FC2ブログ
2019 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 11
HACHIをよろしく 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき】
2015/10/20(Tue)
日が変わって現八の誕生日! 十月二十日は気だてのいい兄貴の現八の誕生日! ということでやっぱりささやかなんですけど昨日じゃなくて今日更新しよ。つうことで更新しました。
八匹の犬より愛をこめて(「たまくしげ」に飛びます)

・関連作品紹介「八犬伝をおいかけて」更新しました
先日見てきた舞台と里見☆八犬伝REBOOTを追加しました。REBOOTの方はついったの方に感想やら想いやらを連投したのですが、シリアス展開正直うれしい! 削られたギャグの方は同人誌かPixivで……同人誌だったら買いますわたし。グッズ関係は買わなかったくせに。四月に連載スタートして十月にコミックスだから半年間隔かなあ。次は四月か。サト8と同じで刊行が楽しみな八犬伝が増えました。現八と船虫の絡みはよ見たいなあ あと雛衣はぜひとも旧作と同じように生き残らせていただきたい……ほんとこの作品の雛衣したたかで大好きなんや……

ここんとこaikoの誕生日も近付いてますので(小文吾誕生日の二日後だよ)書き物がありますんで、八犬伝ぺえじちょっとおやすみになりそうです。まあ別に言わなくても最近はいつもこんな感じだよね… aikoと創作がちょっと落ち着いたらまたゆっくりねたでも描くでしょうたぶん。ただ情報のアンテナだけは立てておかないとなー。特に舞台関係は見逃しがち……というかみんなどっから情報とってくるんだ。ということでよろしくです、各方位(誰に向けて言ってるんだ)

あっ、このブログの八犬伝カテゴリ300個目突入でした!まじか!別に何もお祝いしないのだけどさっきついったにはっつけた現八を貼っておきます。
よろしく勇気!
スキャンするの大変めんどくさ子なのでケータイでちょっと大きいサイズで撮りました正直原寸で見るものではない。よろしく勇気は単に中の人ネタなだけなんだけど今年の現八誕には(無意味に)言わせたかったので満足。それにしてもほんっっっとーーーにずっと絵を描いてないので現八の髪のフワッと感が出せず、初期デザインに近くなったのでした。ぺえじのろぐとかにもありますけど昔は今ほど髪がボリューミーではなくてもっとシュッとしたショートヘアだった。確かめたら、髪結んでた……そうだったのね…
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芳流閣と恋と化け猫 【文芸シリーズ八犬伝ぷち感想】
2015/10/18(Sun)
昨日は館山で南総里見まつりでしたが羨ましくなんか……羨ましくなんかないよ……わたしは藤間勘十郎文芸シリーズ其の弐「南総里見八犬伝」を見てきました。りあたいぶろぐ実はちゃんと投稿出来てなかったという……あとで細工してさもその時間に投稿出来たようにしました。
あおじろ
今日が最終日なんですよね。うっかりしていた。なんかもっと続くと思ってたので。

思った以上に小さな会場でたしかに芝居小屋と言った趣。前の方は桟敷席で椅子に座るのではなく茣蓙の上に座る感じでした。最初に口上があって、なんというかカーテンコールが最初にあるような、太鼓で舞台開幕を告げてるのもあって落語家のマクラのような感じ。こんな舞台になりますと前もってお話してくれるのはあんまり無いのでなんか新鮮でした。演者の皆さんもよく歌舞伎のような、と言っていたしパンフレットでも芳流閣と庚申山の化け猫退治について抜き出して書いてあるから、そこポイントにしてやるのねと。無理に通しでやられて微妙な出来になるのもあれだしこうやって要所要所で魅せるのがいいのかもしれんですね、八犬伝は。
信乃役が元宝塚の帆風成海さんで名前は拝見したことがあるかも……すごくお綺麗でしたっ 宝塚で八犬伝ずっと待ってるんだけどこないなー信乃が女であるとかなじゃなくて男役をやってた女性が信乃を演じるってすごくしっくりくると思うのです。毛野もしかり。いや、毛野は歌舞伎の女形の方がやるといい感じかな。

玉梓の処刑シーンからスタートするんだけど煩悩の犬となさんって名文句は何故かなかった。そも今回、犬というよりは今回猫と言った感じでしょうかね。チラシでもひときわ目立つHADOさん演じる玉梓の愛猫がやっぱり印象的なので。第一幕は一番の見せ場である芳流閣、語り部がナレーションするその文章がどうも原典からの引用っぽくてやっぱ声に出してナンボよねーなんて思った。テンポいいんですよね。それは音楽にも言えて、スパニッシュって言えばいいのかなーフラメンコみたいな音楽だったので芳流閣、和モノなのになんだこのオリエンタルな感じは……オシャレだー!ってかなり面白く拝見させていただきました。舞・踊りも勿論そうでパントマイムで芳流閣へ登っていくのとかもユニーク。VS現八の動きも面白かった。語り部もよく動いてて可愛かったです。

休憩挟んで中幕は角太郎と雛衣の恋模様を描いた(書いてるだけで嬉しすぎるんですがそれは)恋模様伯舞迷宮 この「伯舞」にサンバって振り仮名がついててさ、サンバ??ってなるけどなるほどサンバな音楽に合わせて中心に角太郎と雛衣、周りを八犬士(でよかったかな? 化け猫の手下か?)たちが踊るといった感じ。いやー八犬伝の恋愛というと信乃と浜路一択に近く最近の二次作品では雛衣の存在がなきものにされるのも多いだけあって(絶対に許さないよ)犬村夫婦大好きな私にはホントにいいもの見せてもらいました…ヽ(;▽;)ノ 角太郎の身に覚えがないのに雛が身ごもった→角太郎雛の不通を疑うって筋書きなのですがバーローおみゃーサンバがおせっくすの暗喩ってのはわたしゃわかってんだぞ(゚Д゚)ゴルァ!!ってなったくらい私は過激な角雛クラスタなのですよ…(ぬけぬけと書くなよ 「雛衣と恋仲になり」「婿として迎えられた」ってあらすじがいいじゃないですか、最初から婿養子で入ったってわけじゃなくてちゃんと恋愛が先にあるのが…

そして庚申山化け猫退治編へ。ここ現八じゃなくて信乃になってる。パンフのあらすじ見ると矢を射たのは現八らしく探したのは信乃らしい。ちゃんと髑髏をもらう筋書きを再現してたのがよいよい。雛衣口説き切なかったし、それには返事しないのに一角が病気だってきいた時には返事した角太郎にチクソーとなるのはもはやお約束であーくそ角太郎め(口悪い 冷めた目しか送れない私であった…
角太郎を不在にさせてその隙に雛衣を狙うっていうのは、その場に居合わせたら父に逆らえずに結果的に雛を見殺しにしてしまう角太郎の責任・好感度の下落を回避できるんですよね。角雛の和解というエピは見送ることになるけど。ここも台詞少なめで踊りやパントマイムや動きで表現してる。木琴の音とか可愛かった。しかし雛衣が嬲られて殺されるように見えて始終つらかったです… 死体をそんなに動かさないでー!

最後は八人そろって玉梓&玉梓の愛猫を珠でいじめるような形(誤解をまねくのではw)で追い詰めて倒すのだけど倒す・戦う・ころすというよりは玉梓が成仏した感じだったのでホッとしました 伏姫が設定だけあって出てこないから玉梓出番多め・第二幕は実質雛衣中心と言ってもよい といった舞台だったので大変わたし好みにカスタマイズされた作品でした…今回は歌舞伎の一幕みたく場面場面をよりすぐって、舞や立ち回りをメインに上演されたけど筋を追う舞台としても見てみたかったなー。八犬伝ちゃんと知ってる人だったら(わたしみたいなガチレベルでも教養としてのレベルでも)楽しめただろうけど知らない人はこれをきっかけに原典なり抄訳なり読んでもらえると嬉しいですね(毎回そればっかだな) あ、そうそう角太郎役の山本さんがたいへんわたし好みの殿方と申しますか私好みの大角でしたので大変嬉しゅうございました。角雛ありがとう…! また雛衣出る舞台見たいわー 絶対デッドエンドだけど…
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ねこねこ八犬伝猛レース 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき】
2015/10/16(Fri)
17日は館山の方では南総里見まつりですが、あたくしの予定としましてはいよいよ八犬伝観劇です。藤間勘十郎文芸シリーズ其の弐曲亭馬琴「南総里見八犬伝」!
が。なんか17日天気わるい(´・ω・`) 折り畳み持って行きたくないよ~ 荷物が重たくなるのよ~ なーんてウダウダいいながら、せっかくりにゅうあるから三年迎えてるのに伏姫籠穴のねたからずっと放置してる八犬伝ぺえじをちょっと更新しました。ねたじゃないのよごめんなさい
八匹の犬より愛をこめて(「たまくしげ」に飛びます)

・関連作品紹介「八犬伝をおいかけて」更新しました
魔木子さんの「妖八犬伝」を二次作品・マンガに追加しました。実は本誌を読んではいたけど文庫でちゃんと読んでない妖八犬伝。でも時間がないために拾い読み程度になってしまったのですが、まあこの作品も近年の八犬伝の中ではかなりレベルの高い翻案、アレンジを施してあって、性描写苦手って人にも押し付けたい(迷惑)な作品です。連載してる時から絶賛してたけどね!(え、そうだっけと思いつつも)拾い読みした所為で紹介文わりととりとめない感じになってしまってますすいません。観劇終わったら通読しようかな。

昨日はそうだ!里見☆八犬伝REBOOTの発売日でもありましたね!

里見☆八犬伝REBOOT 1 (バンブーコミックス)
よしむらなつき
竹書房 (2015-10-15)
売り上げランキング: 318

ほんとはクレジットのポイントで買おうと思ったんだけど予約だとパートナーポイント使えなかった…大人しく現金支払い。表紙の信乃凛々しいわ~ 感想ツイート企画をやってるみたいなので、私のファースト八犬伝、私の犬士の基礎でもあるこの作品、思いのたけをぶつけようと思います。届くのは多分私が観劇してる頃だろうから東京から帰ってきたらよむ! なんかシリアスな感じだし、是非完走して欲しいものですよ。

ところで西川京太郎のミステリの方もこないだ届いたんですが。
ぬこ?
思った以上にねこだったぴょん… てか軍事ネタとかが出てくるみたいで、八犬伝より艦これ趣味の方がうずきそうな……っても陸軍だから海戦関係ないけど

観劇して、少しでもローギアな八犬伝にギアが入ればいいなあ。いやローギアと言おうか、八犬伝好きな状態が普通になってるのであるが。ねたとか更新したいんですけど、aiko歌詞研究執筆ほかいろいろあるのだった。あう。どうしたらよいのでしょう、モチベーションを保つには。
あそうだ。乙女ゲー界の癌だったクインロゼがめでたく倒産しましたので(※わたしはアンチスレ初代からの住人だったくらいロゼアンチでしたのよ)ロゼ八こと八珠之記やるとかどうだろう。よかったねちゃんと買っておいて。でもそれよりレイトン教授シリーズやりたいかな。
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぶらり里見の旅 【館山旅行記なのか?】
2015/09/30(Wed)
昨日のaikoの年末ライブ発表で完全に持ってかれた感がありますが……というのもこれ昨日書きたかったことなのよ。伏姫籠穴からの館山旅行一日目終了までのこまごました、つまりどうでもいいことの記事。八犬伝はそれなりに関係あるので八犬伝カテゴリ。

籠穴を後にしてもとの道を帰り、途中案内所で貰った地図を参考に道の駅であるハイウェイオアシス富楽里に立ち寄る。ここで食べたのが伏姫さんが焼き。と、名前に伏姫はついてるけど、別にこれといって伏姫や八犬伝要素はない。げ、私の苦手なシソのっとるやんけー、って思ったけど、それが気にならないくらい美味しかったです。一枚だけなんですけどね。連休なもんですごく混んでました。
がんがさんが
しかしこれ魚介類が元なのだが、伏姫それでいいのか(山暮らし) あとここで食べたチョコレートサンデー(どこかの牧場で取れた牛乳がもとになってるのかな)がめっちゃくちゃ濃厚ですんぎょく美味しかったです。しあわせー

ぶらぶら歩いてたら八房とその養母である狸(つまり後の妙椿ですな)の像がー。
息子と義理の母
たぬき見えづらいですけど。こういうのあると嬉しくなりますね。

またぶらーりとちゃりんここいで、館山に帰りました。宿に入って、16:00発の日東バス(小さい。大型ではなく中型くらい)に乗り青柳で降りて、公衆浴場の里見の湯へ疲れを取りにいきました。つまり完全に名前だけに釣られたわけねw
かぽーん
ほんとはさ、温泉とかに入れればいいなーって思ってたんだけどね、まあ八犬伝旅行ですし。金沢で言うとテルメ金沢みたいなとこでした。ずっと行ってないけど。大きなお風呂ほんとすごく久々だったのでたっぷり堪能してきました。肌がー肌がつるつるなんじゃー! 顔が体がのぼせて真っ赤なんじゃー! 露天風呂もそれこそ十何年ぶりっすかってくらいだったし。その日は暑くていっぱい歩いたし(いや、ほとんどチャリこいでただけだろ)動いたし汗かいたので夕食の後に二回目入ったくらいですわよ。お風呂上りのコーヒー牛乳最高かー! あ、夕食はせっかく房総にいるんだしなんか海鮮食べたいなーってことでそれっぽいもの食べました。

一応名前だけでなく申し訳程度に八犬伝要素もあります。階段のとこに八犬士の切り絵が貼ってあるのですよ。踊り場のとこに大角さん。毛野ちゃん撮りたかったんですけど窓の上の方だったので大角さんで妥協。こんなこと書いてるけどわたしゃ大角さん二番目に好きだよ(一番じゃないんだ)
切り絵格好いいよ
宿まではタクシーで帰りました。迎車代含めて1230円なり。里見の湯は地元の方ばっかり使ってると思うんだけどどうかな。連休だからなのかわかんないけどめっちゃ混んでました。受付の列が長かったのよ… で宿に帰ってからは借りたパソコンで提督業したりドラマ版のあの花見たり深イイ話で仲間由紀恵おねえさまをガン見してたり(録画しておけばよかった…)してました。

いろいろアクシデントもありながら一日目はおおむね大成功といったところでありました。天気が良かったのが一番だっ
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伏姫籠穴はどこですか 【八犬伝ぺえじ更新りれきざっき+館山旅行記】
2015/09/28(Mon)
もう更新の準備は終わってたので昨日日が変わったらすぐに更新しようと思ってたのですが、NHKFMの今日は一日特撮ソング三昧を十時間ぶっ通しで聴いていたとかいう最高にアホな使い方で貴重な休日を過ごしてしまったのでさすがにへとへとのへと子ちゃんになって寝てしまいました……昔なら平気で夜更かし出来ていたのですが最近すぐに眠たくなっちゃうのでああこれが若さの衰えか、と思います。
もう館山行ってから一週間経っちゃったんですね。今日は仕事しながらあー先週の今頃は確かここにいて…とか思い出してました。あー旅行っていいな!ホリデイ最高! ということで先延ばしにしていた館山旅行一日目のメイン! 伏姫籠穴のレポをあげました~
八匹の犬より愛をこめて(「たまくしげ」に飛びます)

・伏姫籠穴に遊びにいこう upしました
ねたとかの成分はあんまりなくてレポートに近いです。ひたすら写真だの何だのが続きます。このレポの編集、写真はってくだけだしそんなに時間かからんだろ~と思ったらおよそ二時間くらいかかったのでびつくりしますた……ええ、そんなにかかるんかー。多分途中で寄り道してたからだな、ウン。遊んだり。まったく誘惑が多いわインターネットの世界って。いや私が集中力ないだけなんですけど。ひたすら画像が多いのでいつものページよりだいぶサイズ大きいです。さんめがだとう。

今回の更新りれきざっきでは一応ぺえじの方の縮小版みたいな感じで籠穴のこと書いたりぺたぺた貼ったりします。一応ここブログなのよね。ぺえじの方が完全版で、この記事はかなりダイジェストになってます。のでくわしくはぺえじの方みてね。
りあたいに載せた看板と途中の看板の案内にしたがって山道を歩くこと数分かな。ぜんぜん違う道を歩いているのかも知れないと思ったので、たどり着いた時はホントにホッとしました。
ようこそここへ

階段あがると八角形の舞台。入り口から反時計回りに、各頂点、仁義八行がふられた柱があります。大角さんのとこ。名前もふられてます。
みてみてー!

舞台から少し行ったところに籠穴があります。
ここが籠穴
入り口は一メートルくらいで大変狭い。ですが籠穴の内部はそんなに狭くないです。奥にはこんな風にボーリング玉より少し小さいくらいの仁義八行の珠が置かれています。
たまごろごろ
ぺえじで縮小したやつを更にブログ用に縮小したやつだけど拡大すると500pxくらいになります。でかいのはぺえじの方を見てください。忠だけハゲてるのは謎です。人気あったのかも。決して道節が将来的にハゲるとかではない。たぶん。

籠穴のとこから見た舞台。八角形ってよくない?
ハッカク

伏姫籠穴は誰が作ったかわからない~とか神秘的なこと書いてありますけどウソだ~誰かが作ったんでしょバブルの頃に(アバウト)(でも角川八犬伝はバブルの頃だったしあながちデタラメで言ったわけでもない) 綺麗だしそんなに年数経ている感じでもないので、作られたのは最近なんじゃないかなーと思います。ホントのところはどうなんでしょうね。
かかった時間。確か岩井駅から自転車で5~10分行った辺りに伏姫籠穴の看板があったので、たぶん徒歩だとその倍近くかかるのかな。伏姫籠穴自体までは全体で30分くらいかかったかな。なお岩井駅周辺はびっくりするくらい何もありませんので(別にけなしてるわけじゃなくてマジで言ってる。本当のことなのだ)当然コンビニなどもありませんから、お水や食料は館山駅周辺で購入、準備していった方がいいと思います。岩井駅、ホームに自販機はあるけどね。
服装。めちゃくちゃ軽装でいきました。ブラウスカーディガンパンツにニーソにスニーカー、日焼け防止の腕カバー。登山するつもりはなかったので。つまりそのレベルでも十分行けるところです。

ダイジェストおわり。詳しくはぺえじでご確認くださいまし。もうすぐ10月ですね。あ、そうだ10月17日は南総里見まつりですがアタクシはそんなん知るかいってな具合でポシャッたので八犬伝の舞台の方を見てきます。
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
館山城はどこですか
2015/09/24(Thu)
今日で八犬伝読み終わってから三年ですって! 本格的に始動してから三年、ですって!CV茅野愛衣 あとaikoのライブに初めて行ってから14年です。年季が違うのよ年季がよ。aikoと八犬伝の共通点は「犬」なので、八犬士なんちゃってキャラソンアルバム出す時はぜひ「ウタウイヌ」と言うタイトルにしたいですね。と言う謎のひとりごと。

ほんとはaikoのこともなんか書くべきかーって思ったんですけどせっかく八犬伝旅行してきたので旅行のことかきます。また画像多いんで縦に長いです。伏姫籠穴の記事は更新記事と抱き合わせすることにして今日は館山城に行ってきたよーってはなしー。館山市立博物館は行きませんでした。八犬伝博物館のみ。9:20の日東バスに乗って先に赤山地下壕を見学してから10時台のJRバスに乗って(なのはな号がそのまま路線バスとして走ってると言う…)城山公園下車。まあ道をまっすぐ行けばいいので別にそのまま歩いてもよかったんですけどね。バス降りてさあ出発!です。
急な坂をぐいぐい上って行きます。一日目の伏姫籠穴までは山道というか深山幽谷~なけもの道っぽいところを通りましたが坂ということを考えてもなんか昨日に引き続き歩いてるね私!?って思ったり。一日目も二日目もいい天気で暑いくらいだったので沢山汗かきました。
お城の方へ行く前に、展望台的なところ。いい眺めだな~~~
青い空蒼い海
クリックするとちょと大きくなります。海自の舘山航空隊のところも見えます。たしかついったの方に貼ったかな? 今回の旅行いろいろトラブルやアクシデントもあったけど、天気に恵まれたのが一番うれしかった! お蔭でこんなきれいに澄んだ海と空を眺めることが出来ました。
少し休憩してさていよいよ! しろだーーーっ!! どどんっ!!!
立派!
じゃーーーん! このブログでお城の写真なんて…彦根城以来じゃないもしかして? そうでもない? でも彦根城以来城っぽいところ行った覚えないんだけどナ… 大坂城はほら、ホールの方しか行かないし… 天気のよさと城の白さ(ギャグではない)がいいコントラストですごいでしょ! 商業写真みたいでしょ!(言い過ぎ) 大きい方も貼っておきます。クリックすると大きくなります。
たてにながー

えー中は涙の撮影禁止なので思い出し語りでお楽しみください。八犬伝は全98巻106冊!おぼえた。(遅いよ)108冊だと思ってた。その実物が展示されていたり勿論人物図もありーの歌舞伎の写真や模型などありーの新八犬伝の上映がありーので八犬伝好きにはたまらない空間でした。すごいよ! 普段八犬伝らしいもの何も発見できないのにここにはこんなに凝縮されてるよっ! 三階だったか二階だったかには私が大好きな現代の八犬伝、八犬伝の二次作品が沢山展示されてました。つばさ文庫の八犬伝の隣にアイドル八犬伝の文庫があったのには笑ったけどw サトミちゃんちの8男子もなにとぞっ!なにとぞ~! ……いやほんとにね、サト8で八犬伝知った子がここに来てもっと八犬伝読みたい!って思ってくれたら、それほんとにすっごく嬉しいことなんですよ。サト8も八犬伝も大好きだから。結構お子さん連れが多かったからみんな!興味持ったらとりあえず図書館にあるタイプの八犬伝読もうな!おばさんとの約束だぞ!って言いたくなりました。いい子にはおばちゃんがつばさ文庫の八犬伝を買ってあげよう!
そんで見たことあるけどついでだと思い新八犬伝を鑑賞してきたです。いやあ……いつ見てもどうかと思う最終回だったよ…w

時系列は前後しますが天守閣から空と海と街を眺めます。西側は工事中の為見れませんでした。西側が海の方向なので残念。
お城から眺める

さていろいろグッズとか買ったりして、次は八犬士のモデルになった八賢臣のお墓に――行くのですが「ほんとに道こっちであってんの!?」「なんかすごい暗いとこ入るけど!」「完全に公園から外れるんじゃないのこれ!」とか前日の伏姫籠穴までを思いながら歩いて辿り着きました。歩くっていうかアップダウンが激しいよw!
もうちょっと明るくしてくれ~
思ってた以上に山深い……ところではないけど公園の明るい空間からは外れたところにあるので大丈夫なのか、移転した方がいいんじゃないのか、いや墓だから別にここらへんでいいのか、それにしたってもっと案内を多めにしてくれてもよかったんじゃないか、とか思ってました…w

一回展望台のとこ引き返したらアクシデント。携帯の充電が切れました。たまきいつも携帯充電池もってるやんと言いたいところですが、電池自体は忘れてませんがケーブルを!間違えて持ってきた! …ということをやらかしたので一度駅に戻ったんですねはい。ツイ廃やべ~わ~ い、いいの。旅にアクシデントはつきものやえ。
でもこの写真は携帯の電源が落ちる前に撮ったのです。城主と館山城~
城主はボクだよ!
なんかレゴブロック感あるように見えてきましたよ。もっとこの子らの写真を撮りたかったんですが一人でそんなことしてたら完全に危ない人なので人目の多いところではやりませんでした…

何事も無かったかのように戻ってきて里見茶屋さんでいっぷく。しかし大分時間は危なかったっていう… たぶん八犬士にちなんで八種類の餡で味付けした房州里見だんご。なのですが白あんが品切れしてたのでつぶ餡に代役になってもらいました。今日からお月見団子もやってるみたいです。いつからかは知らないですけどお蕎麦屋さんからお団子屋さんに変わったので軽食とかはないのでご注意を。
八犬餡(代理つぶあん)
みたらし・ずんだ・ごま・くるみ・ピーナッツ・つぶ・こし、そしてここにはないけど白あんで八犬士ならぬ八犬餡ですな。ごまあん(下・左から二番目)が一番おいしかったかなーっ

帰りは歩いて行こうかと思いましたが時間も押してたのでタクシーで駅までかっとばしました。館山城(城山公園)いいんですけど、これ館山全体に云えることなんだけどバスの本数が休日なのに一時間一本とか本当に観光地なのかよとたまきさんご立腹でしたね。観光客全員が車でくるわけじゃないしレンタカー運転できるわけでもないのによう。こんなん金沢に見せたら金箔も兼六園も21美もひがし茶屋街もぶん投げてダッシュで殴るレベルですからね。金沢の方も連休はすごい人だったみたい。人で賑わう金沢見たかったなー

で15時に館山を発ったんですがここからこの旅最大級のアクシデントがあったのですがそれはまた今度。なんか八犬伝博物館のこともうちょっと書けそうな感じするのに何で書いてないんだ!って思われそうですね!私ももっと書けると思うんですけど! 今日書けるのはこれが限界ですね。
ということで今日はこのへんで閉じ。長い記事になっちゃったけどそのままで。八犬伝歴四年目に入る今日ですが…穏やかに八犬伝を愛していきたいです。めんどくさいこじらせの自分を宥めるのに精いっぱいだよ… 二次創作って古典でもめんどくせー
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八犬伝のおみやげストラッシュ
2015/09/23(Wed)
ストラッシュではなくスラッシュなのだけど語感よくするためだけにわざと一字追加した的な。
館山から無事に帰ってきて日常してます。願わくばもう一日くらい休みが欲しかったところなんだけど…まあいいか来週も上京する為に一日休むしね(ラジオドラマのあ、安倍礼司のイベントにいってきます)(サトミちゃんこと南総サトミ嬢の苗字が変わるかもしれない…そうなると八犬伝要素がないw) 無事に、ってマジに無事にだったよホントしぬかと思った 今年一番の交通危機…こわいよおおっかねえよお連休そして渋滞 今度から電車乗るのにバスで現地向かったりしないね 電車が通じてるなら電車で行けって話なのよね

そんなにしこたま買うつもりない、とか言ってたけど結局ばかすか買っちゃったのでその写真べたべた貼っていきます。画像多いので縦に長いですがご了承を。これは館山城の八犬伝博物館で買える図録のようなガイドのような八犬伝の世界。1000円なり。
簡易ガイドのような図録のような
いぬがみちみち。

館山駅からちょっと行ったところにある和菓子屋さんの房洋堂さんで売ってた名前そのまんま「南総里見八犬伝」 という房洋堂さんの銘菓詰め合わせ。小さいので1500円前後(正確に覚えてない) 大きいので3200円くらい。一番小さいの購入しました。包装紙が八犬伝手ぬぐいの柄と同じなのね。
こぶけの包み紙

捨てずに折りたたんで箱に入れました。その箱と言うのがそのまんま八犬伝の原本をモデルにしているのだ。
読本風ハコ

開けるとこう
銘菓いっぱいなのん
一番小さいやつでも銘菓がぎっしりです。この先一週間分くらいおやつには困らなさそう。この箱は八犬伝関係の小物入れに使ってます。ただ閉じが弱いのでゴムで縛ってますが…

銘菓のうちの一つはバラでも買いました。
わがし八犬伝
伏姫まんじゅう(ゆず餡)と里見太鼓という羊羹みたいな感じのやつ。今日さっそくおやつの時間に頂きましてよ。里見太鼓は求肥がどうたらって書いてあったので求肥スキーな私にはたまらんでした。伏姫まんじゅうもゆず餡なんて初めてだったから新鮮な味わいでよかった。

あとこれは館山城で買ったやつ
シーズンオフうちわ
完全にシーズンオフですがうちわ。
荘助「……大丈夫です。秋刀魚焼く時とかに使いますから!」
毛野「無理しなくてもいいんじゃないかな…」
親兵衛「あとアイドルのライブの時のうちわ! ジャニーズっぽく!」

そして今これをバリヴォリ食べながら書いてる(マジで)
おかき八犬伝
完全に名前だけにつられたやつ!!! 南総里見玉ってなんだよ! 雑だよ! でもこの中のおかきちゃんと一個ずつ小分けされてるの!しける心配ないの!最高ですね!バリヴォリ! …そのわりにはちょっとしけってる感じなのはまあ売れてなかったんだろう(すいません

今回はこの辺でー 籠穴記やそのほか館山旅行なレポはいずれまたー
追記:リアタイにも書いたけど八玉を模した八犬伝まんじゅうどこにも売ってなかった、残念。房洋堂の方も品切れですって言ってた。通販ないかな~と調べたけど、そもそも発売されたのが2011年の2月……震災すら前のことですよ、四年前。もしかしたら生産自体がなくなったのかもなあ。今度行った時はあるといいんだけどなー。
この記事のURL | 八犬伝 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ご旅行は計画的に 【館山出発前ざっき】
2015/09/20(Sun)
みじかめー。予定では20日にぺえじ更新しようと思ってたので今日の書くねたがなかったのでありんすよ。駅へ出発まであと二時間ほどきってるのですがざっざっざっきです。八犬伝カテゴリにいれちゃう

○籠穴からの~
赤山地下壕跡はなくなく見送って八犬伝オンリーな感じで行こうかと思います。あんまり予定詰め過ぎて上手く回らなかったらやだしね… 二日目はずーっと館山城辺りにいる予定です。
一日目は伏姫籠穴に時間使うんですがいろいろ調べてたら富山の山頂付近に八犬士終焉の地って立札があるところがあるのでそこ行けたらいいなーと思うんですがここを視野に入れると途端に山登りになるわけなんですねはい。どうしよう山登りするつもりないんだぜ私。格好も普通だし。大体八犬伝はフィクションですよフィックション! 八犬士がここでほんとに昇仙したわけがなかろーが! 羽咋にあるモーゼの墓並みにタチが悪いですよ! 伏姫籠穴だってフィックションですよフィックション! でも踊らされちゃうわたしだ! いいんだよー今年は八犬伝読み終わって三周年だしー念願の聖地巡礼なんだよーぶつくさ
……なんで急きょ登山めいてきたあら秋らしくていいじゃないと思いますが、とりあえず籠穴まで行って、行けそうだったら行くつもりです八犬士終焉の地。行きたいのはやまやまですが帰りの電車があんまりない……田舎だ……館山…… 関東圏ならどこでも東京並みにばんばん電車が来るって思ってたのわたし!
この記事のURL | 八犬伝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ