2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
杜王町の奇妙な展覧
2017/09/11(Mon)
もう終わってしまったのですけど、去る8月の19日に仙台メディアテークで開催されておりましたジョジョ展に行ってきましたー 去年は第三次か四次の自分内ジョジョブームが来ておりまして、来年は三十周年だしジョジョ展があったら遠征してでも行く!と決めておりましたので、aikoのライブもちょうど仙台である時期だったのでじゃあ一緒にしちゃえということでね。ジャンルとジャンルを兼ねました。aikoはジャンル。

天候はあいにくのあーめー。ひどい降りではなかったのが唯一の幸いか。
はるばる来たぜ杜王町
開場一時間前くらいにやって来たんですが既に入場列が出来ておりまして。整理番号150番台でしばらく外で並んでましたがほどなくして中に入れさせてもらえました。周りの女子(オタクではあるけどジョジョはそこまで詳しくなさそげな人)がジョジョについて話しててまってー私がまだ読んでないジョジョリオン14巻以降の話とかはやめてくれーーって思いましたが、まあそんなにディープな話はしてなかったので安心。
入口近くの壁面にはジョジョベラーのイラストが使われておりまして、隠し子組~~~!!って興奮しながら撮ったやつ。
隠し子とそうじゃない子
仗助とジョルノ公式で絡んでほしいン…年代も能力も近しいし。ものを直/治す、ものに命を与える。

入場特典に杜王新聞(だったかな?)号外をもらいました。入っていくとまずは荒木先生のジョジョ以前の作品紹介。ここでも生原稿とか飾ってあったりしてじっくり見ました。私の中で荒木先生は春樹に近いカテゴリになっていて漫画家さんというよりは作家さんのイメージなので、他の作品もきっと哲学的思慮に満ちているんだろうな…このデビューした頃のやつも意外とそういうのだったりして、と思ってたり。
ジョジョは第一部から第八部までそれぞれ小部屋に別れていて、四部と八部はその後に大部屋で紹介されてます。生原稿だけでなく一部に石仮面、二部にエイジャの赤石のレプリカがあったり、当時のジャンプが飾られていたり。少し離れるとすぐになんでも忘れるのでええとこれは…あっそうそう、なんて展示見ながら思い出したりしてました。

四部の部屋はどーんとでかいスペースを使って沢山の原稿を展示したり、オブジェがあったり。荒木先生のインタビュー映像もありました。露伴ちゃんの机再現とか特に良かったですねー。吉良の爪がぎっしり詰まったビンとかは気持ち悪かったな…撮影スペースもありました。
エコーズのあれ
モノとして見るとやっぱインパクトすげえ。

例のあの小道にあるポストと猫草です。
例のポスト ニャー
ポスト…これブログに載せるもんでもないと思うんだけどw 猫草はなかなか目を開いてくれなかったので撮るのが大変でした。

四部のコーナーが大部屋の大半だったんですが八部のコーナーもあって、ジョジョリオンはあんまり読めてないのもあってなんか久しぶりだ~って感じでした。もっと巻数出たら読もうと思ってるうちにどんどん読めなくなってしまう…そろそろ三巻分ほど積んでるんですよね、読まねば…

記念撮影コーナーの定助と康穂を。推しカプ。
推しカプ
25周年の時のやつなので、描き下ろしの絵ではないのがちょっと残念ですが。

ごまみつ団子ちょ~っと欲しかったけど本当にお金がなかったので買えませんでした。。。ジョジョ展、出来れば大阪と東京でもやって欲しいです~!今度は35周年とかかな。
この記事のURL | 日常 | ▲ top
| メイン |