2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
私たちの長い旅の前の 私たちの短い旅の前の
2017/09/30(Sat)
タイトルの元ネタはなるたるより。315プロでなるたるキャスティングやってみたい。
今日はちょっとネガティブなことを書きますが、ネガティブで終わりません。これは懺悔のブログです。EoJまでにファスライ夜の部見返したいので、ぱぱっと書きます。

あなたを愛していた?もうそんなことも忘れた

正直エムステは、多分大多数の人が期待していたようなゲームではなかったと思います。ステージっていうからには、デレステとか、シアターデイズみたいな音ゲー要素があったり、二人のお姉ちゃんに近い作品であることを望んでいたと思います。
蓋を開けてみれば、音ゲーは的が一つだけの単純なもので、ガシャは相変わらず渋いし、それどころか十連SR確定すらもないし(今は実装されたけれど)スタミナ消費はバカでかいわりに体力上限はあがらないし、イベントも結局はポチポチゲーの延長みたいなもので、音ゲー要素はおまけ要素で、単純にイベントのストーリー解放だけなら、モバMの方がずっと楽。
御粗末にもほどがあるゲームとして世に出てしまったんじゃないでしょうか。
「思ってたようなゲームじゃない」とアンインストールしてしまった人もいるだろうし、熱心に宣伝したわりに、思っていたゲームじゃなくて恥ずかしい想いをした人もいると思います。それが結果として「アイドルマスターSideMって面白くないじゃん」と思われたり、「やっぱりシンデレラガールズが一番だよね」と鼻で笑われたりすることに繋がっていることがあるかも知れません。
ライブオンステージが発表された時の会場の盛り上がりは素晴らしかった。みんな未来に希望を持ってた。輝きの向こう側にまっすぐ進んでいけると信じていたと思います。
でもそれは「勘違いに過ぎなかった」ということだった。

だから私は、エムステにがっかりしている若い子を見て、私もがっかりして。
もうSideMにがっかりすることは嫌だと思いました。
だから、私は「アニメにもそんなに期待してはいけない」と決めました。

夢を見る為に目を伏せる

でもそれを思った瞬間に、すごく苦しくなった。心と心がせめぎあった。自分の葛藤で、一人で泣きました。
その時反発していた心は、間違いなくSideMが培ってくれたものでした。SideMの46人が見せてくれたとてもキラキラした愛おしい大切な希望であり、守っていきたい未来でした。
一瞬でもそんな気持ちを抱いて、伏せはしたけど書いてしまったことを、心の底から後悔しました。自分から生まれた純粋な希望の命を奪ってしまったのだと。とても大きな過ちを、私は犯してしまったんだと。守ろうとして、大きな傷をつくってしまったんだと。

アニメの放送日が近付くにつれ、出演しているキャストの方が口々に「これはすごい」「ヒットする」「面白い」そう言ってくれます。私はこないだ、PVを見て泣いた話をここに書きました。
泣いた理由は今書いた通りです。私のつまらない、醜い保守的な心なんて沖縄の海に投げ込んでしまえるくらい、瑞々しい希望と直視するのにはあまりにも眩しい愛しい彼らの姿がそこにあったから。

アイドルマスターSideMが大好き。輝も、薫も、翼も、みんな好き。
私あの子達を応援したい。この作品を、みんなにすごいって、面白いって、楽しいって、言ってもらいたい。
私達はずっと楽しかった、これからもずっと! って、そう言いたい。

今はもう、アニメに期待しかない。信じられる。みんなが素晴らしいものにしてくれてるって。
まずは今日のEoJが楽しみでしょうがないです。
このブログに来てくれてる方! aikoで検索して来てくれた方、何かの偶然でここに辿り着いた方。
来週からアイドルマスターSideMのアニメ放送が始まります。10/7土曜日23時半からです。各種配信もあります。
絶対絶対、損はさせません。あなたの貴重な30分が最高の30分になることを、私が約束します。
この記事のURL | アイドルマスターSideM | ▲ top
| メイン |