてをまたまた高い高いソプラノで歌い上げました。いやー美しくて聞き惚れる反面、深海側の恨みや悲しみ、虚しさの深さを感じ、鳥肌…また、16秋E-5の題材も題材ですからね。クロスロード… でもそこから反撃!とばかりに全艦娘、突撃!そして勝利を手にし、きっとその深海棲艦を艦娘へと還し、武蔵の帰投で終幕、という。この流れがまたカタルシスよき。
でも個人的に聴きたかったモドレナイノはないのかな~と思ってたら!アンコールっ!! 戦争を忌む者は春イベの曲かなと思ったけどウォースパイトのことなので去年の夏イベのやつですねー。この曲はコーラスから入るからしょっぱなからボーカル全開で。でもいつの曲だったか思い出せなかったからモドレナイノやってくれないかな~って! そしたらきたんですよ! はああ~~~……あの春の日の暗黒面んん…! ありがとうございました… バレリーナさんも深海の曲では深海棲艦を表現しているような踊りでした。よき…

そして最後はやっぱりこれでしょう提督との絆。ここで、さっきまで赤や黒という深海側を思わせるダークな照明だったのが一転して、眩く清らかさあふれる照明となりました。それがなんだか、私にとっては、報われなかった深海側の想いを艦娘や提督たちが救いあげて、また新しい道を進ませてくれるように見えて、正直言うとちょっとじわっときてしまいました。
そんで、こないだ由良改二が実装されたこともあって、これまでの艦これの思い出を振り返ったり、改めて艦これっていうゲームや戦争のことを考えて、やっぱりほんとに、じわっじわっとなっちゃう自分が止められなくて。こないだ聴いた由良の新規ケッコンボイスのこととか、艦娘として生まれ変わってくることとか考えてたら、やっぱ泣けちゃいますよ。沈んでた彼女たちが光を見つけたようにかぁーっと眩しくなった照明はほんとよかったです。

演奏者の方々皆さん素晴らしかったし、何より指揮の竹本さんが本当にすごく迫力のある指揮をなさっていたのについ見入ってしまいました。今回のコンサートはMCや解説などもなく本当に音楽だけで表現するっていうストイックな舞台でしたが、これが俺の艦これだ!提督たち括目せよ!って感じのダイナミックでエネルギッシュな指揮にただただ感動しました。竹本さんでよかったなあ。今度あるけもフレのコンサートも竹本さん指揮のようで、二次元系のものはよくやっていらっしゃるのかな? また別のコンサートでも拝見したいです。
平日開催だったからか席が取れて、今回行けてよかったです。いろいろやることが増えたり疲れたりしてなかなか艦これに構えない日々ですがまたちゃんとプレイして、今後また開催されるようだったら是非いきたいなーと思ってます。ていうかね!金沢でやりましょうよね!! 頼みますよオーケストラアンサンブル金沢! 石川県立音楽堂で! アナウンスは加賀さんにお願いしましょう! 艦これ運営!金沢公演どうぞご検討よろしくお願いします!
この記事のURL | 艦これ | ▲ top
| メイン |